« 担々麺 | トップページ | 浅草の桜 »

胃カメラ飲んだ!

 本日11時 胃カメラによる胃の検診を受けた。

前日21時以降、食事抜き、水お茶は飲むことが出来る状態で、病院に向かう。2ヶ月程前から胃の調子が悪かったので、胃カメラの飲む事にしたのだ。

 まず、大さじ1杯くらいの、白い甘いシロップを飲む、つぎに、少し塩味の付いた水のような物を紙コップ半分くらい飲む、甘いの塩味を味わった後は、少し苦いゆるい水飴状の液体(これが麻酔液らしい)を大さじ1杯程飲み、さらに大さじ1杯を口に含み5分待つ、5分待つのが意外とつらい、麻酔が効いてきて、むせて吐きそうになる。5分計の砂時計をひっくり返し、このままお待ちくださいと言われるが、待つだけの5分間は長い、だから私は、読みかけの文庫本を取り出し、読書する事で、時間をつぶした。看護士さんは、「読書してる凄い~」と言っていた、こんな時に読書する患者は、私くらいのものでしょうから。5分が過ぎ、口の中の麻酔液をトレーにはき出し、口をすすいだ。さらにその後に、スプレー状の麻酔を2回口の奥にスプレーした。普通は、検査中に緊張したり、身体の力が入ったりしないように 安定剤のような注射をするそうだが、検査の後も仕事があるので、それは断った。

 ベットに横になり、いよいよ胃カメラゴックンだ~、先生に自分の胃の中を見せてくれるように頼んで、マウスピースをくわえる。テレビでよく見るあの内視鏡が、自分の口から入れられ、喉を通って食道へそして胃へ入って行くのがなんとなく解る、胃の中がよく見えるように空気が入れられる。お腹が膨らむのが解った。先生の診察の後、約束通り、説明解説付きで、自分の胃の中を見せてもらった。ピロリ菌の検査の為、胃粘膜の組織を取るのも見せてもらった。胃壁をクリップのような物で挟んで引っ張ると、血がサッと出る。これもテレビで見た事があるのと同じだ~と感動。終わった後の私の一言は、「いや~面白かったです!」 看護士さんからは、胃カメラ飲むのが、とても上手で、お手本のようでしたと誉められました。こんな事で誉められてもしょうがないんだけね~!

 検査の結果は、「十二指腸潰瘍」大きな潰瘍が一つありました。それから以前になった跡もあり、胃も少し荒れていました。薬飲治療をする事になりました。私が行った「中村クリニック」は、胃カメラは上手いと評判の病院、なんの心配もしていなかった、痛くも痒くなく、どおってこと無かった。でも、ちょっとだけ嫌だったのは、終わった後、胃に入れられた空気が腹を圧迫していた事、それも、ゲップとガスで出てしまうと、スッキリでした。

 空腹になると、みぞおち辺りがいたくなり、何か食べると治まる、そんな症状が続いていて、「ガスター10」飲んで、我慢して誤魔化していた。この症状は典型的な「十二指腸潰瘍」の症状、胃カメラ飲んで、はっきりしてよかった。しかし、アルコールもタバコも飲まないし、早寝早起き、好き嫌い無し、外食は、滅多にしない私が、こんな病気になるなんて思わなかった。ストレスだって、そんな深く悩むようなものは無いのにね~~不思議!!

 帰って、家族に報告、子供達に「お母さんに、心配かけるような事しないでよ~十二指腸潰瘍なんだから!」と釘を刺したのでした。

« 担々麺 | トップページ | 浅草の桜 »

コメント

十二指腸潰瘍、お大事に。
いろいろ心配事が多かったからでしょうね。

30日は都内どこを歩いても桜が満開。いい季節。
でも花粉症の薬をしっかり飲んでマスクをして歩いています。
土曜日は耳鼻科に通院(^▽^;)

しっかり身体を労わって仕事などをしてください(^O^)

nekoさん どうもありがとうございます。
お薬を飲んでいれば、痛くも何ともないんです。しかし油断は禁物、ちゃんと薬を飲んで治します。

nekoさん 花粉症の症状出てたいへんですね、私は今年も昨年に続いて、平気です。問題は来年の春です。今年は猛暑らしいからね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 担々麺 | トップページ | 浅草の桜 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天