« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

泣いて目を覚ますと

今朝、夢を見ました。

母が煙草を買ってきて吸っています。

その隣で、亡き夫も満足げに煙草を吸っているのです。

「何で煙草なんて吸ってるの!肺癌で死んじゃうのに!!」

そのとたん、涙が溢れ大泣きして目が覚めました。

すると隣で寝ていた猫「ルト」が、頬を流れる涙を前足でそっと拭いてくれたのです。

私が寂しくなると何気に寄って来て、どうしたの大丈夫という顔をする優しい子

Img_0238

ありがとう「ルト」大好きよ

上州武尊山 この冬初アイゼン山行 No.66

11月27日(土)晴れ 

4時マイカーで出発、所沢で山友さんと待ち合わせして上州武尊山に向かう

空はどんより、雨走行注意の警告が・・・予報では晴れなんだけど
水上に近づくにつれて、夜が明け雲が取れ晴れてきました。
やったsign01日頃の行いがいいからねぇ~happy01

武尊橋を過ぎて暫く走ると、この先通行禁止の看板、どうするsign02
車止めをちょいとずらして、林道を前進、ここからは自己責任sign03
武尊神社から先未舗装林道を進むと5台ほどの駐車スペースがありました。

武尊神社~宝大樹尾根コース~武尊山~剣が峰山~武尊神社

尾根に出ると霧氷がキラキラと光り美しい
Img_0024
足元が凍ってきたので、この冬初アイゼン装着
先日買ったスパッツに、アイゼンなかなか決まっているじゃんup

Img_0009_21_large_2
 
この先、凍った鎖場に初挑戦となります。
一歩一歩足場を確かめながら、鎖も使って登ります。
アイスクライミング気分で楽しいsmile
16_large_2

山頂に着くと、先客が3人同じ場所に駐車した方だでした。
早速、シートを広げて「煮込みうどん」を作ってランチ
冬山での温かい食事はありがたいですhappy01
6_largeImg_0035

食後はホットレモン飲みながら、地図を広げて山を指さし確認

Img_0038_2Img_0039

Img_0041Img_0042

至仏山、燧ヶ岳、日光白根山、皇海山、赤城山、浅間山、四阿山、草津白根山、榛名山、谷川岳、巻機山、まさにパノラマ絶景
残念ながら富士山は見えませんでした。

一時間半もランチ休憩した後は、山頂直下のザレた急坂を下り、剣が峰を目指して歩きます。ふり返ると山肌の木々が白い霧氷の花を咲かせ美しく、青い空に遠くに山々が見え、楽しい尾根歩きです。

Img_0033_2

剣が峰直下は雪が残りザクザク凍った急登、午後の日差しが足長の影を演出してくれました。
Img_0052 Img_0029_2
ここからは、凍った急坂に木の根がむき出しの嫌らしい道、アイゼンを引っかけないよう注意しながらひたすら下るのみ。武尊沢の水場は凍って氷柱ができていました。

登り3時間、下り3時間の周回コース、楽しい山行でした。

水上町営「湯テルメ谷川」で温まり、赤城高原SAで味噌ラーメンを食べて、高速道路渋滞無しでスイスイと帰宅しました。

困ったお歳暮

先日帰宅すると、机の上にお歳暮が

アサヒビールらしき包装の箱と
スパーバッグに「ぷるんぷるんQoo」ゼリー飲料が11個?????

熨斗には「O井」と名前が書かれているけど
O井さんなんて、お付き合いがない、誰?
だいたいお歳暮なんてここ数年もらうこと無かったんだから

息子に聞くと、玄関ドアの前に置いてあったと言うではないか

メモのなければ、連絡もない、誰からか解らないお歳暮
どうすりゃいいの~~~~

おばーちゃんが聞いていたかもしれないけど、
覚えている訳もない認知症だもん

あ~~~困ったgawk

乾徳山 小春日和山行 No.65

11月21日 山梨県乾徳山に行ってきました。

5時山友さんのお迎えの車で出発~
首都高から、まん丸お月様と高層ビルが見え映画みたい!

勝沼ICで降り、塩山を抜け、太平林道を進み太平登山口に向かいました。
登山口に着くと、烏がいっぱい気持ち悪っ!!
でもでも、空はピーカンの青い空、風も無い小春日和です。

今日は、山頂まで短時間で登れるラクチンコースで歩きます。
尾根道を歩くはずが、分岐で進む方向を間違えて尾根の下を歩いてるのに気がつき、尾根まで枯れた草をかき分け、鹿のフンがいっぱいある獣道を尾根まで直答藪漕ぎ。ふり返ると富士山が見えました。
Img_0006_2  
扇平でひと休みと思ったら、団体さんがいたので、この先の鎖で延々待たされるのはいやだったので、写真だけ撮って先に進みました。
Img_0015

扇平から先は、岩が多くなり鎖場がでてきます。
一つめ二つめは、鎖使わず登って、クライミング気分
切り立った岩を越え、富士山、南アルプスを眺め、こんなもん?!
いえいえ、メインイベントはこの先、山頂直下にある20mの鎖
石がツルツルで足が滑るので、2回ほど鎖につかまって登りました。
Img_0028_2 Img_0029
Img_0042 Img_0048

山頂から雲ひとつ無い真っ青な空、富士山、
Img_0025
南アルプス
Img_0021
甲武信岳、破風山、大菩薩、地図を広げて確認し、絶景を堪能
Img_0054
昼食には早いので、今回も最近こっている「ぜんざい」を温め小腹を満たし、北へ向かう岩場を降りて、乾徳山周遊コースを下りました。
Img_0060
何度も地図を広げ、地形と地図を照らし合わせて地図読み練習しながら下り、高原ヒュッテでお昼にしました。

「ホットサンド」「コーンスープ」「コーヒー」「サラダ」ピクニック気分でハッピーランチ
Img_0061
風も無く、小春日和であまりにも気持ちいいので、グランドシートに横になりちょっとだけお昼寝、う~ん天国だ♪

国師ヶ原から道尾根コースに進み、太平登山口へと富士山を見ながらのんびり下山

駐車した道に落ちていたゴミを拾って一日一善^^

急いだところで、中央高速は渋滞するので、ほったらかしの湯に立ち寄り汗を流しまた。
富士山、夕やけ、大きな満月、日が暮れて街の夜景も見て、いつもよりちょっぴり長めの入浴でした。

〆に「キノコほうとう」を食べて帰路につきました。
Img_0070
が、やっぱり込んでるんでる中央高速、なんとかならんかねぇ~!

冬山仕度

今日は寒いね~

いよいよ冬到来

そんじゃ、ちょっと冬山の準備をしときましょうupwardright

山友さんから教えてもらった知恵を真似してsmile

インナー手袋にヘアゴムを縫い付ける。
ヘアゴムを腕に通して手袋をはめる、素手で作業したい時無造作に外しても、手首にぶら下がってくれるので、なくさない、落とさない仕掛けsign03

もう一つは、雪山用グローブも同じ原理
こちらは、ヘアゴムでなく化繊の紐にロープストッパーを付ける。
一対あれば、付け替えで他のグローブにも使える

Img_0112

なかなか良いジャン(^0^* オッホホ

Img_0111

もう一つ、山食で使う、箸類をひとまとめにするグッズ
どうよ、これで、箸もスプーンもナイフもライターもザックの中で迷子にならないぞ~up

瑞牆山 さくっと山行 No.64

11月14日(日) 曇り

週末の山行をテント泊から日帰りに大幅変更、
kちゃんを誘って「瑞垣山」て行ってきました。

新宿でKちゃんを拾って、マイカーで中央高速須玉ICへ快走
登山口へ向う県道は紅葉真っ盛り、紅葉のは里まで下りてきていました。

Img_0080_2

登山口から白樺の斜面を登ると、葉の落ちた木々の向こうに瑞垣山が見えました。樹林帯を進み水場を過ぎると、金峰山との分岐、富士見平へ着きました。

富 士見平から瑞垣山方面へ進むと、天鳥沢へ向かって50m程標高を下げる急な下り、沢を渡ると真っ二つに割れた「桃太郎岩」を左に見て木製の梯子というより 階段を登ります。ここからは、所々ロープがあったり、多いな岩(石)を巻いたり登ったりしながら進みます。途中で視界が開け富士山が、雲っていたので諦め ていたのでヤッターと大喜び!

Img_0014
目の前には大ヤスリ岩(カミソリ岩)が、よく見ると、残留ロープを見つけ、ここ登れんだ~!クライミングしたい^^なんて!
残念ながら、今日はクライマーの姿はありませんでした。

シャクナゲの群生を過ぎて、ロープの掛かった岩を登って少し歩くと目の前が開けて岩綾の山頂に到着しました。

雲っていたものの、眼下の紅葉とパノラマの絶景が目前に広がっていました。
富士山・南アルプス・八ヶ岳・金峰山・小川山、360度

Img_0023
八ヶ岳の真上にぽっこり浮雲も見られてラッキー!

Img_0024

ランチは~スパゲティーと胡桃パンとリンゴの予定でしたが、登山口で食べた「ミニあんパン2ヶ」のせいか、お腹が空かないので、お湯を沸かし、日本茶におにぎりとKちゃんが持ってきた唐揚げとバナナで終了、久々の簡単ランチでした。

食べて一息ついたら、今度は下だって温泉だ!
マラソンやってるKちゃん、脚力体力あるね~
ふたりでとっとこ歩いて下山

登り 2時間20分
下り 1時間30分 これって早くない~
あ・た・いも 体力ついたなぁ~

瑞垣山荘でピンバッチを購入、この時お店方が一言
「半袖姿の方は、今日初めてです。」
「私も半袖の人彼女だけしか見てません~」
Kちゃは、暑いからと上着も長袖シャツも脱いでTシャツ姿だったのです!

本谷川渓谷紅葉の道を走り「増富の湯」へ
Img_0059 Img_0072

源 泉温度が低いこの温泉は、35度、30度、25度の源泉の湯船があります。普通の湯船でカラダを温めて、25度の湯船に浸かってみました。冷た い~~~梅雨時の屋外プールに入る時のような感覚、暫くすると慣れてきて鳥肌もおさまりました。湯治に時々来るという先に浸かっていた方から、入り方のお 話をうかがいながら5分ほどで上がって、温かいお湯に浸かりなおしました。

東北で入った、「ぬるゆ温泉」より冷たい温泉、夏はいいだろうな~

小腹が空いたので、駐車場で「ぜんざい」を温めておやつ♪
3回連続、山おやつ「ぜんざい」です!

この後、高速の人となり、いつもの小仏~談合坂~調布の渋滞に巻き込まれ帰宅したのでした。

キムチ鍋とイクラ味

冬は鍋が一番sign01

作るも食べるもラクチンだもん
ってことで、今夜はキムチ鍋だ~note

昆布と煮干しで出汁取って

大根、白菜、長ネギ、キノコ、少量のキムチの素入れて下煮

キムチと豚肉をごま油で炒めるて鍋にぶち込む ここ重要sign03

ニラともやしと豆腐を入れて一煮立ち

さ~召し上がれ

Img_0115
ちょっと待った!ここで裏技sign03

取り皿に練り胡麻ティースプーン1杯入れて、おつゆで溶いて召し上がれ、コクが出て、まろやかになるよhappy01

突然何を思ったか、食後にイクラを食べると言いだした息子sign02

おもむろに、海苔を取り出さし、蜜柑を巻いて醤油につけて食べる。
「お~イクラだ!」大袈裟に驚いてみせるので
それじゃと、いっちょ挑戦してみる、確かにイクラの感じがするupwardright

Img_0116

醤油たっぷりめにつけて食べてみて、海苔巻きイクラの味がするよ!お試しあれ

ついつい買っちゃう山用品!

二日間、お天気いいのに家に籠もって仕事した。

わ~もうダメ、我慢出来ないwobbly
発狂しそうなので、「熊鈴」を買いに神保町へ行ってきたよ~

今週末行く山にも熊が出るらしい
「熊鈴」は、高い音色の物がいいらしく、音止めが付いているのが便利らしい
いい感じのを見つけた。

目的は「熊鈴」だったけど、見てると欲しくなるのが人情
雪山用のスパッツを試着、いい感じじゃない~一割引だし買っちゃえsign03

マグカップも二層式で取っ手が折りたためるのが欲しかった。ホントはチタンのが欲しかったけど、あまりに高いのでお値段が三分の一のステンレス製にして、ガスをプラス
これは、ポイントで買ったのでま~いいかup

Img_0113
山の道具や服、もう買わないと決めても、必要な物が次から次へと出てきてしまう
子供の目に止まらないように、押し入れにさっさとしまっておきましょう
見つかったら「また買ったのsign01」と言われちゃうからねcoldsweats01

一の酉とスカイツリー

11月7日(日)鷲神社 一の酉へ友達を案内しました。

浅草駅で待ち合わせまずは、隅田川沿いをスカイツリーを見ながら撮影

Img_0053
黄金のスカイツリースポットで、地元のカメラおじさんの自慢と講釈を聞いて

Img_0059_2
浅草寺でお参りして、鳶神社へ向かいました。

Img_0067
酉の市は日曜日に重なったため、いつもに増して大賑わい、参拝の行列に並ぶこと1時間、ひとりだったら、絶対並ばないで帰った事間違いなしです。

Img_0071
熊手のお買い上げの度、あちこちで起こる三本締め、この雰囲気が好きだわ~

Img_0081
屋台で焼き鳥、おでん食べて、ベビーカステラ食べながら、七味とんがらしや飴細工の職人技を見て、お祭り気分を満喫したお酉様でした。

Img_0090 Img_0091
Img_0098 Img_0103

それにしても、お酉様といえば寒い印象が多いのに、今年は暖かくて何か変~~

焼き肉山行 両神山 No.63

11月6日(土) ピーカンのお天気

紅葉を期待しつつ車を走らせ八丁峠登山口へ
林道の楓が真っ赤に色づき、気分上昇

登 山口は、八丁峠コース登山口でなくて、立ち入り禁止の札をまたいで、両神山(剣が峰)へサクッと登れる道、標識もなく道迷いしやすいためか、禁止になって いるようです。何箇所か滑落しやすいところもありました。「下りに使うと確かに道迷いしやすいし急だから登りに使った方がいいね」なんて話してたら、5人 程のパーティーが下ってきました。

1時間半ほどで山頂へ、すでに多くの人で賑わっていました。
雲ひとつ無い青い空、富士山が遠くに、八ヶ岳も見えます。
重なり合う山並みが美しい~
Img_00061
記念写真を撮って早めのランチタイム、今日は焼き肉ランチで~す。
ノンアルコールビールで乾杯、カルビを焼いてレタスに巻いて!
ネギもキノコもピーマンも焼いちゃうよ
うま~い!山頂焼き肉最高~!
食後にコーヒー入れてこれまた美味しい^^

Img_0016

下りは八丁峠コースで、岩岩、鎖、尾根歩き、大好き~♪
小さなピークを登って下って繰り返し
剣が峰~前東岳~東岳~西岳~行蔵坊~八丁峠

Img_0018


紅葉は山頂付近は終わっていて、1300m辺りが盛り
東岳から「舟ガババ」とう変わった名前のぽっこりした山の向こうから沢に向かって広がる紅葉が綺麗でした。
Img_0030
Img_0032_2
行蔵坊の鎖場の下りで手こずっている、若者に「ガンバ!!」と声を掛け、お先に失礼と追い越して、八丁峠からフワフワの落ち葉の道をづんづん下って上落合橋登山口到着

落合橋に移動し、ぜんざいを温め食べていると、若者ふたりが降りてきました。「お疲れ様~」と声を掛けしばしおしゃべり、こんな風に人と気軽にふれ合えるっていいね。

今回の失敗
またしても、モンベルの青いハンカチ、剣が峰山頂に置いてきちゃった。これから両神山に行かれる方、八丁峠コース標識上のテラス辺りでNONと名前が書かれたハンカチを見つけた方は、保護してください~(⌒ ⌒)(_ _)ぺこ

まったり山行 甘利山 No.62

1月3日 甘利山・奥甘利山・千頭星山

先週末雨で山行中止になったので、ウズウズしてきて
軽めにサクッと行ける「甘利山」に行ってきました。

5時にマイカーで出発
首都高も中央道もガラガラ、小仏まで1時間しかからない
待ち合わせの韮崎ICに7時15分到着

甘利山登山口まではくねくねの山道
こんな道を走るのも慣れてきました。

コース距離7.6km 累積標高差658mと軽い、まったり、ゆったり山行です。

Img_0169

甘利山から千頭星山へ向かう途中の笹が生い茂る尾根道で、
ランチににはまだ早いので、お手製のぜんざいにお餅をいれて温めおやつにしました。

Img_0172_2

千頭星山頂は森の中

Img_0174
この先へと歩いていくと鳳凰三山まで行けます。かなり距離がありますが!鳳凰三山を眺め、来年は登ろうと盛り上がり来た道を戻りました。

Img_0178

奥甘利山のピークを踏んで、甘利山へ戻り、キムチ鍋ランチを食べました。

Img_0202

お天気が良くても、ちょっと風が吹くと寒い、
鳳凰三山も八ヶ岳も富士山も雪をかぶっていました。
山はもう冬なんですね。

Img_0212

青い空に紅葉 富士山も一日中姿を見せてくれて、
お喋りしながら、写真撮りながら、ゆったりまったり山行
楽しかった~^^

まったり猫

急に寒くなってエアコンをつけた。

猫用に座布団を出してあげた。

3匹が部屋に集まってきた。

まったりお昼寝してる。

その姿を見てるだけで癒される。

Img_0124

Img_0126

Img_0129

ゴロゴロ喉をならして媚びてくる。

お膝に乗ってきてうたた寝する。

温かいわ


名前を呼ぶと「ニャン」と返事する。

呼ぶと飛んでやってくる。

なんて可愛い子



私やっぱり猫が好き(=^^=)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天