« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

半年ぶりの古賀志山

2012年10月27日 古賀志は4度目半年ぶり
長野から出向でつくばに来ているKさんをお連れしました。

余裕を持って出たのに、東北道加須~羽生間でトラック荷崩れによる大渋滞につかまり30分の遅刻、勘弁してよ~sign01でしたが、岩場には二番乗りで到着

まずは易しいコースでアップと思って登ったのが、「レイン5.10c」RP
「日本100岩場 関東」トポは、載ってなかったり、違っていたりで当てになりづらい
古賀志クライマーの方が、写真付きトポを岩場に用意してくれています。

004
「ウルトラマンフェース5.9」MOSしたKさん これだって5.9って嘘~っていうコース
逆走で細かいホールド、手がひじょうに疲れる、3分で登らないとパンプするよっそれでウルトラマンなんだとかsign01
私は以前登っているのでパスsign04

002
宿題の「鼻カンテ5.10c」RP 登れました。

もう一つ宿題「シェリー5.10b」RP 写真はKさん

006_2
お昼を食べて「ラマ岩」へ移動、「ラマ岩」は初めて、ほ~いい感じshine

009
「マラ岩キャリー5.10b」フラッシュ

「タロウ5.10b」RP

008_2
不動滝左フェースに移動して「ハートブレーカー5.10c」に挑戦
ハング出口が核心だけど、そのハングが超えられない~今回もダメでしたbearing
このムーブが夢に出てきそう・・・

半年ぶりでしたが、古賀志クライマーのお姉様お兄様方が覚えていてくださって嬉しかった。
宿題ふたつやっつけたので、まあまあ満足、また来ま~すhappy01

クライミングシューズがこんなことになってしまいました。

010
ソール張り替えに入院させたのでした。
張り替えのお値段高いけど、新品買うより安いし、やっと足に馴染んできた靴だから直して使いたいもんねdelicious

今年3度目の甲府幕岩

2012年10月25日 甲府幕岩へ日帰りクライミングへ行ってきました。

流石平日、9人4パーティーの幕岩、静かだこと
岩場を見上げると紅葉

013
「イエローマウンテン5.9」で ウォーミングアップ

1_large
U氏は、ダーティークライマーズ5.11b★をRP

001
「アイソメトリックス5.10c」 RP 
核心でムーブが掴めず難儀してあれやこれややってみるが・・・think
U氏にご指導していただいたら、なんてことなくあっさり登れた。未熟さが身に染みるわ~
ともあれ、外岩クリアーグレードがアップしたのだから、大喜びするあたしhappy01

今日の目標「秘密の岩園5.10c」RP

3_large
オンサイト狙いで挑戦したが、手が滑って落ちた・・・sad
最後の一手も苦労してもうちょっとだった。惜しい
お昼またいで再度挑戦、最後の一手が怖かった~けどなんとかクリアーscissors
ヤッター今日はもう満足って、まだ早いっsign03

014

トカゲ北上中10.11b/c★★★ を登るU氏 こんな所登る人って凄っ、私にはまだまだ無理だわ

006
宿題をひとつ片付けなきゃってことで「メイプルの涙5.10c★★」に挑戦
登り方すっかり忘れてるぞ~U氏にムーブの助言を受けてRPできました。

  

紅葉の中、「子猿」「鹿」「キツツキ」に会えました。
「キツツキ」は、U氏のビレーをしていたら、後ろの方でコツコツ音がするので、何だろうと?見回すと5m程先の木に止まって突いていました。こんなに近くて見たのは初めてで感激
それから鹿の鳴き声が何度も聞こえていました。

外岩はいいね~気持ちいいし、自然の中で季節を感じられるしねheart04

今日の収穫、5.10cを三つRP、グレードアップできたことhappy01

干し野菜で山ご飯

巷では「干し野菜」「乾燥野菜」なるものが、静かなブームらしいsign01

普段の食事にわざわざ野菜を干して使うことは無いけど、山ご飯には使えるflair
何より『軽量化』『小さくなる』利点は有り難いわ

ナルミズ沢旅で「ホワイトシチュー」を作る為材料を切って干します。

人参1本  タマネギ1玉  エリンギ1P  ホワイトシメジ1P  
切って広げて風通しのよい日の当たるベランダに干す。

 人参はざるに広げて干し、2日ほどでこの小ささ

006
キノコとタマネギは干し網に広げて2日

005
干し上がった物がこれ、こんなにコンパクトに軽くなりました。

008
作り方は簡単、コッヘルに水を入れ干した野菜を入れて火にかける。
段々と野菜達は元の大きさに復活していくのです。そこへ、ベーコンとコーンを投入し暫し煮る。
最後にシチューの元を入れれば出来上がりでございます。scissors

051
フランスパンは、軽くフライパンで焼いて、バジルソースをぬりましたよhappy01

前回の沢旅「双六沢」の時は、干し野菜で「白湯風煮込みうーめん」作りました。

070
沢旅では、夏でも温かい汁物は喜ばれます。どちらも大好評でしたgood

 

荒川河川敷にて

夕方買い物にでたら、夕焼けが美しそうな空
荒川河川敷に愛犬「めんま」を連れて写真を撮りに行ってきました。

「富士山」が見えるじゃありませんかnote

002_2
ビルの谷間にちょこっと見える「富士山」、ビルが建って近いうちに見えなくなるわね・・・

007_2
太陽が沈み、空が濃い赤になり、スカイツリーがライトアップされました。

荒川に掛かる木根川橋とスカイツリー、右側には京成電車が走っています。

030_2
木根川橋とスカイツリー 一昨年同じ場所から撮った時はスカイツリー建設途中でした。

016_2
お月様が出てきて、夕暮れと夜景の美しさに、暫し見とれていました。shine

022
今宵のライトは「雅」江戸紫が夕焼けと融け合っていきます。

026_2
山に行かない晴天の日曜日退屈だったけど、素敵な風景に遇えたから良しとしましょうhappy01

月とスカイツリー

いつものように、ベランダから「スカイツリー」を眺める

夕暮れ迫る空に三日月が浮かんでいる。

三日月さんは、「雅」と「粋」どっちのライトアップが好きかしら・・・・ 

「雅」紫ライトアップ 10月19日撮影 ※写真をクリックすると大きな画像で見られます。

006_2
「粋」青ライトアップ 10月20日撮影

020_3
貴方は、どちらのライトアップが好きですか?


飯豊山行 紅葉と初冠雪

2012年10月12日~14日 飯豊山へ紅葉狩り山行
山スキーコーチでもある宮城の山友Kさんに同行していただきました。

 ※写真はクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

11日20時出発し磐梯山SAで車中泊、早朝待ち合わせの喜多方市営駐車場へ移動
 ※新道観光駐車場は夜間無料、一日300円昼間は係員が在中しているので安心して3日間車を駐めておけます。
Kさんの車に乗り込み「弥平四郎」登山口~「三国小屋」が12日の行動予定です。

今年は紅葉が1週間程遅れていて、麓は全く色づいていません。
松平峠を過ぎた辺りから、紅葉が始まっていました。

017_2
疣岩分岐~三国岳 

027
燃えるような紅色の「ナナカマド」

034
写真を撮るため立ち止まるので進まないたらありゃしないnote 4時間半かけて三国小屋到着

35_2
小屋の二階に荷物を置き、川入登山口方向へ降りて水汲みに行く。
紅葉は、三国岳(1644m)付近が真っ盛りmaple

041
まだ15時過ぎだけど、登山口で抜かれた軽トラの単独地元山岳会の方が、お肉持参で強引に合流してきて4人でワイワイと酒盛り開始~up

三国小屋の管理人はすでに下山していて無人
東北の小屋は、寝具・食材等を背負わなくてはならないけれど、整備されていて快適です。
特に良いのが、四角い台にステンレスが張ってある調理台、床に置くとまるで囲炉裏を囲むような雰囲気です。

今夜のメニューは、「ズッキーニとソーセージ炒め」「キムチナベ+うどん」
それに、「こてっちゃん」の差し入れで大盛り上がりでしたが、7時には就寝、はやっsign01

夕方から降り出した雨は一晩中降り続け、6時の時点でも強風と雨、今日は停滞かな・・・・
と思っていたら、雨が止み日が差してきました。

049
なんと、飯豊山が初乾雪していました。昨夜寒かったはずです。

059
13日予定通り飯豊山ピストン、強風に雲が飛ぶように流れていき天気はどんどん回復

「切合小屋」を過ぎ「御前坂」辺りから積雪が出てきました。深い所で20cmほどありました。

54_large
「本山小屋」でランチして、「飯豊山」へアタックdash

101
「飯豊山」から「本山小屋」方面

103
太陽に照らされて紅葉が艶やかさを増し、シャッター押しまくりcamera
雲の影が山脈を移動していく様も面白い

111
午後になると、青空が広がりました。

162
草紅葉と笹のコントラストが美しい 

152

「大日岳」山頂、雲が取れて姿を見せてくれました。

141
「三国小屋」遠くに「磐梯山」が見えます。

166
「飯豊山頂」でジャンプするの忘れたので、「三国岳」にて「飯豊山」バックにジャンプ

180
もういっちょう~

204
今宵の夕食は「ポテトサラダ」「スパゲティー」「お新香」
14日朝食は「トースト」「ハム」「ツナマヨ」「スープ」「りんご」

236
14日御来光

228
御来光を待っていると、後ろでカサカサと音が振り返ると「オコジョ」可愛い~heart04写真はピンぼけcatface

219
14日下山 疣岩分岐を直進する破線ルートで下山、破線とは思えない、いい道でした。

「飯豊の湯」で汗を流し、農家が自宅でやっている「蕎麦屋」で「十割蕎麦と天然舞茸天ぷら」サービスで出してくれた「お刺身こんにゃく」を食べて、「道の駅」により道して高速の人となりました。
このお刺身こんにゃく、今までにないこんにゃくとは思えない食感、お土産に買って帰りました。

260
東北の紅葉に見せられて、3年目の東北紅葉狩り山行maple
今年は飯豊山の初冠雪に立ち合えて、紅葉と雪をダブルで楽しめ、ズ~と会いたかった可愛い「オコジョ」にも出会えてラッキーでした。

261

宮城のKさん、案内及び美味しい梨ありがとうございました。
同行してれたじゃまさん、運転及びスパゲティーありがとうございました。

20121012

楽しいメンバーで紅葉の飯豊を歩けたことを感謝します。
来年は、お花の飯豊を縦走しましょうhappy01

 

追いかけてナルミズ沢

2012年10月7~8日 谷川岳「ナルミズ沢」

一日早く出発している山の会の仲間を、6日18時T女史とふたり愛車「らら」で追いかけ出発

外環から関越道へ走り進むと、雨がパラパラ、高崎手前でワイパー全開でも前が見えない程の豪雨、おいおいこんな雨降ったら沢が増水するじゃない、止めて~~~状態down
水上ICから下道に出る頃には小雨になって一安心

宝川温泉駐車場に22時前に到着し車中泊
車に激しく降り注ぐ雨音で何度も目が覚め熟睡できないまま3時起床
先発隊は、あの雨で大丈夫だったのだろうか・・・不安な気持ちのまま準備
連絡がつくなら、このまま帰りたいいなぁ~とか頭によぎるが、食担になってるからテン場までは頑張って行かなきゃと気合いいれて、4時出発

ヘッデンの灯りを頼りに、熊鈴リンリン鳴らしながら真っ暗な林道を歩く
自然に歩みが速くなります。雨は上がっていたことだけが救いでした。
林道の大崩壊で1時間余分に歩かなくてはいけません。(写真は崩壊した現場8日撮影)

074
暗い中を歩いて歩いて、やっと5時40分登山口 やっと明るくなってきたがまだ先は長いsweat01
ドロドロで滑る上に、小さなアップダウンが続き、崩れた枝沢をいくつも渡る、とにかく足元が悪い、めまいがしてきた。頑張れあたしpunch

寝不足と不安、疲れと心配で「合流したらテント番してようか」とT女史と話をしながら歩く

6時50分 渡涉点到着 沢は濁ってないし思った程水量は増していないようだ。

005
7時トランシーバー交信時間に代表へコンタクトを取る。
「気をつけて来てください」代表の声を聞いて元気が出てきた。

広河原を過ぎ 7時半再び交信「30分くらいで着きます」と言われ頑張るが、
テン場がなかなか近づかない、田圃のようなぬかるみ登道に飽き飽きヘトヘトcatface
8時交信し「もう少しだから頑張って」と励まされ歩いていると、大石沢に代表がお迎えにきてくれ、ザックを持ってくださいました。嬉しかった~up

8時20分仲間と合流、お湯を沸かしてもらい温かいお茶を飲みパンを食べて一息つきました。

なんと粋なはからいで、私達の荷物を分担して持ってくれて空身で沢登りしていいってnote
T女史は申し出を断りザックを背負いましたが、私は遠慮せず「お嬢様登山」させて頂きました。こんな事って一生で一度の貴重な体験だと思います。
仲間ってホントにいいね、ありがとう happy01

8時40分「ナルミズ沢」へ出発dash
背中がちょいと涼しいけど、空身というのは楽だわheart04

Pa070977_2
小滝をいくつも超えて

010
へつって

008
二股でお日様がちらりと顔を出す。

017
これが「天国へ続くナメ」 天国はガスってるよ~gawk

020
沢を詰めていくと、ナメには黒い苔がびっしり・・・これが美しいと言われるナメ?
日が差し水がキラキラ光って、草紅葉が鮮やかに見える予定だったのに・・・残念 

030
雲の切れ間からさす光で一瞬艶やかさを見せてくれた紅葉 maple

034
ここから、草紅葉~笹を漕いで漕いで霧の中を進むのみ 急登藪漕ぎきつ~いcoldsweats02

039
越後烏帽子過ぎた所でお昼を食べて、再び笹を漕いでやっと「ジャンクションピーク」で登山道に出た。
道を歩くってとっても楽だわ~でも、視界悪く景色無しdown

Pa070996
テン場へ向かう登山道は、急登のグチャグチャ道、沢靴はこの手の道に非常に弱い
ストック突いて、滑らないように慎重に足を下ろし下る。
あちこちにキノコがはえていて、その度に足が止まる、食べられるキノコの特徴を教えてもらったり、それはそれで楽しかった。

15時50分テン場に帰ってきた。本日の歩行時間(休憩含む)約12時間ハードだったhappy02

小雨が降るなかタープを張り直し、沢靴脱ぎ、寒くてフリースを着込み食事の用意
私のメニューは「シチュー」「さつま揚げ焼」「フランスパンバジルソース付き」

051
肉モヤシ炒め、スパゲティーキノコ風味、ゴーヤチャンプル等、次々に料理が出て豪華な夕食となりました。

いつものように焚き火を囲みお酒を飲みながらの団らん、参加する前に眠くて寒くて、ダウンパンツを合羽の下に履き、早々とシュラフに潜り込んでしまいました。

深夜に雨はあがったらしく、満天の星がでていたとか、朝になったら青空でした。
この青空の下でナルミズ沢を登りたかった~

食事を済ませ、タープをたたみ撤収、宝川温泉駐車場へと下山しました。
真っ暗の中歩いた林道脇の沢は白いナメと巨岩が織りなす綺麗な渓流でした。

072
「ナラタケ」「マスタケ」「ツキヨダケ(毒)」キノコ取り入山禁止ですのであしからずsign01

077
「ユテルメ」で汗を流し、まるみで「舞茸天ぷらざる蕎麦」食べて帰路につきました。

2012107_3

どうしても「紅葉のナルミズ沢」が見たくて先発隊を後から追いかけましたが、それはもっと健脚な人のやることでしたと反省

帰ってきた夜、足の筋肉痛で寝られないほど疲れた山行でした。
でもね、沢歩き、沢登りはとっても楽しかった。note これだから止められないんだわ~shine

 

詰め替え君

山用コンロのガス詰め替え器具を購入

韓国製「カートリッジ交換機」 
手の中に入るサイズ 使い捨てライターと比較してみてください。

026
詰める方のガスボンベを冷凍室で5~10分冷やし、満タンのガス缶を上にセットする。

016
バルブを開けると、上から下へブタンガスが移動する。

017
ガスの移動が遅くなってきたので、アイスバッグの上にガス缶を載せてみた。

018
こんな感じで、簡単にガスの詰め替えができます。

日本製では「詰め替え君」が有名ですが、お値段は半値以下でスタイリッシュup
Amazonで購入出来ます。気をつけて欲しいのは、カセットコンロ用の細長いガス缶から詰め替える場合、黒いアタッチメント(一番上写真の真ん中の物)も一緒に買う必要があります。

カセットコンロ用のガスは価格は安価なので、詰め替えれば燃料代がかなり浮きます。
また、中途半端に残ったガスを一缶にまとめるのにも使えるので、ガスが無駄なく使い切れるという訳!

ただし、日本ではこの種のガスを詰め替える器具の使用は法律的に禁止されて いるらしいので、あくまでも自己責任です。

 

10月1日スカイツリー

2012年10月1日 今宵のスカイツイ-ライトアップはピンク色heart04

021
 「本日10月1日(月)は乳がん早期発見啓発キャンペーンに賛同して18時45分頃よりピンク色の特別ライティングを実施いたします」だってshine

005
紫っぽく輝いている、色が変微妙にわって見えるのは何故でしょうsign02

015

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天