« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

クライミングジム初体験

クライミングに目覚めてしまった!!

岩登りしたい、それなら
最初はジムで基礎的なことを覚えましょう

壁面に付いた色とりどりの石 形のもいろいろ

Imgp0107
まずは、ボルダリング
同色テープの石のみに番号順に手を置いてスタートからゴールまで登る。

意外と簡単じゃない

テープの色で難易度が上がる、
上級コースはとんでもない、手が届かないよ~
ハングしてるし、それはまだまだ無理だよ!
順番にこなしていこう

ボルダリングはゲーム感覚で、思っていたより面白い

次に挑戦したのは、トップロープで9mの壁
Imgp0106_2

先月体験した、天覧山の方が難しいよ

Imgp0098 

コースによって難しいのよね!
挑戦したのは、ほんのさわりだから~

3時間ほどで、腕より、足が足先が痛くなってきて終了

これ、癖になるわ~

帰りに、ショップに寄り、シューズを試し履きしてみた!
足が痛て~~~
まるで拷問のよう、てん足で痛みに耐えた中国のお方の気持ちが少しわかる(/_;。) ウッウッウッ

暫くはジムでレンタルシューズに慣らしてからで、購入はまだ先と結論

サイクリング

お天気すぐれないので、今日の山行は中止にした。

雨は降らないみたい・・・・

お家でじっとしてられなくて、自転車でお出かけだ!

昨日、息子はお小遣いをはたいて自転車を買った。
走りたくてしょうがないみたいなので、誘ってみた
車の免許取ったときは、走りたがらなかったのに、
ふたつ返事で「いいよ~」だって!!

荒川の河川敷を上流に向かって走る

Img_2998
草野球に少年サッカー、少年野球で賑わっているのを横目に
スイスイ~って、そんなに速くは走れないよ
私のはマウンテンバイク
息子のはスポーツタイプ
その差は歴然、私の速さに合わせてくれるいい子だ(親ばか)

Img_2971

西新井にできた「モンベル」が第一目的
1時間弱、試着したり店員さんと話をしたりして
情報だけ収集して、買わずに店を出る。

第2目的の青井周辺の薔薇を見る
この辺だなんて適当に走ったら見つからず帰路についた。

走行距離 29km 

これから、トレーニング兼ねてサイクリングしましょう!

簡単レシピ「煮豚」

スーパーの特売品「ロースかたまり肉」

これを使って「煮豚」にしましょう!

圧力鍋に肉とヒタヒタの水、生姜スライス、長ネギ半分を入れて、蓋を閉めて火にかける。
重りが振れたら弱火にして5分
火を消して、さめるまでほっておくタダそれだけ

その間にタレを2種類用意します。

★梅ダレ
梅干しの種を取り刻む(大さじ2)
醤油(大さじ1)
煮汁(大さじ1~2)

★ピリ辛ダレ
生姜・にんにく各一かけみじん切り
長ネギ半分をみじん切り
醤油(大さじ2)
お酢(大さじ1)
砂糖(小さじ1)
ごま油(小さじ1)
ラー油 お好みで

煮豚は煮汁に漬けたままさましておくとしっとり仕上がります
スライスして、生野菜と一緒に盛りつければ完成
Img_2964
またまた 超簡単メニューでした。

リベンジ「ローズマリー」

なんて気持ちのいい日なんでしょう!
こんな日は、土いじりがしたくなる

車で土と苗を買いに行く。

「バジル」「ローズマリー」の苗
「ベビーリーフ」の種
プランターと土を購入 

ほっといても育つと言われる「ローズマリー」を数年前に枯らしたので、今回は大きく育てたくて気合いのリベンジだ!

Img_2958

「バジル」は種から撒いたのが芽を出しているけど
沢山育ててバジルソースを作りたいので、プランターに植え付ける。

テレビでベビーリーフは簡単で間引きながら、食せるらしいので初めて挑戦

家にあったミントの種も撒いて、終了

2ヶ月ほど前に植えかえた「アロエ」がランナーまで伸ばして元気いっぱい育っている横で、新たな緑の成長が始まった。

Img_2957
収穫の時が、楽しみ♪楽しみ♪

ビビンバ

私のことを子供のように思ってくれている年上のお友達がいる。

彼女は、この前亡くなったホワイトテリア パールのママ

韓国料理がとても上手(あちらの国籍なの)

パールのママから「もやしとぜんまいのナムル」をいただいたので、「ビビンバ」にすることにした。

それなら「ホーレンソウのナムル」も作ってあげると言うので
教えて頂くことにした。

★ホーレンソウのナムル
1.茹でて3cmに切り、硬く絞る
2.塩胡椒をふり、ほんだし少々、ごま油とすり胡麻を混ぜる これだけよ!

★もやしのナムル
1.もやしがひたひたくらいの水に塩を入れて水から茹でる
  茹でながらもやしに塩味を付けます。 
(塩の量がよくわかないゴメンwobbly
2.蒸気があってもやし臭さがきえたら、ざるにあげる。
 (水にさらさないでね)
3.ごま油とすり胡麻を混ぜる

ゼンマイのナムルは解りません~~~happy02

ビビンバはナムルが揃えば後は簡単

丼にご飯をよそり、ナムルを盛る
肉にタレをつけて焼いて乗せる
コチジャンを混ぜながら食べます。

Img_2945

簡単レシピ 茄子の素揚げ

超~~~簡単レシピだよ!

冷蔵庫に茄子が2本、なんともハンパな量

それなら、サッと油で素揚げして

削り節をパラパラ

醤油をタラリとかけて、ハイでき上がり^^

ご飯にのっけて食べても
お酒のつまみにもいいよ

Imgp0054

茄子は洗ってへたを取り水気を拭いておき
油の温度が上がったら、切ってすぐに揚げちゃえば
あく抜きも無しで、油はねもしないよ!

醤油の代わりに、ポン酢や生姜醤油でもOKです。

大倉尾根~塔ノ岳~丹沢山 No.46

  5月22日(土)晴れ 
女子8名にてシロヤシオを目指して丹沢山へ行ってきました。

大倉バス停集合、自己紹介の後、軽く準備体操して出発です。

大倉尾根は、登山2回目で丹沢表尾根縦走で下った思い出の尾根、あの時は、膝にきてとてもきつかったのを思い出します。

2回目は、鍋割山の帰りに下り、その時は平気でした。

そして今回は3回目の大倉尾根、初めての登り! 富士山が見えてきました。

Img_2890

整備された段々が徐々に足に疲労をためます。

Img_2894

休憩しもって登り、エアリア標準タイム3時間30分より早く塔ノ岳に着きました。

Img_2929

しかし、なんだか足がすぐにつかれて調子が今ひとつ、先週風邪気味で薬飲んで大人しく家にいたのに、身体はもとに戻っていなかったようでした。

夏のような気候で首にかけたタオルマフラーが絞れるほど汗をびっしょりかきました。
立花山荘で、実家から送ってきた甘夏3ヶをせっせと剥いて持参し、みんなで食べたのが美味しかったとこ!
持って行った水2Lは一日で全て飲み干しました。

塔ノ岳でランチタイム、おかずを広げて!

Img_2898
あれあれ~皆さん小食、
いつもランチを食べ過ぎる私とMさんAさんが当たり前のように広げたおかずに、驚いていました^^
勿論みなさんにもお裾分けして食べていただきましたよ。

Img_29331

ご飯を食べたら、いよいよシロヤシオの群生が見られる丹沢山へ向けて行きます。
今年は花が遅く、残念ながら咲いていませんでしたが、沢山蕾を付けていたので、満開になればそれは見事だろうと察しがつきました。

Img_2904

塔ノ岳から丹沢山への尾根道は、重なり合う丹沢の山々、遠くにぼんやり富士山が見え景色がよく、整備されたとても気持ちいい道でした。

Img_2922

Img_2908
Img_2911
丹沢は奥が深い、もっと奥の蛭ヶ岳にもいつか行ってみたいものです。その時は小屋止まりになるわね!Img_2914
塔ノ岳へ戻り、記念撮影をして、あとは下るだけ
あの因縁の「大倉尾根」を下るのです。
ストックにサポーターで膝をガード
それでも、やっぱり膝にきてしまったのでした。

Img_2906

鶴巻温泉で途中下車して、弘法の里湯で温泉に入り
ビールで乾杯、盛り蕎麦食べて、お喋りして
楽しい一日でした。

恒例「甘夏ママレード」

今年も実家から「甘夏」が届きました。

Img_2870

半日がかりで、「ママレード」作りました。

10ヶの甘夏を剥いて、剥いて、茹でこぼして

袋から実を丁寧に取り出し、種を取る

蜜柑の実に砂糖をまぶしておき

皮を無心に刻む刻むこと30分(これが一番手がかかる)

刻んだ皮を少量の塩をふり、揉み水洗い

ここまでが下準備 フー

Img_2863

鍋に刻んで揉んだ皮と少量の水を入れて30分程煮る

そこへ、砂糖をまぶした実を投入再び煮込む

3分の2になるまで煮詰めて、煮沸した瓶に詰める

大小12ヶの瓶詰めの出来上がりました。

Img_2877 

登山時のロープの使い方実地偏

12日の机上セミナーに続き、実地偏へ行ってきました。

飯能駅集合し天覧山へ移動

そこには5mほどの岩肌があり、すでに別のクライミング集団が練習していました。

Ca3a0050

まずは、ハーネスを装着し安全環付きカラビナを付けます。

地面から15cmほどを岩の横移動で足と手の使い方を訓練

次に、いよいよザイルをカラビナにつけて岩肌を登ります。

Ca3a0047 

三点確保して、身体を岩にくっつけないようにして、体重を右足、左足、と交互にしっかり乗せて、ひと足ひと足確実に登る。

腕の力でなく足で登るんだ!

登りより下りの方が難しい、でも怖がらずに岩から身体を離して、下を見て足場を確かめて、ほら出来た!

数回登ると、感がつかめてきた。
こりゃ面白い
もっと高い所に登ってみた~い

初めてにしてはなかなか筋が良いとお褒めをいただきました。

ハイキング・登山時のロープの使い方セミナー

ロープの使い方机上セミナーに参加してきました。

場所が四谷だったので、少し早めに行き
四谷「若葉」の鯛焼きを購入
若葉の鯛焼きは、一匹焼きで尻尾まであんこがたっぷり
美味しいのよ!って、鯛焼きの話じゃなくてbleah

今日のセミナー参加者は15名 講師3人

2mのザイルが用意され、それを使って結び方の練習

・ブーリン結び
・エイトノット
・クローブヒッチ
・フィッシャーマンズノット
・プルージック

何度も結んで覚えた!!
今日のところは!!

寝て起きたら覚えているだろうか・・・・

ザイルはお土産で頂いたので、毎日練習あるのみだ~!!

日曜日には実地で体験します。

武甲山~小持山~大持山 春の珍トリオ縦走山行 No.45

5月9日(日) 晴れ絶好の山日より

羊山公園の芝桜が山頂から見られるという情報を聞き
「武甲山」に行ってきました。

車を走らせ新宿南口へ
6時10分前に到着、二人にメールし待っていると、T君が電話しながらやってきました。

「Kちゃん、出口間違えて迷っているんだって!」

Kちゃんはとっても方向音痴、西口から出て、歩いて東口に行ってしまったのです。タカノの前にいるというので、そこを動くな命令だして、車で迎えに行きました。

ペコペコ頭をさげて謝る姿に大笑い(^O^)

朝一から、事件発生で今日は珍道中に違いないと確信
二人の呆けに、どう突っ込むかが私の大事な役割だ!

高速飛ばして、一路武甲山へ、秩父セメント工場を横目に進み一の鳥居駐車場に車を駐めます。

Img_2743

水や荷物を分担し、準備を整え出発~
川のせせらぎが聞こえ、新緑の道は気持ちがよく
ふたりの呆け具合も冴え渡ります。

ストック1本の普段着姿のおじいちゃんが、スタスタと私達を追い抜いて行きます。武甲山が70過ぎの健脚じいさんの散歩コースだとか!凄い!

2時間程で山頂に到着
本で調べたよりかなり早く登頂、朝の遅れを一気に取り戻しました。

御岳神社にお参り、ここの狛犬はどの狛犬も痩せていてスマート肋までが出ている、何か謂われがあるのでしょうが、なんだか可哀想な狛犬に見えました。

Img_2769

神殿の脇を進むと展望台があります。
そこからみごとな景色が広がっていました。
お目当ての「羊山公園の芝桜」が鮮やかなピンク色に浮き出ています。ちょっと小さいけどね

Img_2774_2 

そこで会った、ベテラン登山者らしきおじさんに、小持山、大持山縦走を奨められました。
行くか迷っていましたが、お奨めを聞いて行くこと決定です。

オバイケイソウが群生した、急坂をづんづん下りること高度215m

Img_2788

シラジクボから高度193m登ります。

Img_2793
小持山山頂付近には「アカヤシロ」咲き始めていました。

Img_2799

お昼には少し早いので、お奨めの大持山手前の絶景テラスまで縦走です。岩場あり、なだらかな尾根道ありの変化がある、とても気持ちの良い道でした。

Img_2806
テラスに着くと、目の前に絶景が!
四阿屋山 両神山 その奥に浅間山、北アルプスもぼんやりでしたが見えました。とにかく山並みが美しく感動です。

Img_2811

さ~ここで、お楽しみのランチ
ピリ辛ワカメスシメジスープを作り、おにぎりとだし巻き玉子、お漬け物を食べて、デザートにコーヒーをチーズケーキ
また食べ過ぎた~~~

Img_2817

1時間ちょっとのランチのの後、目の前の大持山を登頂、これで3つ山を制覇、ヤッター!

Img_28011

後は、ひたすら下りるのみ 一時間半ほどで下山

道の駅に寄りお土産買って、今日の温泉「満願の湯」へ
たっぷりかいた汗を流し、疲れた足をマッサージしました。
20L100円の温泉水をお土産に購入して帰路につきました。

高速道路のリニューアルした三芳パーキングエリアで夕飯を食べました。とってもお腹が空いていたので、今日はお蕎麦じゃありません。しっかりご飯物を食べました。

武甲山・大持・子持山を制覇し、今日の私の役割(突っ込み)は、そこそこ達成さたのではないかと思います。(^O^)

サマーカット

やっと気候も暖かくなり落ち着いてきました。

愛犬ミニチュアダックスフンドロングヘヤー「めんま」

Img_2693

ボサボサで、暑苦しい姿が目に付くこの頃

長い毛を全部刈り込んでサマーカットにしようね!

Img_2699

ロングヘヤーからスムースヘアーになった「めんま」は
ひとまわり小さくなって、別の犬みたい

Img_2713

とってもキュートで可愛いよ!

ワクワクの初北アルプス「燕岳山行」 No.44

山登りを始めて10ヶ月、ついに北アルプスに挑戦

5月2~3日燕山荘一泊で「燕岳」に登ってきました。

Img_25261

北アルプスの入門山といわれる「燕岳」ですが、北アルプス三代急登といわれる「合戦尾根」が私を待ち構えていました。

 中房温泉登山口からいきなりの急登、ぐんぐん登ります。凍った雪に注意しながら第一ベンチへ到着。ここでアイゼンを装着しました。

Img_24771
 12本爪アイゼンは初めてでしたが、凍った雪面をしっかり捕らえとても歩きやすく、滑ることもなく歩けました。

Img_2481
 
 傾斜がきついので、くるぶしとアキレス腱の間が非常に疲労して痛くなりました。

 第二ベンチ 第三ベンチ 富士見ベンチと丁度いい間隔で休憩場所が設置されていて、休憩できます。第二ベンチより上はベンチは雪の中でしたが!!

Img_2486

 富士見ベンチを過ぎると、明日行く「蛙岩」が見えてきました。

Img_2489

 下ってきた方に「まだまだだよ~頑張れ!」と言われて、どっと疲れが出ました。せめて「もう少しだよ、頑張れ!」と言ってほしかったわ。wobbly

 いつまでも続く急登に足はガクガク、ゆっくりゆっくり登って行くと、やっと「合戦小屋」に到着しました。

Img_2490

 半分雪に埋まった「合戦小屋」は登山者で大賑わいです。お昼にはかなり早いけれど、お腹が空いたのでランチにしました。サンドイッチとバナナを食べて栄養補給して、「燕山荘」までもう一踏ん張り頑張ります。

Img_2492

 「合戦小屋」から少し登ると、「槍ヶ岳」の先っぽが姿が見えてきました。初めて見る「生槍」に興奮気味なのに、身体はかなりヘロヘロでした。

Img_2498

 稜線へ出ると「燕山荘」が見えました。
すぐそこだ~と思いきや、最後の急登が待ち構えていました。

Img_2504
 足は鉛のように重く思うように進めない、泣きそうな気分、少し登っては立ち止まりの繰り返しで、目の前なのにとても遠い「燕山荘」です。

 「槍ヶ岳」が大きく見えてきて、頑張れと応援してくれているようでした。

Img_2503_2 

 ようやく燕山荘に到着、5時間かかりました。
目の前に広がるパノラマの山脈、指さしながら名前を教わり感無量でした。

Img_2509

 重い荷物を下ろしてコヒーブレイクしていると、お部屋の案内です。ザックを担いで新館へ移動、その時まさかの試練が訪れました。宝塚の長階段を想像させる階段があり、疲れた足にとどめを刺されました。sad

 午後からは、燕岳山頂へカメラだけ持って出発です。荷物が無いってなんて楽なの、撮影気分でルンルン登頂

Img_2531
 
 自己最高峰2763mから眺める北アルプスは最高でした。遠くには、浅間山、八ヶ岳もぼんやり見えていました。残念ながら富士山は霞の中でしたが、北アルプス裏銀座、白馬連峰、鹿島槍、本で見たものが目の前に広がって感動です。

Img_2533

Img_2524  

 小屋に戻り夕食までワインタイム~♪ワイングラスでロゼワイン、談話室で同席したふた組の夫婦と話が弾みました。これも山小屋泊の楽しみのひとつです。

Img_2544

 5時に夕食、日の入りまで暫し部屋で横になり、そろそろと出て行くと日の入りに遅刻、寸前で太陽が山に隠れてしまいました。それでも赤く染まる小焼けを撮って、明日の御来光にかけました。

Img_2549

 麓は春でも山頂は冬、敷き布団とブレースサーモの寝袋と毛布、これで寒くないのかと心配しながら床につくと、段々と暑くなって、寝袋の中でゴソゴソと靴下脱ぎ、ズボン脱ぎ、サポートタイツ脱ぎ、フリース脱ぎ、やっと落ち着き眠れました。

 朝4時、向かいの関西の二人組お祖父ちゃんの4時だよの声で目が覚め、御来光を撮るために起床しバッチリ撮影出来ました。

Img_2565_2  Img_2591

 5時に朝食、コーヒーを飲みながら出発する登山者を見送り、8時に「蛙岩」へ向かいました。

Img_2606

昨日より空が青く良い天気です。車で登山口に向かう途中で「カモシカ」で出会ったのに続き「雷鳥」「星烏」にも会えて、ラッキーでした。

Img_2622

Img_2597

 小屋へ戻りビールで乾杯「旨い!」乾いた喉に染み渡っていきました。

Img_2651

早めの昼食に小屋のカレーライスを注文し外のベンチで食べました。

Img_2662
 名残惜しいけれど。下山の時間がきました。後ろ髪引かれる思いで、急登をゆっくり降りていきました。

Img_2666

 登り5時間、下り3時間、降りるのは早いな~coldsweats01

下山後、温泉に入り、安曇野蕎麦を食べて帰路につきました。

Img_2680

 初めての北アルプスは、お天気に恵まれ最高の山行になりました。

今回、車の運転と専属ガイドをしてくれた友に感謝です。ありがとうhappy01

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天