« 息子の手料理 | トップページ | 予定を立てると何かが起こる?! »

さくらんぼ

今年もさくらんばの季節がやってきた。

      Img_4237

八百屋の店頭にさくらんばが並び、夫にと買い求め仏壇に供える。

さくらんぼcherryは、夫の大好物

買ってくると、子供にもあげないで、ほとんど一人で食べてしまうほど大好きだった。

さくらんぼcherryは、夫が最後に口にした食べ物

モルヒネで、眠っていることが多くなった夫に さくらんぼをスプーンで潰してジュースにして口に入れてあげた。

夫は、嬉しそうな顔をしてさくらんぼジュースを口にしてこう言った。

「甘すぎる・・・」最後の言葉だった。

私は「最後に口にした食べ物が、大好物でよかったね」と息を引き取った夫に言った。

 いつになったら、病床の夫のことを思い出すの品々を、涙なしで見れられるようになるのでしょう。

            

« 息子の手料理 | トップページ | 予定を立てると何かが起こる?! »

コメント

いつになったら涙なしで・・・なんて考えなくていいと思います。
もちろん自分には貴方のような経験はないし何も言えませんが・・・

でも今、私の母はとっても楽しそうに暮らしてます。
彼女が夫(私の父)を亡くしたのはちょうど貴方ぐらいの年頃でした。

SHUさんのお母さんも悲しい思いしたんですね・・・

私もSHUさんのお母さんのように、きっと心から楽しく暮らせるようになりますよね。
ありがとうございます。

ずっと病院暮らしにがまんしてくれたパートナーの、どうしても家に帰りたいという願いをかなえられたとき、食通だった彼が食べたいと言っていたものをいろいろ作りました。
でも、もう食べられなくてね。
「ごめんね。もう食べられないみたい」って。

そのときのカキフライ。
わたしも大好物だったのに、食べられるようになったの15年後です。

ごめんね。
父のこともあって、読みながら、書きながら、泣いてます。
毎晩泣いていると誰にも言えなかった15年間を思えば「へ」でもないけどね、こんな夜は。


よし! 笑った。
またね☆

牡蠣フライ・・・好物だったんだ

食べることは、人が生きていく上で一番大事、それが出来なくなる夫を見えてるの辛かったよね
そう簡単には消えない記憶だから、なるべく、見ない。考えないようにするしかないのかも

時間が優しく解決してくれるまで

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息子の手料理 | トップページ | 予定を立てると何かが起こる?! »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天