« 読書 その2 | トップページ | 散歩と苛立ち »

読書 その3

 「東京タワー オカンとボクと時々オトン」リリーフランキー著を読みました。

 切なくて、悲しくて、涙が止まりませんでした。胸がキューンとしています。オカンの生き方は、母としての本来の姿がそこにあるように思えました。自分の事は、どうでもいい 子供の事が一番、本当の愛情が凝縮されているようで、母としての自分が、なんて小さい、ちんけな人間なんだと、思い知らせられられました。壮絶な癌末期の病床の様子を読んでいると、涙で字がにじんで見えなくなり、ハンカチで涙ふきふき、読みました。息子が思う 母への思い、素直に言葉に出して言えない「ありがとう」・・・きっと私の息子達もそうなんでしょう。

 母親は、自分の人生の中で、子供が中心になる時間が一番長いのが当たり前で、「私は、母親である前に、ひとりの女なのよ!」なんて言っているようでは、一人前の人間には、まだまだだって事なのかもしれません。

 「オカン」のように いつも明るく、根性ある母親でいたいと思う私でした。

 さて、次は、何の本を読もうかな! 

« 読書 その2 | トップページ | 散歩と苛立ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173235/9699405

この記事へのトラックバック一覧です: 読書 その3:

« 読書 その2 | トップページ | 散歩と苛立ち »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天