« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

ゴロゴロいわない猫

家で生まれた「こむぎ」はゴロゴロいわない

Img_0441

他の2匹はすぐにゴロゴロいうのに何故?

「こむぎ」はとても臆病で小心者

ゴロゴロは、リラックスして甘えているときに発する
猫独特のもの

3歳半になるのに、未だに甘えてこない子

どうにかして、この子をビクビクしないで甘えさせてあげたい

時間をかけて、スリッガーブラシでブラッシングしてそれを好きになるようにした。

2匹の猫を部屋の外に出し「こむぎ」だけにして
少しウトウトしている時にブラッシングする。

その結果、ついに「こむぎ」がゴロゴロいった!!

ヤッター♪~(^ε^( )
やっと「こむぎ」がホントのうちの子になった~

Img_0451_2 

海の幸と千葉のマッターホルン伊予ヶ岳山行

1月23日(土)晴れ

今回の千葉伊「予ヶ岳」山行の趣旨は
美味しい魚料理を食べて、山に登り、水仙の花を愛でる

7時半我が家から車で出発~
目指すは保田漁港お食事処「ばんや」

     Img_0303

     Img_0293_2
お腹を空かせて向かい、まず海の幸で食事をする。
10時に着いたがもうすでお客さんでいっぱい
オーダー待ちの間にトイレに、そこで従業員の女の子と一緒になり
おすすめの情報収集

「スルメイカの刺身」

     Img_0280

「イカのかき揚げ丼」

     Img_0282

「にぎりお寿司」「ワラサのカマ煮」を注文

     Img_0283
安くて美味しくてお腹いっぱいで満足!満足!

食事もしっかり取って、千葉のマッターホルン「伊予ヶ岳」へ車を走らせる。

平群天神社に車を止め山頂をめざします。

風もなく春の陽気、登山口のタンポポが出迎えてくれました。

     Img_0310
登山道は整備されて上りやすいけれど、南方頂上手前に急な岩場があり注意が必要

          Img_0318

ロープがあるものの、小砂利で足元が滑りやすく一歩一歩慎重に登ります。

    Img_0327  
1時間程で登頂
頂上の見晴らしは素晴らしく
大島が大きく見え
東京湾の向こうに伊豆半島
雲がなければ富士山も見えます。
今回は富士山の頭だけほんの少しだけ見えました。

     Img_0321

伊豆ヶ岳にはピークがふたつ、10分程で北方に
そこでお湯を沸かしコービーブレイク
山頂で飲むコーヒーは美味しい~

降りは30分 標高350mの低山ですが、急場な岩場あり
鎖場あり、眺望ありで、満足したのでした。

鋸南地区は水仙祭りが開かれていています。
第三の目的である水仙を見に車で移動
「をくづれ水仙郷」へ向かうべく車を走らせます。
町おこしのため、各農家が畑や田んぼの畦や道ばたのあちこちに水仙が植えていて、ドライブしていても楽しい道
途中車を止め、水仙の香りを楽しみ写真を撮りました。

     Img_0353

         

     Img_0359
    
         Img_0337

しかし、をくずれ水仙郷にはたどり着けない
リサーチ不足がたたり、諦めてお風呂へと、途中で菜の花畑をパシャリ

     Img_0362     

     Img_0380

朝訪れた、保田漁港「ばんや」で炭酸湯のお風呂に入り
海に落ちる夕焼けを撮り帰路につきました。

     Img_0382

     Img_0399

美・食・動を全て満たしたお気楽山行もたまにはいいね^^

平日の上野動物園

今日はsun4月の気候になる!!

それなら、お出かけしなくっちゃ、どこに行くsign02

そうだ 上野動物園に行こうhappy01

カメラを始めていつか行こうと思っていた平日の動物園

平日でも意外と人がいっぱい
小さな子どもを連れた若いママグループ
孫を連れたお爺ちゃんお婆ちゃん
遠足らしき小学生
手をつないだカップル

上野動物園といえばパンダ、死んでしまい今はいない。
パンダのいた部屋の1つにレッサーパンダが・・・

     Img_0052

次に象、戦争中に殺されてしまった悲しい話をいつも思い出す。

     Img_0057

ゴリラと虎がガラス越しだがすぐ側で見られた。

Img_0078_2 

Img_0112_2 Img_0224  
昔、ここのゴリラはお客につばを飛ばすことで有名だったが
檻でなく広い場所で生活出来るように工夫されて、のんびりしていた。

Img_0068_2 Img_0226

         Img_0142  

Img_0219

         Img_0249

Img_0256
一通り見て撮ってみたが時間が足りない
お弁当持って、一日過ごしたいなぁ~
動物園って面白いhappy01

ヘルシーな夕食

しばらくご飯ネタを書いて無かったので夕飯披露です。

     Img_0010

冷凍庫にあった鰻の蒲焼きと茹でてあったほうれん草を使って

「鰻の蒲焼きとほうれん草の卵とじ」

「蓮と人参のきんぴら」

日和田山の帰りに買った「ざる豆腐」

「大根の肉そぼろあんかけ」

「白菜と油揚げの味噌汁」

実家から送ってきた蜜柑「スイートスプリング」

ヘルシーな夕飯になりました。

こういう食事を毎日してたらダイエットになるんでしょうね。

物見山~日和田山 日だまりハイク

2010年1月16日(土)晴れ 物見山~日和田山(埼玉県)

     Img_9960
西武池袋線武蔵横手駅に集合
空は青空、風は少ない、絶好の山行日より
女子五人で杉林道を歩いて山頂を目指します。

五条の滝で最初の集合写真を撮り
北向観音で手を合わせ
一時間半程で物見山山頂に到着
ここで、お楽しみのランチタイム

メニューは「カレー鍋」
Hさんのザックから大きな鍋とコンロとワイン1Lとビールが出てきた!

水と分担して持ち寄った材料を入れ煮込んで完成
山頂にカレーの香りが広がりました。

     Img_9937

この匂いに引きつけられるように、遅刻して高麗駅から登ってきたK君が到着!

メンバー6人が揃い、ランチパーティーの始まりです。

第1弾は、カレー鍋
第2弾は、うどんを入れてカレーうどん
第3弾は、御飯とチーズを入れてリゾット

ワインにもバッチリ合う
一度で三度美味しい「カレー鍋」最高~でした。

     Img_9942
食後にコーヒーを入れて飲み、日和田山へ向かいます。

駒高で蝋梅が満開、遠くに富士山も見え、しばし撮影会を楽しみました。

Img_9965  Img_9969

          Img_9972  

   Img_9979  Img_9985

そこから日和田山までは30分程で到着、山頂から新宿副都心、筑波山が見えます。

     Img_9990

とてもいい眺め、キラキラとネオンが宝石のようにちりばめられた夜景は、もっとステキな景色になるのだろうと想像がつきます。

     Img_9994  

後は下るだけ、金比羅神社から女坂を選び駅へ
途中、お豆腐が有名なお店でお土産に「ざる豆腐」と「ゆば」を買いました。

その後、喜楽里亭別邸でお風呂に入りました。
なかなかいい入浴施設で、露天風呂は勿論、炭酸湯や寝湯があり、お風呂上がりに横になって休める部屋までありました。
館内にあるお食事処で「肉汁蕎麦」を食べて帰路につきました。

     Img_0005
寒い冬の日だまりハイク、楽しい仲間とワイワイと楽しい一日でした。

箱根外輪山 丸岳縦走

1月11日(成人の日)晴れのち曇り

乙女口→乙女峠→丸岳→富士見台→長尾峠→湖尻峠→湖尻口

新宿から小田急高速バスを使い乙女口へ楽々直行
今日の同行者2名と待ち合わせる。

箱根丸岳へ富士山を眺めながら縦走の予定、しかし
富士山が顔を出したのは乙女峠だけ、あとは雲の中

     Img_9840
乙女峠の見晴台から富士山を撮ろうとすると、必ず入ってしまうひょろひょろと細い枝が1本だけある。前回も「邪魔な木だよね」と話したが、今回もちゃんとあった訳で、またしてもその話題で盛り上がった。
お願いだからあの細い枝を気って欲しいわ~!

          Img_9853


曇ってくると肌寒いが風が少なかったのは有難かった。
富士山見ながら縦走はダメでしたが、雲の切れ間から陽が差し
「天使の階段」と言われる幻想的な現象に出会えた。

     Img_9882

          Img_9874
熊笹を分けるように出来ている尾根伝いの道は、芦ノ湖、相模湾、戦場ヶ原、富士山など、眺めが素晴らしい道

     Img_9860

 Img_9892 Img_9893

 Img_9900 Img_9870            

次は晴天の日に箱根外輪山を全て歩いてみたい!!

初春 雪の安達太良山行

2010年1月4日~5日 安達太良山行

新春の初山行は男1女3の4人のパティーで雪山「安達太良山」へ

新幹線に乗り郡山へ、新幹線車窓から山を見てウキウキ

     Img_9717

郡山から在来線で二本松へ
さらに、そこからタクシーで安達太良高原スキー場へ
スキー場のレストハウスで早めの昼食をとり
いざ、くろがね小屋へ出発

     Img_9726

          Img_9727

雪はサラサラパウダースノー
空は青空
気分はワクワク

     Img_9737

ピッケル片手に雪道をゆっくり一歩一歩登って行きます。
30分も歩くと暑くなり汗が出てきて、一枚脱ぎました。
アイゼンもわかんも無しでも充分歩けました。

     Img_9736

しかし、上に行くにつれ歩きづらくなり、わかん装着
足がしずまないので、とっても歩きやすい
わかんに慣れてきた頃に、わかんに足を取られてずっこけて
気をつけなきゃと暫く歩くと、また転びの繰り返し

     Img_9739

そうこうしていると、くろがね小屋が見えてきました。
予定よりちょっと早く小屋に着くことができました。

晴れていても、髪先に氷柱が出来ほどの寒さでした。

     Img_9742

小屋は、ダルマストーブで温かく、天井のアンティック風ライトでとてもいい雰囲気です。

     Img_9752

          Img_9783     

まずは、温泉に入って身体を温めます。
源泉掛け流しの乳白色のお湯は肌がつるつるになり、冷えた身体を芯から温めてくれます。
窓を開けると雪景色がたのしめる雪見風呂になりました。
小屋にいる間に3回も入っちゃいました。

      Img_9786

お風呂上がりに、ビールで乾杯
おつまみが並び、Mさんが持ってきた蟹で蟹シャブパティーの始まりです。

     Img_9770

          Img_9781

蟹の威力はすさまじく、お泊まりの3組を巻き込み大宴会となり、食べ物もお酒もあちこちから出てきてご馳走の嵐、楽しい一時を過ごしました。

     Img_9765

その一方では、遭難捜索隊12名が小屋に到着、単独で登っていた男性が亡くなり発見されたと聞きました。
翌日ご遺体の下山予定でしたが、朝起きると吹雪で無理のようでした。

     Img_9799

私達は登頂は諦めて、下山することにしました。
風が強く雪が真横に飛んでいました。
完全防備で、わかんを履き吹雪の中を戻ります。
時折、突風が襲ってきて立ち止まることもありました。
わかんに何度も足を取られ転びながらも無事下山

岳温泉で温泉に入り、お蕎麦を食べて、お土産に「温泉まんじゅう」を買って、二本松駅に、ここまでは順調だったのですが、在来線が強風のため運行亭止になり、1時間の待ちぼうけ、その間近所の「二本松神社」にお参りして時間を潰しました。その後、郡山から新幹線に乗り帰路につきました。

          Img_9807

     Img_9803

今年初山行は、いろんな初体験があってとても勉強になりました。身の引き締まる思いも、楽しい思い出も、盛りだくさんの貴重な体験でした。

明けましておめでとうございます

2010

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天