« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

DIYだってやっちゃうぞ~

物を増やさないように気をつけているのに、増えていくsign02

何とか整理しなくてはいけない、まずはいらない物を処分してsign04

cat猫部屋を納戸として使うことに、そこで、棚を自作してみました。

2x4(ツーバイフォー)とコンパネで、丈夫な棚に仕上げました。

窓の高さに合わせて二段、ベッドみたいでしょhappy01

003_3

棚に物を詰めてみました。上段は猫catcatの餌場とベッドです。

004_3

120cm幅で3段の棚 台風で壊れた物置の中の物を仕舞う予定

007

木材は、ホームセンターでカットしてもらい、先割れビスを電動ドライバーで止めるだけ、ツーバイフォーもコンパネも重いから、運搬が一番大変でした。

ビス止めなので、高さを変えたり、分解するのも楽にできます。自作すると安上がりで、好きな大きさに作れるのでいいですよ。scissors

 

 

エプソンフォトフォーラム

9月24日(土)sun
東北大震災で延期になっていた「エプソンフォトフォーラム」へ行ってきました。

005_1_2

手製アルバムの作り方セミナー、大西みつぐさんの写真セミナーに参加

一番の目的は、A3サイズにプリントしてもらうため、勿論無料shine

去年は、谷川の滝雲をプリントしてもいました。これに味をしめた訳でflair

014_2

今年は、ジャンダムだ~~note

013

賞状を入れる額縁をペイントして、写真を入れて飾ると、栄えるね~満足 満足up

プリントしてもらっている時に、「デジキャパ(カメラ雑誌)」のインタビューを受けました。
プリントしてもらった写真を持ってニッコリちゅうのを撮られちゃって、お礼にとデジキャパ10月号をいただきました。
ひょっとしたら来月号に載るかも wink 

台風の爪痕

台風15号 その名は『ロウキー(Roke)』我が家にも爪痕を残して去った。

21日午前中にベランダの植木を室内に避難させる。

001_2

午後になると雨が降り始め、風もだんだん強くなってきた。

5時頃になると、ベランダのサッシ下部から雨が巻いて吹き込んできた。sweat01
家のサッシはすきま風が吹くほど古くて、立て付けが悪い
雑巾、タオル、バスタオルまで持ってきて目張りをする。しかし、風雨が強くなると、目張りしたタオルを絞らなくては、室内に雨が侵入してくるのだ。down

ご飯の支度をしながら、雑巾絞り・・・こんなサッシは嫌だpunch

突然、ドンと音がした。何事かとベランダを見ると、なんとプレハブ倉庫が倒れていた。その上、今年張り替えた網戸を破いてる。crying

台風が通り過ぎ、ベランダに出ると、スカイツリーと街の明かりが倒れた倉庫越しにキレイだことshine

007

22日クライミングで教わった「三分の一引き上げ」を利用して引き上げようと試みるflair

支点を屋上の手すりから取るために上がってびっくり、エアコンの室外機が倒れていた。sad

006

三分の一引き上げを構築し、木材を使いテコの原理で少しずつ倉庫を立てる。

002  003

三分の一の力で上げられるとはいうが、倉庫自体が重くロープだけでは当然無理
作業をするにあたって、下に落ちてこないようにするためには、充分機能を発揮

この後、無理矢理扉をこじ開け、中の物を少しずつ出し、軽くなったところで一気に起こした。
一気に起こすところだけ、次男に手伝ってもらう。

倉庫を起こして、後片付けして、ベランダに水を流して掃除して、あ~~疲れた。coldsweats01

倉庫の扉が一枚レールに乗らない、開け閉めが出来ない倉庫はすでに倉庫としてダメでしょ、近々この倉庫は処分することにしました。

 

檜枝岐川下ノ沢遡行 1911.9.17~19

この夏8回目の沢登りは、会津 檜枝岐川下ノ沢(日本百名谷)

お天気を心配しながら、9月16日夜出発
会津駒ヶ岳登山口近くの駐車場まで車を走らせ前夜泊

翌朝入渓地点近くに移動し、竜門の滝へ向かう枝道から入渓

最初の試練は、竜門の滝の高巻き、急斜面の足元悪い藪こぎで汗だくsweat01
藪こぎの下りで、先を行くH君がガサッという音と共に5m程滑落impact
滑り落ちるというより、飛んで行ったように見えた。
幸い地面が柔らかく軽い打撲ですんで、一同ホットする。
掴んだ木が枯れていたようだった、気を引き締め、しっかりした木を確認しながら掴み無事沢に降りる。

大きな石の河原を歩き始めと、リーダーが足を止めた。指さす先に二匹の蛇がsign01

005

第一ゴルジュ、6m5m4m10m8mの滝を直登し二股へ

Imgp2622 P9170595
007 014

今日の行程はここまで、二股でタープを張り、焚き火、3時から長い宴会に突入beer
各自一品持ち寄りスタイルで順番に料理され、五人のメンバーのお腹に収まっていく
お腹が満たされ、ビールと梅酒でほろ酔い気分でついウトウトsleepy

023_2 P9170611

遡行中パラパラしていた雨が上がり、夜空には満天の星shineが現れる。
ヘッデンを消して、星空を眺めていると流れ星がひとつ、願い事をする暇もなく消えて行きました。

沢二日目、東の空が赤く染まる頃起床

026_4

α米とスープで朝食をすませ、7時出発
第2ゴルジュ帯、第3ゴルジュ帯、滝の連続

039 045
051 057

滝を登る度に、口の中がカラカラ、それほど緊張していたのでした。heart02

Imgp2649_2 P9170595_3
Imgp2644_2 P9180634_2  

高巻きし懸垂で降りたり、厳しい高巻きを腕力頼りに登ったり、ヌメヌメの滝の直登や、ザイルにクレムハイストで確保しながら遡行、笛を使って合図を送ったり、貴重な経験がいっぱいでした。

サブリーダーベテランT女史の素晴らしいリード、安全確保に、惚れ惚れ
これぞ女沢屋、カッコイイ~~~大ファンになりました。heart04

沢を詰めると、ほんのり紅葉しかけた草原へと出ました。

Imgp2666 065

正面に「燧ヶ岳」、右手に会津駒ヶ岳「駒の小屋」、振り返ると今登り詰めた沢と遠くに山々、素晴らしい景色が見られて嬉しかった。up

070

藪こぎで引っかかって苦労したストックを出して、登山道を下山
途中でヘッデン点けて、無事登山口へ着きました。
朝から夕方まで、沢といより滝を遡行していただけにかなり疲れました。
滝でお腹いっぱいって感じpunch勿論楽しかったですよ。happy01

「燧の湯」で汗を流し、キャンプ場で一泊
翌日、美味しい手打ち蕎麦を食べて帰路につきました。


今回の沢登りを振り返って

危険な所はザイルで安全確保、滑りやすい場所は特に三点支持で慎重に、
高巻きでの注意点、それから持ち物の軽量化と学ぶところが沢山ありました。
ご指導くださる、山の会代表を始めベテラン先輩方に感謝です。

おまけの写真
カタツムリと滝に出来た虹です。happy01

062 054

 

東北山旅  三階滝沢登りと温湯温泉 2011月9月10・11日

宮城の山友さんを訪ねて沢登りをしてきました。

10日4時30分、マイカーで一路東北へ、9時過ぎに白石インターで合流
Hさんは、今年4回目の訪問にスペシャルな沢登りコースを用意して待っていてくれました。

日本の滝百選 蔵王『三階滝』沢遡行
三階の滝は、高さ181m、幅7m、滝つぼ12m、標高700m~572m

003_3

川を渡涉して、登って一段目の滝の下へ

17_original 21_original
005 39_original

滝の向こうへ入ってみたい~note それじゃ行ってみようpunch

47_original 44_original_2

この滝は、当然大高巻き、滝の上に出て懸垂で下りる。

52_original 57_original

滝の落ち口から下を覗くお二人、二段目の滝はヌルヌル岩を登る。

014_2 78_original1

三段目の滝の下へ到着、大文字草が咲いてました。

019 021

これまた、大高巻き、これって沢登りじゃなく、藪登りだ~wobbly

汗だくsweat01になり、三階滝の上へ、そこはナメが続く美しい沢shineでした。

94_original

滑滝を歩き、「白龍の滝」(写真右)を登って終了、登山道を下山

030 031

地元の山岳会しか来ないというコース、紅葉mapleの時にも来てみたいと思ったのでした。一般の方は、エコーラインの見晴台から眺めることができます。

沢の後はお楽しみの温泉spaへ入って、買い出しをして、今宵のキャンプ場へ

小雨が振り出したもの、テント張って、料理して、キャンプ参加のお二人が来るころには、雨は上がり、山好き五人の宴会は大いに盛り上がったのでした。up

11日朝 空には雲cloud、雨は降っていないものの、嫌な予感、姥滝沢の沢登りが今回のメインなのに・・・down

Hさんの奥様特製きのこ汁にうどんを入れて朝食、美味しい~、天然物きのこが、こんなに美味とは、Hさんと知り合うまでは知らなかった私、感謝 感謝

姥滝沢、入渓ポイント『温湯温泉』へ着く頃には、rain雨はシトシト晴れる気配無し、沢でなく登山道を上る五人と、温泉でまったりとする二人に分れる。勿論私は後者

035

雪ん子ちゃんと二人、1時間半も温泉に浸かり、お部屋で足を伸ばしてお喋りしながら、山へ登った五人を待っていると、白猫が現れ、ゴロゴロと癒してくれました。

038

『温湯温泉』は源泉31.8度の湯船と、沸かし湯の湯船があります。
交互に入っていれば、長時間入浴してものぼせないのです。

温湯温泉を後にして、車5台でぞろぞろ移動
お蕎麦を食べ、皆さんにお見送りをいただき、高速の人となりました。

 

雨で登れなかった姥滝沢登りは、去年の夏の思い出がありますので心残りはありません。今年は三階滝沢遡行と温湯温泉spaの思い出が出来ました。おっとキャンプも忘れてませんよnote東北の山友さんありがとうhappy01

次は山スキーに伺いますsign03

震災で東北へ観光へ行く人が減っています。旅館やホテルはガラガラだそうです。東北へ観光へ行き、お金を使うのも立派なボランティアです。みなさん東北へ遊びに行ってくださいね。

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天