« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

気まぐれ育児

 ルトは、とっても気まぐれ、ナルがゲージにいない時、気が向くと仔猫そばに行き、育児する。前足で羽交い締めにして、舐めている様子は、とても乱暴に見える。

 ナルが寄ってきて見ているが、私たちが仔猫を触る時出す、「ニギャー」という独特の声を出すこともなく、平然としている。

 42

 ルトの育児は、とても気まぐれ、世話をするもののすぐに飽きてしまう  そして、ベットの上で伸び伸びとねている父親なのだ!

43

こんな 変顔もしますよ~

44

お座りできた!

 やった~仔猫がお座りできた!

前足で、踏ん張って、上体を起こして、お座りの姿勢。少しフラフラするけれど、立派なお座りだ!

38

39

40 

ルト育児参加

 仔猫に対する興味がわいてきているルト!

 ゲージの外から覗いてばかりいたルトが、ゲージの中に入り、仔猫の顔を お尻を ペロペロ舐めて世話をし始めた。

36

前足で、仔猫を羽交い締めにして、首元を軽く噛み、ペロペロと舐め始める、これって、自分が上位なんだと知らしめているのかしらね。

37

ゲージの中で、こうやって、両親で仔猫の世話をしている姿 なんかいいね~~

ヨチヨチ歩き

 生後2週間が過ぎた。

32

小枝のようにか細かった手足が、しっかりしてきた。今まで、匍匐前進と ゴロゴロ横回りで移動していたが、前足を踏ん張って、お腹を少し浮して、歩くような格好で移動する。後ろ足は、今ひとつ踏ん張りがきかないようだ。

 目は開いているが、見えてはいない感じ、匂いと音に反応して、動いている。

見上げるお顔がめちゃ可愛いよ~

33

34

ゲージの中では、リラックスして、こんな格好でくつろいだりしてる。

35

どの子も、目元 口元が可愛いのよね~

お目目が開いた

 仔猫の目が開いた!益々可愛くなってきたぞ~!

昨日は、間寛平ちゃんの目のような感じだったのが、今日はしっかり開いた。猫の目は不思議、産まれた時は、糊付けされたように瞼がくっついているたのが、生後10日前後になると少しずつ開いてくる。

30

27_1

28_1

 ルトの側に、仔猫を置いてみると、ちゃんとペロペロ舐めていた。しかし仔猫が動き回ると、ビビッタように、その場から移動するのでした。

29_1

31

毛玉

 ルトの毛は、白くてフワフワで、綿毛のよう!

白い服で、ルトを抱くと、当然のように、もの凄い量の毛が付く。

優れもの毛取りで、ブラッシングしてみると、こんなに取れました。

白い毛がルト、グレーの毛がナル、ピンクのが毛玉取り、握り拳ほどの毛玉の収穫でした。

26

仔猫の顔を紹介

 9日目仔猫達は、ほんの少しお目目が開いていきた。薄目してる感じ!

第1子は、ルトパパにお顔の模様がそっくりです。

22

第2子 背中の柄がホルスタインのようでも顔は、縞が入っています。

23

第3子 一番活発に動き回っている元気な子

24

ゲージの外で、羽を伸ばす姿が多くなったナル、でも、仔猫が「ミ~ミ~」啼くと、ナルはすっ飛んできます。

仔猫生後1週間

 仔猫が産まれて一週間がたちました。

ナルが食事をしている間に、体重測定

・第一子 256g  ・第二子 232g  ・第三子 234g 

産まれた時の倍の体重になり、頭一つ分くらい大きくなっているように見える。顔立ちもはっきりしてきた。

21

目は、まだ開いてないけれど、閉じた目が三日月を逆さにしたような形で、いつも笑っているように見えて可愛い!

 今日は、仔猫のパパ「ルト」のパパを紹介します。

20

ほらね、仔猫は「ルトのパパ」似でしょ!

捻挫

 本日、右手薬指と小指の筋を捻挫したようです。

曲げると、痛い!仕事で負担がかかっているので、腱鞘炎もあるのかも。

先日は、手に湿疹ができて痒かったし、手にまつわる、病み事が続いている。でもそれも悪くないかも!

 昨日は、「誰か、換気扇掃除してくれないかな~」と言っていたら、夫が「やってやるよ」と言って、掃除してくれたし、今日は、夫が夕飯の「ひも川」を茹でてくれた。それから 子供達が食事の後かたづけ、をしてくれたし、明日の仕事も長男が手伝ってくれると言ってくれた。

これがホントの「怪我の功名」だわ!

災い転じて福となる この分でいくと「サマージャンボ」も大当たりするね!

だって、私ツイてるもん~(^_^) ニコッ

へその緒

 仔猫ゲージを見ていると、干からびた何かを発見!「へその緒」だった。

18

先に生まれた2匹の「へその緒」産まれて4日で取れました。最後に産まれた子猫のお腹を見ると、今にも取れそうだけど、まだ付いたまま いくら探しても無い訳だわ。

 ルトは、相変わらず、子育てには参加していない、鼻っ面に仔猫のお尻を持って行っても、やはり知らん顔。でも 仔猫の存在は、気になるらしく、ゲージの中をじーと見ている事もある。

19

 ルトよ 貴方も子育てに参加しなさいよ~~~!

猫団子

 仔猫が産まれて3日が経った。ゲージを覗くのが楽しみな毎日である。

3番目に産まれた子の写真がやっ撮れた。背中に黒丸が4ヶなかなか面白いかも!

17 

3匹の仔猫達は、お乳を飲んでいる時以外は寝ている。お腹が空くと、ナルのお乳を探して、芋虫のようにうねうねとはい回り、時々ゴロリと横回転しながらも、ちゃんと探り当てて、チュパチュパとすっている。3匹が寄り添って寝ている姿は、猿団子ならぬ猫団子だ。

15

これまで、仔猫に付きっきりだったナルが、時々ゲージから出てきて、休む姿が見られるようになる。しかし 仔猫の「ミュー」と啼く声がすると、飛んで来て、仔猫を囲むように横になり、ペロペロと舐めて、安心させている。お尻を舐めて、排泄を促す姿も板に付いてきたねナル!

16

ナル ついにママになる

 朝5時30分 もう1匹が産まれているか気がかりで、早く目が覚めた。

明るくなり 2匹目も黒ブチだとわかった。とても元気だ!

Photo_8

ベットの下を覗くと、マットレス(使わなくなったスポンジマットレス)の上で仔猫とナルがいた。ナルの頭を撫でて、「昨夜は頑張ったね」と声をかける。が2匹しかいない!もう1匹が産まれていないのだ!2匹目を産んですでに5時間が経過してる。仔猫2匹を用意したゲージに移すと、ナルもやってきて、ゲージの中で仔猫の世話をしている。あと1匹は、まだナルのお腹の中、果たして、3匹目の仔猫は無事なのかとても心配だが、仕事が有るので、もう少し様子をみて、後で病院に電話する事にする。9時半過ぎ、仕事が一段落ついたので、様子を見に上がると、産まれていた!良かった、一安心だ!なんと3匹とも黒ブチ ルトのお父さんに似たようだ。3匹産まれたんだから、1匹くらいナル似のがいても良いのにね~ 

 ゲージの中で、ナルは、舐めては、仔猫にお乳をあげ、一時も側を離れようとしない。餌をゲージの中に入れてあげると、昨日からろくに食べていないので、今までにない食べっぷりで、ガツガツと食べた。仔猫を取り上げ見ていると、心配そうにやってきて、返してと訴えてくる。母性本能って凄い!それに比べルトったら、仔猫に興味はあまりなく、我が道を行く状態 ルトにも父親らしくして欲しいので、ナルの実家のSさんのアドバイスで、仔猫のお尻をルトの顔の前に持っていってみるが、反応無し・・・こりゃダメだ!

13

 ナルの母親業は、素晴らしい!出産 育児と感動をありがとう「ナル」

ナル出産

 今日は、朝からナルの様子が少し違う 甘えた声で寄って来る。

なにやら今日あたり産まれるかもという予感が・・・

 お昼に帰ると 少し落ち着いた感じはするものの、ちょっと辛そうなナル
ルトは、常にナルの側にいて 様子をみている。

11

夕方、陣痛が定期的にきたようで、時々甲高い声で啼く、背中やお腹を撫でてあげると、落ち着く。誰か側にいて欲しいのかやたらと甘えてくる。夕飯の支度をしながら、時々部屋に様子をうかがいにいくが、まだ産まれそうにない。夫が帰ってきて声を聞くと、部屋の扉の側まで出てきて、辛そうに鳴き夫に甘えている。夕飯と後かたづけをサッサとすませナルの側で背中を撫でながら、出産の時を待ちかまえていたが、なかなか産まれない。満潮は7時30分頃とうにその時間は過ぎていた。9時過ぎ、ナルはハアハア息づかいが荒くなり、お尻に大きなほおづきぐらいの物が出現 こりゃもうすぐ産まれると期待していると、ルトがそれをペロペロ舐めている。ルトも優しいとこ有るじゃないのと思っていたら、お尻のほおづきは無くなってしまった。11時を過ぎても産まれないので、私達は、寝る事にした。電気を豆電球にし、今夜はルトもゲージから出したままで、ベットについた。その数分後ナルが私と夫の間に上がって来て、私の太股のあたりを枕にして横になった。ナルの息づかいの荒さで、ベットが小刻みに揺れる、夫がナルが震えているというので、起きあがり見ると、なんと、ナルのお尻からしっぽが見えている。1匹目は、逆子だった。大きな声で鳴き動き回ろうとするナルを夫二人でおさえ、背中をさすった、ベットから床にペットシートごとおろし、半分出ている仔猫をそっと引っ張ってあげると、産まれた!11時35分
「黒ブチだ」 

12

 ナルは、仔猫を舐めて綺麗にし、胎盤を綺麗に食べると、仔猫をほったらかしにして、ベットの下に入って出てこない。しょうがないので、タオルで仔猫を来るんで、体温が下がらないようにして、ナルが出てくるのを待っていた、その間に体重を量ると120gだった。30ほどしても、仔猫を迎えにこないので、ベットの下を覗いていると、ないやら左右に動く黒い影 2匹目が産まれていた。この時0時15分 薄暗くてよく見えないが、2番目に産まれた子は、すでにお乳を飲んでいるみたいだった。あわてて、1番目の子をナルのもとへ置いた。

 残るは、あと1匹 ベットの下で、朝までには産むでしょうと思い、寝ることにした。

まだ出産しないのナル!

 ナルのお腹は、パンパン、もういつ出てきても良さそうな雰囲気!

体重5kg 3匹お腹にいて5kgはちょうどいいらしい、出産用ゲージは用意してあるけれど、ちゃんとそこで産んでくれるかどうかは解らない、安全なお気に入りの場所で産むのでしょうから、意外とベットの下だったりするかも・・・・

10

最後の後尾が5月10日 あれから60日 まさしく今日が出産予定日と言ってよいのでしょうね

新聞で満潮時を確認すると、17時40分 ホントに満潮の時刻に産まれるのだろうか?

いずれにしても、3匹が元気に産まれてくる事を祈るばかりなり!

去勢手術から4日

 ルトは、以前より大人しくなったような気がする。

ナルの上に乗っかる姿も日に日に少なくなり、オカマ道まっしぐらだ!臭いオシッコの匂いもだんだん無くなってきて、あちこちに放尿もしなくなった。良かった良かった。

 ルトは、おねむの時に、撫でられるが好きで、リッカーブラシでブラッシングをしてあげると、首を持ち上げて、目を細め、気持ちよさそうにしている。

8_1

ルト 去勢手術の日

 ルトは、ついにオカマになりました!

昨夜23時にゲージの中にルトだけを入れて就寝、夕ご飯を食べたら、手術が終わるまで、餌を食べられないので、病院に連れていく時間まで、ゲージで過ごしてもらう事にする。ゲージから出したら、ルトは、食いしん坊だから、ナルのご飯を食べてしまうので、辛抱してもらう。しかし 辛抱するのは、ルトでなく、私達の方だった。お腹がすいたのか、夜中にゲージを降りたり、上がったり、そうえ ニャーニャーと寝ていながらまでも啼いている。ナルは、自由にしているのに、どうしてボクだけ檻の中なのって、訴えているようにも聞こえたけど、しょうがないのよ。お陰で寝不足ぎみよ~

 午前中 仕事をちょこっと抜け出し、病院にルトを連れていく。体重を量ると3.9kgになっていた。ルトを預けて仕事に戻り、5時過ぎに迎えにいく事になる。

 お昼に帰って、1匹いないだけなのに、なんとなく寂しく思ったのは私だけ!ナルは、ストーカールトがいないから、安心してのんびりしているような気もした。

 午後5時病院に電話を入れ、お迎えにいく。麻酔からは、醒めていた。キャリーバックに移して、帰宅、キャリーバックの中では、車が着くまで、ニャーニャー泣き通し、行きもそうだった、ルトを貰い受けに行って帰りの車の中でも、泣き通しだったのを思い出した。

 家に帰りバックから出してあげると、場所を確認し、ほっとしたようなルト、すぐに餌皿の所に行き、餌をぱくついた後 リビングにやって来て、手術の後を丁寧に舐めていた。

5_1

ポンポンのようなタマタマは、半分くらいの大きさになって、傷口が痛々しい

6

 帰ってきてすぐに食べた餌は、カーペットの上にもどしてしまった。しばらくは、だるそうに横になって眠っていた。知人の猫は、去勢手術の後は、餌も食べずにおとなしかったと聞いていたが、ルトったら、一度はもどしたものの、餌はぱくつは、またしてもナルを追いかけ回すやらで、全くやんちゃ坊主だ。おとなしくなるには、少し時間が必要なのかしらね~

ルトはストーカー

 最近のルトは、すっかり男になってしまって、しつこくナルを追いかけ回している。それは、ストーカーそのもの!

7

 嫌がるナルのお尻をクンクン、背後から近づき乗っかり首っ玉に噛みつき後尾の姿勢に!身重のナルは、嫌がってお腹を見せるように横になる。家族もそんなルトのストーカー行為にたまりかねて、見つけては、ルトを抱き上げ、2匹を離すの繰り返しだ。

 おいおいルト ナルはあんたの子供を宿しているんだよ~

 いい加減にせんかい~!

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天