« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

都内庭園巡り

都立庭園「紅葉めぐりスタンプラリー」という新聞記事を見つけた。都内には、有名な庭園が沢山あることを知り、東京に住んでいながら、どれ一つ行った事が無いのに気がついた。こりゃ~良い機会だから是非行ってみようと思いつき、長男と二人出かけてみた。

 東京メトロ一日乗車券を710円で購入し、移動は地下鉄を利用する。

「六義園」・・・南北線「駒込」降りると目の前 紅葉は、4分くらい 庭園わきでお弁当を広げている 老人会グループや家族連れが目についた。

176 

「旧白河庭園」・・・六義園より徒歩10分 バラ園と洋館に日本庭園が敷地内にあり、和洋折衷のお屋敷 日本庭園の大きな雪見灯籠越しの紅葉が綺麗。薔薇が満開の時にもう一度来て、洋館の中で、お茶とケーキを食べながら庭のバラ園を見たいと思った。

177

「小石川後楽園」・・・飯田橋より徒歩10分 入ってすぐに「桜」が目に入ってきた何でこの時期に桜?「冬咲き桜」だった、「冬の桜」初めて見た。隣の紅葉が真っ赤で、桜の桃色とのコントラストが何とも不思議な感じだった。

178

こんもりとした森の向こうにビルが建ち並び、東京ドームの白い屋根が見え、時折「キャ~!」というジェットコースターからの奇声が聞こえたりして、ここは、都会の中のオアシスなんだなぁ~と感じた。

179_1

後楽園は、神田川より水を引き小川や池に流れがあるので、水が比較的綺麗だった。ベンチに座って見上げると、見事な紅葉の天井がそこにはあり、日の光が、紅葉の紅を色鮮やかに演出していた。

180

今日は、三庭園を巡り「花カレンダー」をゲットした。四季折々に違った趣を見せる庭、を又見てみたいと思った一日でした。写真が趣味の方は、きっと年券を買って四季を通して写真を撮っているのでしょう。

春になったら、「清澄庭園」「浜離宮」「芝離宮」に行ってみようと思っている。

寝込んじゃった!

 土曜の夕方、仕事から帰って、掃除機をかけていると、だんだんと肩から肘にかけて、ズ~と重くなって、身体がだるくなった。1週間の疲れが出てると、気に留めなかったが、夕食後、それは、もっとひどくなった。

 お風呂に入ってゆっくり浸かれば、身体のコリもほぐれて、良くなると思っていたら、胃腸の調子も悪くなって、気持ち悪くなってきた。早々にベット入り、「東京タワー」を見ていたが、気持ち悪いは、身体だるいは、でどうしようも無くってきた。もどしたら、気持ち悪いのが取れるかと、トイレに行って、指を喉に突っ込んでみるものの無理、再び布団に潜り込むが、寝返りうっても、身体の置き場がないかんじで、寒気までしてきた、とにかく寝て治すしかないと、無理矢理寝る。

 日曜日の朝、やっぱりだるい、胃の気持ち悪いのは、治まったが、起きられない状態、それでも、洗濯だけは、どうにかすまし、一日寝込んでしまった。寝込んでいる間、3匹の猫は、私のお布団の上で寄り添うように寝ていた。なんか嬉しかった。

 具合が悪い悪い時って、何時間でも寝られるものですね~!お陰で、今日は、普通に仕事ができました。

ナル 太ったね!

 子育ても終わったというのに、「ナル」は、食欲旺盛だよ!

お尻のまわりにお肉が付いて、どっしり体型、妊娠した時に近いかも~ 避妊手術をしたためと考えられる。

174

以前は、餌を前にしても、「ルト」と「こむぎ」が先に食べ終わるのを待って、食べていたのに、「ご飯よ~」と声をかけると、真っ先に跳んできて食べている。後姿を見て~ふっくらして、太ったでしょ!

175

賢い?めんま!

 「めんま」に躾訓練を再開した私 「めんま」の夕食の時に訓練中

私の右横に付く事を教える。餌を持って、私の右太股をたたき「ツケ」の号令をかけ、合図する。寄ってきた「めんま」の位置を何度も修正しながら、繰り返し教え、出来たら、餌を少しあげ、誉める。数回繰り返すと、すっと覚えた「めんま」賢い!

次は、右側について歩かせる訓練 室内でリード無しで行う、餌を持って、「付いて来い!」と右股をたたきゆっくり歩るき、一緒に歩く、上手くできたら、餌を少しあげる。これを数回繰り返す。私より前にでたら「ダメ!」と言って、違う方向を向き、「ツケ」をさせる。こんな繰り返しを少しずつ、毎晩繰り返すことで、餌がなくても、来るようになるはずだ!

「めんま」の芸は、全て私が教えた。飲み込みは早くて、すぐに覚える、優秀だけど、「おいで」が出来ない!どうしたものかね~~

「めんまおいで」と呼ぶと、呼んだ人じっとを見て、行ったら、特か損か考えている感じだ、調子が良いと、すぐ来る時もあるが、そうでない時の方が多い。

「めんまお座り」

171

「めんま伏せ」

172

「めんま バーン やられた~」

173

「テレビチャンピオン」の「ダメ犬躾王選手権」は、大いに参考になった。いっぱい撫でて、声をかける事で、犬は安心し相手を信頼するんだな~と思った。

訓練開始から、「めんま」は、私に対しては、前に増して絶対服従するのでした。

4ヶ月の仔猫達

 「もなか」「チャイム」の画像が届きました。仔猫達は4ヶ月 どの子も順調に大きくなっています。

「もなか」は、zunkoさん家のアイドル 猫のいる暮らしを楽しんでいるとか!

166

167

「チャイム」 我が物顔で家中を駆け回りやんちゃぶりを発揮しているそうで!

168

169

「こむぎ」は、相変わらず眠くなるとオッパイを吸って、遊びたくて、「ナル」「ルト」の尻尾にまとわりついて、じゃれたりしています。

170

巣立っていた「もなか」「チャイム」の成長写真を見られるのは、楽しみなんだわ~

zunkoさん タカちゃん ありがとう!

ちょっとのつもりが・・・

 土曜の夜、長男が、「この本面白いよ!」と貸してくれた本を、どんな内容か、ちょっと見てみようと思っただけだった。なのに、読み始めたら止まらなかった。別に読んでいる本があるにもかかわらず、そっちはほったらかしのままで。

 今日は、午前中 葛飾区の防災訓練の炊き出しで、「焼きそば」を焼くために休日出勤のため、帰って来て、暖かいリビングの畳の上に横になり、読書、猫達も日向ぼっこによってきて、並んでゴロゴロ。夕飯を食べて、またまた 読書 一気に厚めの文庫本1冊を読みあげた。面白くて、いっきに読んだのは、「東京タワー」以来だ。

 題名:「時生」

 作者:東野圭吾

 内容:グレゴリウス症候群という難病で17歳で死んだ時生が、タイムスリップして、自分の父親に会う話

読み終わって、息子に本を返すと「もう読んだの、そんなに早く読んだらもったいない、1週間くらいかけて読めばいいのに」と言われた。

久しぶりに、読書三昧な一日でした。

「ルト」鈍くさいぞ~

 「こむぎ」は、すっかりカーテンレール渡りが得意になった。スタスタとレールの上を歩き、クルッとユータンーして引き返す。

 162

「ルト」の場合、のっしのっしとレールの上を進んでいく

163

しかし、Uターンしようとすると、なかなか出来ないで、バックしたり、前進したり、どうしたものかと迷っている、ゆっくりバックして戻ればいいものを、上手くターン出来ずにオロオロしている。

164

それを見た、「ナル」が心配して、すっ飛んで助けに行って、お顔を舐めていた。

165

「ナル」にとって、「ルト」は、夫というより、子供のような存在なのかもね。

それにしても、この鈍くささ、父親の威厳もあったモノでは無い、でも 私は、そんな「ルト」大好きなのよね!

こむぎはどっち似!

「こむぎ」は、はたして、どっちの血が濃いでしょう?!

・耳は、折れ耳で、「ルト」似

・毛並みは、ふわっと軟らかく「ルト」似

・柄は、背中から尻尾にかけて平行して2本の線が出てきて、タビー柄が所々に見られるので、「ナル」似

・目は、緑色が出てきたから、「ナル」のような綺麗な目になるね。

・行動は、とても敏感でジャンプ力もあり活発、アメショの気質が強いから「ナル」似

・毛づくろいは、「ナル」同様とても丁寧にする。「ルト」の顔まで舐めてあげるくらい!

う~~ん 2対4で「ナル」の血が濃いって事かな(=^_^=)

161

こむぎの便正常になる

 「こむぎ」のウンチが軟らかくなって、かれこれ1週間、市販の下痢止めを数日飲ませたが、変わりばえがしないので、飲ませるのを止めた。すると昨日から、ウンチが少し固まってきたような感じ、回数も減ってきし、相変わらず元気も良く、食欲もあるので、病院に行くのを待ってみた。すると、今日になって、正常なウンチに戻っていた。 

 軟便の時の便は、酸味がある匂いだから、「こむぎ」がウンチをするとすぐ解った。「こむぎ」は、排便の後、至極丁寧に猫砂をかけるので、猫砂を沢山すくって捨てなくてはならないので、減りがとても早くなる、1ヶ月もつシステムトイレの猫砂なのに、どんどん減っていくのは、悲しいよ~!

 変な病気じゃないかとちょっと心配したけど、正常のウンチに戻ってよかった!よかった!

158

 

くつろぐ姿

 昼下がり、日当たりの良いリビングで、うたた寝をする「めんま」と「こむぎ」

160

 夜になると、夫の部屋のマッサージ椅子の上で、重なるように3匹が寝ている。

159

この時、「こむぎ」は「ナル」のおっぱいを吸っていたのでした。

犬猫バトル

3階に新しいワンコが引っ越ししてきた。名前は「パール」

なんと「パール」は、飼い主より早く、ひとりで、我が家にご挨拶にやって来た。それは、丁度夫が、お昼休みの時だった。買い物に出ていた母が帰って来ると、見知らぬ犬が玄関の前にいた。うちの中に入る為に開けたドアの隙間から、「パール」は、我が家に乱入、よそ者を察知した「めんま」は、すっ飛んで行き、吠える、追いかけ回す。そこへ「ナル」も加わり、毛を逆立て、攻撃態勢、「パール」に向かって、ネコパンチを喰らわしたのだ。夫が、止めに入ると、「ナル」は、威嚇を止め椅子の上に登った。「めんま」を捕まえ、部屋の外に出し、逃げ回る「パール」を捕まえるた。捕まえるのに、テーブルの回りをグルグルと3週も追いかけ回したそうだ。捕まえた「パール」は、玄関から外へ放り出し、室内は、平穏を取り戻したが、異様な臭い匂いだけが残った。興奮した「パール」が、お漏らしをしをし、畳の上に、点々と茶色いしみを残していったのだ。何度も拭いて、消臭剤をかけ、やっと臭い匂いは消え、ホントの平穏が訪れたのでした。思わぬ訪問者に、逃げずに敵に立ち向かう「ナル」の強さに感心し、事の一部始終をキャットタワーから、高見の見物をしていた「ルト」のふてぶてしさに呆れるのであった。

 ちなみに、私はこの騒動中、お店番をしていて、見てはいません。残念~~

 「パール」は、ホワイトテリア ♂ 13歳、ちょっと太っているけど、とても大人しい良い子です。お風呂が大好きなんだって。 この先「めんま」と仲良くなれるといいんだけどね~

軟便なのよ

ここ2日ほど、「こむぎ」の便が軟らかい 何でかな??

「ルト」も「こむぎ」くらいの時 軟便からゆるゆる便になって、大変だった事を思い出した。あの時は、少し様子をみてと思ってそままにしていたら、ゆるゆる便になって、下半身がウンコまみれになってしまい、無理矢理シャンプーし、すっかり水嫌いになってしまった。「ルト」は、白い猫なので、仔猫の時からシャンプーに慣らしておこうと思っていたのが、台無しになってしまったのだ。

 その時買った下痢止めの薬を飲ませた。錠剤を半分に割って、口に入れるが、はき出してしまう、説明書に飲ませ方が書いてあったので、それを参考にやってみるが、うまくいく時と、なかなかうまく飲み込んでくれない時があって、大変だ。今度薬を買う時は、顆粒にして、水に溶いて、スポイトで流し込むように飲ませるタイプのにしようと思った。

 軟便は、「こむぎ」だけだと思いきや、「ルト」も軟便ではないか!なんで おまえ達は、軟便になるの?「ナル」は平気なのに、同じ物食べていて何でかな??へんな物拾い食いなんかしてないでしょうね!

 「ルト」「こむぎ」こっち向きなさい~~

Hurikaerirutokomugi

沸騰ポット掃除して壊れる

10月29日(日)沸騰ポットを掃除して、壊してしまった。

ポットの給湯の量が少なくなって、内部にカルシウムが付いていたため、「クエン酸洗浄剤」を買ってきて、やってみた、ポットの説明書が無いため、ちゃんとしたやり方が解らなかったので、適当にやってみた。いや~きれいになったので喜んでいたら、その後がいけない、ポット内を水で洗って捨てる時に、電気系統部分に水が かかったらしく、電源を入れても、ウンともスンともいわなくなってしまった。『やっちまった~壊してしまった!』乾けば、使えるようになるよと甘い考え、そこを開けて、ドライヤーの送風をあててみたりしたが、面倒になって、数時間ほっておきことにした。2時間ほどして、通電してみるが、応答無し・・・ やっぱりダメか・・・・重宝して使っているので、無いとなると不便さが身にしみる。

 スーパーの広告に特価で出ていたのを思い出し、買いに行く、商品券二千円とポイントを使って、8400円の品が4444円で買えた、やったね!良い物が安く買えた喜びは、主婦にとっては、大満足である。「タイガー製 トクコさん」新製品で、魔法瓶保温設定なんかできて、より経済的だ! しかし よくよく考えると、掃除して壊すほうが よっぽど不経済だよね!

 11月2日 壊れた沸騰ポットは、見事に復活し ちゃんと使えるようになったなんて、大きな声で言えない・・・・

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天