« 小川山クライミングキャンプ | トップページ | 双六谷 九郎衛門沢 沢旅 第2章 »

双六谷 九郎衛門沢 沢旅 第1章

2012年8月11~15日 山の会で沢旅へ行ってきました。

双六ゲート~双六谷~九郎衛門沢~黒部五郎~北ノ股岳~飛越トンネル

10日夜出発、車一台を飛越トンネルへデポし双六ゲートで前夜泊
翌朝7時半、重いザックを背負い長い長い林道(約13km)を歩き出します。

002
車両止ゲートを乗り越え

004
道端の「木イチゴ」を摘んで食べて

006
暗いトンネルをいくつか抜けて

009
金木戸取水口 エメラルドグリーン水が涼しげ

012_2
双六取水ダムから、軌道跡杣道(壊れそうな丸太、トラロープが張られた崩壊した箇所有り)をたどり「朽ちた橋」まで進みます。

016
入渓まで約16km、あ~長かったsweat01

いよいよ装備を装着し遡行開始、いきなり膝上まで浸かって渡渉、思ったほど水が冷たくな~いup
「打込沢出合」まで巨岩を乗り越え、へつり、右岸へ左岸へと渡涉 
今宵の幕営までもう少しsign01

Imgp3304
15時40分 幕営地へ到着 整地しタープ張って、薪を集めて今宵の宿を整備

025
今夜のメニュー 「切り干し大根煮物」「焼きカレー」など

029
焚き火を囲み、ビールで乾杯 美味しい料理でお腹が一杯になると睡魔に襲われ
重いザックと長い林道歩きに疲れて8時に就寝しちゃったsleepy

11日 距離16.4km 8時間15分 

20120811_072645

 第2章へつづく・・・

 

« 小川山クライミングキャンプ | トップページ | 双六谷 九郎衛門沢 沢旅 第2章 »

コメント

みんなザックが大きいねー!

こう言うところで焼いて食べるお魚、美味しいだろうな。

しゃらさん

大きいザックでないと荷物が入らないの!
サーマレストもザックの中だし、藪漕ぎがあるから基本ザックの外には付けられないの
ひたすら軽量化に励んでも、沢道具を入れて14~15kになるかな
ハーネス装着して金物付けてザック背負えば1kgは軽くなるけど、ハーネスとザックの腰ベルトが干渉して、長く歩くと痛いから林道歩きの時はハーネス付けたくないの
それで、ザックが重くなってヘロヘロになっちゃった!
もっともっと、軽量化しなきゃ(TOT) ダー

釣りたての岩魚を焚き火囲んで食べるって最高ですよ^^

昨年の小倉谷を思い出しました。
あの林道歩きはホント長いですよね。
でも昨年は軽トラに乗せてもらえてかなり楽しました。
さて第2章へ進もう~

トラ山さん

小倉谷のブログ再度読み直してきました。
小倉谷は難しですね、同じ日「梁山泊」の面々が小倉谷んび入っていきました。
あの林道歩きが苦痛でした。トラック止めて乗せてもらえてラッキーでしたね
私達もそれを狙っていたのですが、ダメでした!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小川山クライミングキャンプ | トップページ | 双六谷 九郎衛門沢 沢旅 第2章 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天