« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

恒例「甘夏ママレード」

今年も、実家で取れた甘夏が届いた。

それでは、恒例「甘夏ママレード」を作りましょう。

10ヶの甘夏を束子でゴシゴシ洗って

006
皮をむいて、茹でで刻んで、実を袋から外して

フー この下ごしらえが手がかかる

 

苦みを取る為、刻んだ皮を数回茹でこぼしす。

この間に、ランチ食べる。
夕べの残り物おかず「チ-ズカツ」でサンドイッチ&ヨーグルト

007

下ゆでした皮と実と砂糖と蜂蜜を入れて煮込む、

ちなみに蜂蜜も実家で取れたもの、ミカンの花の蜂蜜、相性がいいはずsign01

009

半日がかりで、大小9ヶの瓶にママレードができました。

010

作り方は過去のブログをご覧下さい。
http://nonbiriina.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-414e.html
 

今年初沢 丹沢葛葉川本谷 2011.05.22

今年の目標のひとつである「沢登り」に挑戦してきました。

丹沢葛葉川本谷は、表尾根二ノ塔と三ノ塔の間から流出している沢登り入門の沢

山の会のメンバー8人のうち初心者4人 紅一点でした。

名水「葛葉の泉」で、ネオプレーンの靴下履いて、膝当てつけて、沢靴初おろしです。

バシャバシャと沢を気持ちよく歩いて

Cimg1839
最初の滝(F1)5mを右から登る。

008
小滝をいくつも登り、

Dsc05382
ちょい長い滝はスリングで補助、

Dsc05380  
滑って危なそうな滝はロープを出してもらいマッシャーで安全に登攀。

021

足の付け根まで水につかったり

009
シャワークライミングあり、変化に富んだルートで楽しかった。

016

沢を登り詰める頃には、太陽が陰り、霧がでてきて、寒くなりカッパを着用
沢から、登山道へ出るルートは急登で、沢登りより疲れました。

三ノ塔手前に出た頃には、雨がぽつぽつ降り始め、幻想的な霧の風景が広がっていました。

042

一時間で登山道を下り、「葛葉の泉」へ怪我もなく無事下山

その後、ホルモン焼き屋さんで、打ち上げして再び盛り上がり、帰路につきました。

この夏、沢の水をバシャバシャしながら沢登り、楽しそうでワクワクします。

 

久しぶりの外岩クライミング

2011年5月18日 藤坂ロックガーデン

初夏のような暑さの中、久しぶりに外岩に登って来ました。

車で家から1時間半で行ける栃木県にある「藤坂ロックガーデン」は、奥多摩へ行くより近く、駐車場から徒歩10分かからなく、空いているのが魅力です。

最初にレスキューの構築の練習、前日に練習しておかなかったら、かなり忘れていて、師匠から、「これじゃ一緒に登れないな~命預けられないよ!」とダメだしwobbly
これじゃホントにダメダメ、お家で練習しようと心に誓ったのでした。

Imgp1223
今回外岩デビューのスガちゃん、緊張の面持ちで、師匠から、ロープの扱い方、結び方、懸垂下降を教わり、頑張ってました。

Imgp1237

私も去年、師匠から手取足取り教わったなぁ~
無償で教えてくださる、師匠に感謝の気持ちでいっぱいです。

1本目は、緊張気味にセカンドで、2ピッチ目をリードで登り、身体が思い出した感じ。
お昼はさんで、2ピッチを2本登って今日はこれでお終いにしました。

Imgp1236

新緑が眩しく、風がそよそよ吹き、気持ちいいクライミングでした。

Imgp1228

4時過ぎに帰路につき、6時帰宅、ご飯の支度にばっちり間に合いました。
平日の山は、早めに帰ってご飯作らなきゃ、息子に怒られるからねbleah

 

北八ヶ岳 女ふたりテント泊山行 こぼれ話

北八ヶ岳でテント泊山行を計画した時のことです。

テン場を白駒池の畔「青苔荘」、駐車場から徒歩15分でベースキャンプにぴったりと決めていました。しかし、ネットで調べていると、評判があまり良くない。どするか悩んだけれど、立地条件のよさで「青苔荘」に決め行ってみました。

「青苔荘」のおじさん、ネット上で言われているような偏屈なイヤな感じなんて全然ない、至って普通の方、それどころか、「朝は水が凍るから、夜のうちに汲んどいた方がいいよ!」と教えてくれました。

テン場だだって、至って普通、トイレが汚いなどの書き込みがありました。立派な建物ではなく明かりも無いけど綺麗に掃除されていていました。

何の問題もないのに、何故sign02

 

おそらく、オートキャンプ場や綺麗な設備のキャンプ場しか利用したことない人が、それと比べてサービスが悪い、設備が悪いと言っているのではないかと考えました。

登山をする私達にとって、ぽっとんトイレで電気がないのは当たり前、ヘッドライト、紙は持参が常識、その辺のマナーが解ってない方が、酷い書き込みをするのでしょう。

テント場、ひとり650円に何を望んでキャンプするのでしょう?
不便を楽しみ、自然を楽しむ為にはちょうど良いと思います。

「青苔荘」のおじさんの話では、テントのお客はめっきり減って、夏場でも10張りあればいい方だとか!
ネットでの風評被害じゃないかとふと思いました。

 

白駒池「青苔荘」の名誉のために、私は声を大にして言いたい

「青苔荘」はいいテン場だ~

北八ヶ岳 女ふたりテント泊山行 2011.5.14~15

朝4時、車に荷物を積み込み出発
目指すは、北八ヶ岳「麦草峠」

今回は、以前からテン泊の約束をしていたSさんとテント泊山行
白駒池の「青苔荘」テン場をベースに北八を歩きました。

14日 麦草峠~茶臼山~縞枯山~雨池峠~雨池~麦草峠~白駒池

早朝の登山道は、流れ込んだ雪解け水が凍って、綺麗な氷の結晶がありました。

011
残雪のシラビソの林には鳥の声が響き、時折声の主が姿を見せてくれました。

025
雨池へ続く木道でランチ、今回は「男飯」(映画「岳」の影響をすぐ受けるbleah
大きめ「おにぎり」と「キュウリとセロリのお漬け物」
これが旨いんだわ~

029

麦草峠へ戻り、白駒池「青苔荘」にテントを張る。
私達以外誰もいない貸し切りのテン場up
それぞれのテントを張ったら、Sさんのテントで夕食です。
私は、東北旅で見つけた「カレーうーめん」を作り、Sさんは空豆やウインナーやキノコを焼いてくれて小宴会、山の話で盛り上がりました。

033034

7時過ぎには、シュラフに潜り込み就寝、しかし、さすが北八寒い!
迷っ たあげくに、モンベル3#シュラフにした私は寒くて何度も目が覚めうまく眠れません。0時を過ぎた頃に意を決してトイレに外へでると、雲ひとつ無い空にお月様と星が瞬き、寒いけど得した気分でした。その後、ホカロン出して、タイツ、靴下2枚履いてやっと眠れました。

 

15日 白駒池~にゅう~中山峠~東天狗~西天狗~東天狗~黒百合ヒュッテ~高見石~白駒池

5時前に起きて朝食、おじやと味噌汁を食べ6時出発
今日は雲ひとつなく、風も少ない、絶好の登山日和sun

039_3  
早朝の白駒池は静かで気持ちいいup
苔むした林はまだ半分以上雪の下に眠っている
そんな林の中を「にゅう」に向かって歩いていると、赤テープを見失い、少々藪こぎ、コースより左に行ってしまったことが解り軌道修正し無事「にゅう」へ到着、遠くに富士山が見えました。

050b

「東天狗岳」10時に山友さんと待ち合わせしていたのですが、雪が多くアイゼン付けたり外したりしながらで40分の遅刻、それでも写真好き山友さんは待っていてくれました。

写真好き山友さん、カメラ3台と三脚、2リットルのお茶のペットボトル持っての登山、重そう~凄すぎsign01

063
Sさんは待っていると言うので、ひとりでカメラだけ持って「西天狗岳」を30分でサクッと往復。

黒百合ヒュッテまでの岩岩した道をひょいひょい下っていると、山友さんが「太陽の周りに輪っかができてるよ!」と教えてくれました。

076

これは、GWに月山で見た「日暈」、なんと今年2回目!
吉兆を表すと言われている自然現象、何か良いことあるかもしれません、宝くじでもかいましょうかhappy01

071073

すり鉢池を過ぎて暫くすると、黒百合ヒュッテを見下ろす急坂の残雪をシリセードで滑ってランチタイム!

079
またしても誰も居ない貸し切り状態で「黒百合ヒュッテ」で昼食を食べて、山友さんと別れ、青苔荘へ戻り、テント撤収

温泉spaへ入って、お蕎麦を食べて帰路につきました。

今年の八ヶ岳は、震災の影響か観光客も登山者も激減しているそうです。
お陰で静かな北八ヶ岳を堪能できましたが・・・

お天気とパートナーに恵まれ、楽しく充実した山行でした。happy01

 

今日のランチ

お昼にラーメン作って食べました。

麺は、手もみ縮れ麺

004
スープは、アゴ出汁ラーメンつゆ

トッピングは、煮豚、蕨のナムル、キムチ、ネギ

外ではラーメン食べないのは、我が家で作るラーメンが安くて美味しいからよ^^

母の日

母の日に、生まれて初めて、子供からカーネーションをもらったの
それも、気が利かない方の息子から

犬の散歩から帰ってくるなり、「お母さんこれ」って
「お母さんにくれるのsign02」って当たり前なのに聞いてしまった。

嬉しくて、驚いて、目が丸くなっちゃいました。up

私は、両方の母親にカーネーションの鉢植えを送りました。

田舎の母は、とても嬉しそうに電話をくれ、
今度帰ってきたら、温泉へ行こうと誘ってくれました。

姑の方は、認知症だから、花をみても私があげたことさえ覚えてない
それでも、綺麗ねと言ってくれるから良しとしましょう。

004

気の利かない次男がくれた一輪のカーネーションとかすみ草
自分の部屋に飾りました。

見る度に、つい笑みが浮かんでしまいます。

 

山菜料理

東北で収穫した山菜と、お土産でもらったキノコの瓶詰めと、姫タケノコの缶詰を使って、山菜料理を毎日食べています。
今日は、私が作った山菜料理のご披露します。happy01

自分で取ったは、重曹で灰汁抜きに初挑戦
ゆで加減も灰汁抜きも大成功でした。
かなりの量ががあったので、灰汁抜きした後ご近所さんに配り喜ばれました。

Ponさんに教わった、めんつゆに一晩つけたものと
近所の仲良しのおば様に教えていただいたナムルを作りました。

蕨ナムルの作り方

3cm程に切ったをボールに入れ、胡椒少々と、塩、ごま油、すり胡麻、隠し味に醤油少しを適当に入れて手でやさいしく混ぜるだけ、好みで一味をいれても味がしまって美味しいです。塩は味をみならが入れれば失敗しないでしょう。
冷蔵庫で一週間ほど保つそうです。

003                  左がめんつゆ漬け 右がナムル 

「うるい」はきれいに洗って、塩ゆでにして
「おひたし」と、お土産にいただいたゆず味噌で「ゆず味噌和え」にしました。

002            左が蕨ナムル  右がうるいの柚味噌和え 

「タラの芽」は、定番の天ぷら、塩でいただきました。

082             左がうるいのおひたし  右がタラの芽とアイコの天ぷら

蔵王のキノコ取り名人Hさんが去年秋に取って、瓶詰め缶詰にして保存していた大事なキノコとヒメタケノコのお土産でキノコ汁にも挑戦しました。

005
006
旨いのなんのって、天然物のキノコは味が濃くてとても美味、キノコがこんなに美味しいとは思いませんでした。家族にも大好評でした。

山菜・きのこの美味しさを、教えてくださった。山友さんに感謝です。

 



東北復興協力 視察と山菜取り編  

5月5日ボランティアは叶わなかったので、宮城の山友Hさんの案内で、震災の爪痕を見に仙台空港へ行ってみました。

山間部は被害は少なかったそうですが、瓦屋根が壊れた家が多く、未だにブルーシートを屋根の上に敷いたままの家が目につきました。

仙台航空滑走路に流された車が、空港脇に山積みにされています。
車のつぶれた様子だけでも、津波の破壊力の凄さがわかりました。

063
幹線道路からは、瓦礫が撤去されスムーズに走れますが、田んぼには車や瓦礫が散乱したまま手つかずでした。
潮水が入り込んだため、田植えは出来ないそうです。この先どのようにして稲作ができる状態へ持ってゆくいのでしょう?!

071
要所 要所でゲートがあり、関係者以外は入れないように警察や消防団が警戒しています。自衛隊が瓦礫の撤去作業する姿を見ることができ、彼らの力強さに感謝感激しました。

069
仙台空港から相馬へ向かう高速道路を隔てて、津波の被害の違いが見てとれました。高速から海まで津波が見事に建物も防風林さえもさらってしまい、見渡すばかりの平地となっていました。
何度もテレビで見た映像を目の当たりにして、言葉を無くしてしまいました。

そんな荒れ果てた中でも、植物は生長し、花を咲かせていました。


午後からは、山友Hさんの秘密の場所にと山菜取りに行きました。
ニリンソウの群生地を抜け、藪井こぎしながら「タラの芽」を取り、蕨が沢山取れるという南斜面へ登って行くと、有るは有るは蕨がいっぱい、短時間ででっかいスーパーバッグいっぱいになりました。
「蕨」の他に、「うるい」「あいこ」「もみじそう」取れました。
「ニリンソウ」「カタクリ」も食べられるそうで、同行したSさんはそれも取っていました。

山菜取りは楽しくて、これも癖になりそうです。
もっとも、山菜・キノコ取り名人Hさんの案内があってのことですけれどねhappy01

075
宿に帰り、山菜を二人で山分けし、温泉に入って疲れをとり
翌朝、東京へと車を走らせ、四泊五日東北旅は終わりとなりました。

 

東北復興協力 山スキー編

2011年5月2日~6日 
宮城の山友さんを訪ねて、東北へ行ってきました。

山遊びとボランティアの予定でしたが、GWボランティアは多くの人が来るので、個人でのボランティアは難しく、東北でお金を使って復興の協力することになりました。

2日は、福島西インターで9時待ち合わせし吾妻山へ

002
磐梯吾妻スカイラインで浄土平先の先の駐車場から、スキーを履き一切経山を目指します。

Imgp1168
晴れてはいますが風が強く、時々身体を持っていかれそうになる強風にあおられるので、山頂を諦め、避難小屋でパンで軽めにランチを取って下りました。

Imgp1171

下山後、水芭蕉を見に土湯温泉の男沼、仁田沼へ行きました。

025
水芭蕉の群生、オバイケイソウ、イチロンソウ、カタクリ、水仙、桜、ヤマブキが咲き乱れ、麓は春でいっぱいでした。

037 012

福島駅内の魚市場直営店で市場丼880円安くて美味しい夕食を食べて、今宵の宿へ移動

宮城の鎌先温泉「最上屋」は100年の歴史がある温泉宿
温泉は厳選掛け流し、鉄分が多いまったりしたお湯です。
三泊素泊まりでお世話になりました。

翌日から、宮城の山友さん三人と合流し、一泊2日で月山で山スキーです。

3日はスキー場~姥ヶ岳~湯殿山~ネイチャセンターのコース

さすが東北の山友さん、スキーは上手いし、健脚です。
山スキー初心者の私達にイヤな顔ひとつしないで、丁寧に教えてくださいました。
なんせ、私スキーはヘタッピなもんでbleah

リフトに乗っているとアナウンスが、空を見上げると
太陽の周りに丸い雲ができ、ダイヤモンドリングになっています。

Imgp1182Imgp1183

そのうち、太陽を囲むように虹ができました。日暈という珍しい気象現象です。
リフトを降りると水平環も出ていました。

Imgp1179 Imgp1177
板にシールを付けて、ティーバーの横を直登
姥ヶ岳でシール外し滑り下って、再びシール付けて湯殿山へ登り返して、デポしておいた駐車場まで滑りおりました。

Imgp1202
今宵の宿は大井沢の民宿「さくお」、美味しい山菜料理を食べて大宴会の大盛り上がりでした。

046
4日は、品倉山北尾根~濁沢~湯殿山スキー場コース
それはそれは、素晴らしい雪景色、日本でないような風景に感動です。

Imgp1210
両側が切れ落ちたナイフリッジを慎重に滑ったり、地震で出来た亀裂を避けたり乗り越えたり、スリル満点の7キロのコースでした。

Imgp1211

亀裂の落とし穴に片足突っ込んだり、急斜面で大ゴケして三分の一ほどお尻で滑って、お尻に青あざできたけど、めちゃくちゃ楽しい山スキーでした。

Imgp1209

宮城の山友さんとの出会いが、山スキーへと発展して、

新しい、雪山の楽しみが増えました。
スキーヘタッピなあたし、来シーズンは上手になって
もっと、もっと、山スキーを楽しみたいと思うのでした。

 

茅ヶ岳 お喋り山行 2011.04.29

ゴールデンウィーク初日、「茅ヶ岳・金ヶ岳」へ行ってきました。

6時新宿でHちゃんをピックアップして、高速へ、予想以上に車が多く、予定より一時間も遅れて登山口に到着しました。
深田記念公園駐車場にはすでに車がいっぱい、トイレの横にわずかにスペースがあるだけでした。

登山口付近には、お花が咲き春の雰囲気ぷんぷん

002
一時間ほど登ると「女岩」に到着、岩の下から雨樋で湧き水を流してある給水ポイントです。コップまで用意されていました。

009 011

この辺りから上は、芽吹いておらず、足下はかさこそ落ち葉でいっぱいです。九十九折りの急登をダラダラのぼると、大明神岳の見晴らしの良いテラスがあり一休み、そこから少し登ると「深田久弥終焉の碑」そこで記念写真、ここからもう一息で山頂です。

016 018_2

山頂は二十人程が各昼食を取っていました。
私達はのランチは「鰹の茶漬け」お湯を沸かしてサラサラと食べました。
「山頂で生ものなんて凄い~」とHちゃん喜んでくれてにっこりhappy01

025021

茅ヶ岳にザックをデポして1時間10分で「金ヶ岳」往復
荷物がないと、なんて軽快に歩けるんでしょsign01
茅ヶ岳への急登は、足が重くて辛かった~bearing

034 030

「金ヶ岳」への途中で「ヤッホー」て叫んだら
誰かが「ヤッホーsign01」って返してくれたの
こだまでしょうか、いいえ男の方でした(^O^)

「金ヶ岳」から「茅ヶ岳」へ戻ると、雲が上昇して
「南アルプス」「金峰山・瑞牆山」「八ヶ岳」がはっきりみえました。
「甲斐駒ケ岳」は雲の中でした。

041038

別ルートで下りて、「明野ふるさと太陽館」で温泉へ
ぬるっとするお湯で温まり、隣のジャグジーへ移ろうとして、手すりにつかまると、スルッと滑ってスッテンコロリン、わ~お恥ずかしいshock
向こうずねを擦り剥いて流血sign03
参ったわ、お風呂で転んだのは初めてでしたcoldsweats01

048
高速へ向かう途中で、雲隠れしていた富士山が顔を出してくれました。なお花畑の脇に車を停めて撮影タイム

055
ルンルン気分で高速の人になりました。
渋滞覚悟の中央道、スイスイ走って快適ドライブ
談合坂SAもガラ空きでした。

天然系Hちゃんとの久しぶりの山行でお喋り三昧で楽しかった~
しかし、急登の登り下りで、しっかり筋肉痛です。

 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天