« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

東北旅 沢歩きと飯豊石転び沢大雪渓 2011.7.23~25

蔵王の野人さんの案内で「飯豊石転び沢大雪渓」を登ってきました。

7月23日(土)4時、山旅の友rvcarマイカーを走らせ宮城県白石へ
9時には待ち合わせの公園駐車場へ着く。

沢歩きの準備をして、蔵王の野人さんの車で二口本流へ向かう
去年夏、初沢体験した滑床が美しい渓流
まずは、沢でnoodleラーメンを作ってランチ、お腹を満たして沢歩き

Imgp1397
曇りで涼しい気候ゆえ、ウォータースライダーもシャワークライミングも中止して、滑床を歩いて森林浴としました。

小原温泉で温泉に入り、今宵はキャンプ、雨がポツポツ降ってきたけど
キムチ鍋をつつき beerビールで乾杯~♪
明日の飯豊が晴れますようにと願い早めの就寝

翌朝、霧は出ているが雨は上がった。up
軽く朝食を取り、飯豊温泉へ移動、どんどんお天気が良くなってくる

24日 飯豊山荘~温身平~石転び出会い~梅花皮小屋

25日 梅花皮小屋~北股岳~門内岳~扇ノ地紙~梶川峰~飯豊山荘

花が咲き、大きなイタドリの登山道を進む、晴れたのは良いが暑いsweat01

Rimg0196  
ザックに付けたコップで、湧き出している冷たい清水を飲みながら、「石転びの出会い」へと歩く、遙か彼方のお山と大雪渓は霧の中

Rimg0204

「石転び出会い」でアイゼン着けて

Rimg0211_1
日本三大雪渓に並ぶ「石転び沢」をピッケルをついて
一歩一歩、急騰をゆっくり踏みしめて登る。
冷たい風と生温い風が交互に吹き下ろしてくる。

 

Rimg0218_1 Rimg0223
雪渓の端の所々には亀裂があるが、真ん中を歩けば大丈夫
時折振り返り、登ってきた雪渓を確認

Rimg0228_1
稜線直下「中之島」には、お花畑が広がっていた。美しい~note

Rimg0224
梅花皮小屋へ到着
週末は混み合う小屋は、私達の他にご夫婦だけでのんびり
夕食はスティック野菜と、α米に夏野菜カレーを作って食べる。

 

Rimg0230 Rimg0234_1
またしても霧が出て、飯豊の山並みも、夕焼けも、星空もダメdown

翌朝、深い霧が立ち込め合羽を着て出発

Rimg0237b
北股岳から稜線を歩く、霧の中にキスゲの群生

Rimg0250
チングルマのお花畑が幻想的、これもステキheart04

Rimg0274_1
門内小屋を過ぎると、霧が晴れてきて、少しだけ山並みが見えました。

 

 Rimg0279 Rimg0281
 Rimg0267 Rimg0278

扇ノ地紙から梶川尾根の長い急坂を下りはじめると、風が無くなり日が照ってきて、とにかく暑い、五郎清水の冷たくて甘い清水が美味しかった。

Rimg0288 Rimg0292

飯豊山荘が見えたのに、下っても下ってたどり着かないよ~
何かを感じて振り返ると、遠くからカモシカがこちらをず~と見てた。
暑くてヘロヘロになりながらやっと下山

飯豊温泉で汗を流してさっぱり、ノンアルコールビール飲んで生き返ったpunch
 Rimg0294
東北で一番美味しいと言われるラーメン屋さんで「辛味噌ラーメン」を食べて

Rimg0297
白石へ戻り、東京へと高速を飛ばし、楽しい3日間は終わったのでした。

東北の山友 蔵王の野人さんを頼っての山旅もこれで4回目
遠かった東北がとっても近くなりました。
快く案内をしてくださる「蔵王の野人さん」に心から感謝いたします。
そして、これからも、ちょくちょくお邪魔しますのでよろしくお願いします。

 

 

白戸川メルガ股沢 沢登りキャンプ 2011.7.16~18

海の日三連休、山の会で沢登りキャンプに行ってきました。

15日21時 マイカーNON号で出発
小出インターで仲間と合流し、シルバーラインを通り、奥只見ダム駐車場へ

シルバーラインは、ほとんどトンネルの道
外は晴れているのにトンネル内は霧と水漏れの雨、こんなの初めてsign03

1時半、駐車場へテントを張り宴会すること1時間の後、爆睡sleepy

16日朝、素晴らしくいい天気、沢旅の始まりです。up

奥只見ダム下~袖沢~南沢の先を渡渉~枝沢を登り~袖沢峠~白戸川下降~テン場

Imgp1322_2

地図に無いバリエーションコース、袖沢を渡り、枝沢を登る、小滝を登り、倒木を乗り越え、水の中をピチャピチャ、パシャパシャ、ジャブジャブ、気持ちいいsweat01

Imgp1326

袖沢峠への最後の詰めは、急な斜面の藪こぎ、暑くてしんどい
ここで昼食、藪を下って枝沢に沿って白戸川へ下降し、下流へ向かって沢を下る。

重いザックがハーネスに当たって、腰が痛くなる。
バランスを取りながら滝を下り、へつったり、巻いたり、泳いだり

Rimg0092b
Rimg0178
Rimg0142
沢登りって楽しい~note

テン場につくと、協力して寝床にする場所の草を刈り、タープを張り、薪を集める。
9人でやればあっという間に、快適な空間が出来あがりです。

Imgp1347
焚き火を囲んで、ビールを飲み、釣りたての岩魚で刺身を食べ、採った山菜を料理

 Imgp1340 Imgp1351
 Imgp1349 Imgp1350

手つかずの自然の中で仲間と語らう至福の時間、素晴らしい note

Imgp1367b
タープの下でシュラフに潜り込むと、あっという間に眠りの世界へ

17日は、移動せずに、空身で枝沢を登り「テンカラ」で岩魚釣り

 

 Imgp1352_2 Imgp1354_3
 Imgp1358_2 Imgp1359_2  

これがなかなか難しい、思ったところへ毛針が行ってくれない、一度だけ掛かったけれどバレてしまって、私の釣果はゼロ、でもでも、仲間がいっぱい釣れて、夕食に美味しい岩魚を食べることができました。

Imgp1369

塩焼き、味噌焼き、ムニエル、漬けちらし寿司、ミズの炒め物、おひたし、ソーメンチャンプル、キノコ入りオムレツ、等々、豪華なご馳走に大満足でした。

18日名残惜しいけれど、タープをたたみ、焚き火を消して、ゴミを拾い、来た道を戻ります。来る時は遠く感じた道がとても近く感じました。

Rimg0339

袖沢の渡渉は手をつないで、仲間っていいな~って再び感じた瞬間でした。

Rimg0381_2

電力館で「ヤマブドウソフト」を食べて、湯之谷交流センターユピオで汗を流し、蕎麦処薬師で「マイタケ天ぷら」と「へぎ蕎麦」を食べて、帰路につきました。

 Imgp1385 Imgp1387

初めての沢旅、都会の雑踏と暑さから逃れ、自然の中で遊んだ3日間
贅沢な大人の水遊び、楽しく、涼しく、とても貴重な体験ができました。
これからも、きらら山の会の仲間と、沢旅を楽しむことでしょうhappy01

 
 

あっちっちの藤阪ロックガーデン

7月10日(日)晴れ

週末は家でダラダラ過ごすつもりが、誘われたらやっぱり行ってしまうhappy01あ・た・し

朝6時 マイカーで向かう「藤阪ロックガーデン」すっかり通い慣れたわ
クライミングのいろはを、ここで教わってきたのです。

去年、師匠とマンツーマンで特訓した夏の岩場を思い出しました。
あごから汗がしたたり落ちたテラス・・・

早朝のゲレンデは日が陰り涼しい、8時に着いた時にはそでに3パーティーが岩に取り付いていました。準備をしてレスキューの練習、そこへ師匠登場、マッシャーで登り返し、懸垂下降をまず練習、初心者のSちゃんのためのメニューです。

Imgp1307 Imgp1317

10時には、お日様が燦々降り注ぎ、汗だく、3ピッチを1本登ってお昼としました。

コムラサキ(蝶)がヒラヒラと飛んできては、金物の上や膝の上に止まりました。

Imgp1312

大きなトンボ、ギンヤンマでしょうか、スイスイ気持ちよさげに青い空を泳いで
トカゲがチョロチョロ出てきては、隠れて
ミツバチがぶんぶん飛んで、蝉の声も聞こえて

梅雨が上がって、夏本番 そろそろ岩場の練習はきつい季節になってきました。

午後から、北陵の新しいルートを師匠がオンサイト
凹状ルートを私がオンサイトで登り、本日は終了

湯楽の里で、温泉に入って汗を流しました。

 

奥多摩 長尾谷沢登り

2011年7月3日(日) 晴れ
今年二回目の沢登りは、山の会の仲間と奥多摩 長沢谷へ

奥多摩駅からバスに乗り、倉沢橋で下車
仲間の車に乗り込み移動し始めてすぐ、落石が道を塞いでいる。
車が通れるようにみんなで石をどけて、注意深く通過し入渓地点へ

支度し、地図を確認し入渓
緑がまぶしく、渓流をバシャバシャ歩くのは涼しくて気持ちいい

Imgp1292

わざと水の中を歩いて、岩を超え、

Imgp1293
滝を登り、進む進む

Imgp1296
苔生した岩も、ナメ滝もたっぷり涼を与えてくれます。note

Rimg0098

時々地図を見ながら、地形や高度と照らし合わせ現在地点を確認
机上で勉強した、クレイムハイストノットを実践

初心者向きのこのコース、物足りなさを感じながらも
都会の蒸し暑さを忘れさせてもらえる楽しい大人の水遊びです。up

水の涸れた、大きなガレをつめると、水量がぐっと減って、いよいよ藪こぎの始まり

Imgp1300 Imgp1301

この藪こぎ、急な上に足場が悪い、落ち葉が積もった急坂を、キックステップで足場を切りながら四つん這いに近い状態で登るのです。
20分程でやっと蕎麦粒山の巻き道へ出ました。
あ~~~疲れた 汗だくsweat01
靴を履き替え、仕事道を下山

Imgp1302 Imgp1304

小腹が空いてきて、あんパンのこと考えてたらズルッと滑ってしまい
「ミニあんパンシリーズが、全部違う中身だったいいのにって考えてたら、滑っちゃった~sign01」と言うと、リーダーが「それじゃあんぱん休憩にしようsign03」だってhappy02

いつもながら急な下りは、膝にくる~~down
時々後ろ向きに歩いたり、横向きに歩いたりしながら下りました。
お陰で膝の痛みは出ないですみました。

下山後は、つるつる温泉で汗を流して、沢の人から電車の人へとなりました。

 

クライミングとルンバ

6月30日 つくばスポーレへクライミングに行ってきました。

今回はベテランUさんに、コーチになってもらい練習です。
Uさんは、13代を登れる実力者、綺麗なホームで登る方です。

10C、10D垂直壁を重点に練習
まず、登ってみるが核心部分で手こずりテンションを何度もかけてやっとだ~
コーチに登ってもらいムーブをチェックし、核心部分を何度も登ってもらう
見たことを思い出しながら、登るってみる、一度目よりましにはなったが、
やっぱり、テンションかけてもらってしまった。down

10Cに苦戦、う~~~大きな壁です。bearing

最後にかぶりの10Bに挑戦したけど、もうすでに腕がパンプ寸前
握力がなくなり、休み休み、やっとも登って時間となりました。

体を壁にくっつけて、もっと足を使って登れるように頑張ります。
ストレッチして、体を柔軟にするとこも大事だなって改めて実感

細かいところを注意していらだき、とても勉強になったクライミングでした。

 

車を飛ばして家へ帰り夕飯の支度、一息ついたところで、クロネコから電話

ついに我が家に「ルンバ」がやってきたのだup

005

「ルンバ」勝手に動き回って掃除してくれる優れものロボット

我が家には、3匹の猫、1匹の犬がいるので、抜け毛の掃除に手こずっていて、欲しいな~と思っていました。
楽天メールで超お買い得価格で出ていたのを、見逃す訳にいきません。
なんと、送料込みで30500円 79800円がこのお値段、その上2年間保証付き
買うきゃないでしょ~~upwardright

そんな訳で、「ルンバ」が届いたのでした。

明けて今日、「ルンバ」君にお掃除してもらいました。
まさにロボット、勝手に動き回って猫の毛を吸い取ってくれる。
置き畳の段差、足ふきマットの段差もスイスイ
玄関の段差は落ちることなくUータン、賢い、賢いflair

001
こんなにゴミが取れました。good

006
「ルンバ君」に一日2回ほど、掃除してもらおうっとhappy01

 

 

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天