« 丹沢鍋割山で「鍋焼きうどん」を食べよう山行 | トップページ | 里帰り2010年3月3日~6日 »

愛犬の死

ウエストハイランド・ホワイトテリア 雄

Img_0899

近所の仲良くしていただいているBさんの愛犬は18歳の命を閉じた。

Bさんにとって、子供以上の存在で、夫の死を一緒に乗り越えてきた相棒だった。
賢い犬で、決して吠えることが無く、うちの「愛犬めんま」とも仲良くしてくれていた。

18歳とは思えぬほど毛づやがよく、白内障にもならず。
去年の夏まではとても元気だった。

足が弱って、お散歩に乳母車を使うようになり
食が細くなり、下痢を繰り返すようになり
徐々に身体が弱っていきました。
ここ1ヶ月で、部屋の中をぐるぐる歩き回り、椅子やベットの隙間に頭を突っ込んで出られなくなるという痴呆症状も出ました。

見る見る間に痩せていきました。
毎日病院に通い、点滴や注射を受けていましたが
数日前に息を引き取りました。

Bさんから「パールが死んじゃった。写真を撮って欲しいの」と電話がありました。
カメラを抱えて、すぐに飛んでいくと、花いっぱいのベットに目を開けたまま横になっていました。今にも動き出しそうで、とても死んでいるとは思えません。撫でてあげると冷たくなっていました。

Img_0894

息を引き取った時の話を聞き、写真を撮りました。
パールは、彼女と一緒に生活が出来て幸せだったでしょう。

生き物を飼うということは、死ぬまで面倒をみること
悲しいけれど、ペットを飼った責任

家にも犬が一匹、猫3匹、この子達の老後の面倒をみて
この世を去るまで見守らなくてはなりません。
5年か10年後には彼女と同じ気持ちをあじわうのでしょう

ひとり暮らしのBさんが心配です。
母親のような歳の彼女だけど、友達のよう
夫を癌で亡くしたという共通点を持ち、夫が亡くなった時、支えになってくれた。

今度は私が、少しでも彼女の支えになりたいと思います。

« 丹沢鍋割山で「鍋焼きうどん」を食べよう山行 | トップページ | 里帰り2010年3月3日~6日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丹沢鍋割山で「鍋焼きうどん」を食べよう山行 | トップページ | 里帰り2010年3月3日~6日 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天