« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

沢を楽しむために!

暑いな~沢行きたいsign01

沢靴ソールのフェルトがすり減った。去年は張り替えてないもんね
今年は1足新調したから、古い靴は予備だから自分で張り替えてみようsign01

古い鍋にお湯を沸かして、ソールを浸けて温め接着剤を弛めて剥がす作戦
いや~これが手強い、なかなか剥がれてくれない、ペンチ・カッターナイフを使い引っぱがす。
投げ出しそうになるのを我慢して頑張ったよ~この作業だけで疲れてしまった。sad

釣り具の上州屋で買ってきた、フェルトに剥がしたソールをあてて型をとりカット
これも大変とネットで調べたら書いてあったけど、切れるハサミとカッターで難なくできた。

013_2
剥がしたソールにヤスリをかけて凸凹を取って、接着剤を付けてフェルトを貼り付ける。
その前に、靴の中に新聞紙をきっつく詰めておきました。
紐でぐるぐる巻きにして、万力で押さえて、テーブルに履かせて半日ほったらかし

007
接着剤が乾いたら、フェルトをカッターで切って整えて出来上がり 上出来じゃないgood

左:張り替え前 右:張り替え後(新しいフェルトには猫の毛がよくくっつく)

018
新しい沢靴と共に購入した「秀山荘オリジナルピンソール」装着簡単で優れものです。note

014
ザックにも一工夫 ザックの底に空けた穴ちょいと大きめでゴミが入ってくる欠点をカバーすべく、網戸のネットをハトメに挟んでみました。これいいでしょscissors

015
先週末は山はお休みしたから、今週末は沢登り行きますよ~up

足休めの週末

山に行きすぎ sign02
足の疲労が抜けないので沢に行きたい気持ちを我慢して週末は足休めcoldsweats01

「隅田川の花火」の日に東京に居るのは4年ぶりかな~

隅田川の花火の度に我が家で話題になることがあります。

 次男が年小さんの時、彼はソファーでぴょんぴょん飛んで遊んでいてテーブルの角に頭をぶつけだらけになりました。お婆ちゃん大慌て、電話で救急病院を探してへ連れて行きました。レントゲン撮って5針ほ縫いました。
 22歳になった次男はい「くつまで言われるのかな」って、「そりゃ一生でしょ」って私happy01

折角だから、ベランダからビール片手に花火を見ながら撮影しましょう

ビールに合う料理を用意してっと note

Ncm_0319_2
初めてのバルブ撮影に挑戦すべく、三脚・レリーズもセットし順番万端 good

002_2
何枚が撮ってみた。風があるね~花火が流れてる・・・・

そのうち雨がポツポツ降ってきて、ザーザーに変わりたちまちスカイツリーは霧の中
テレビ中継は強風強雨中継になり 花火は中止 down

23日柴又の花火に続き 墨田川花火 雨で中止 DJポリスが雨男って噂が・・・・sweat02
不安定なお天気に関係者は頭が痛いでしょうね

28日日曜日 家族そろって家にいるので、妹を呼んで チーズフォンデュー
ホームベーカリーでフランスパン焼いて、タラコの冷製パスタは長男作 
たいへん美味しゅうございました。

Ncm_0321
しかし、山に行かない週末は物足りない私でした。

収穫

ベランダ菜園で収穫した野菜達

025
ゴーヤはもっぱら「ゴーヤチャンプル」で食卓へ 大葉は薬味で大活躍、使い切れないほど良く育つsign01

バジルがたっぷり茂ったので、バジルソース作りました。

Ncm_0305_3  
バジル ナッツ ニンニク(M崎さん家庭菜園もの) 藻塩(山友さんからのいただき物)
オリーブオイル 塩 ブラックペッパー パルメザンチーズ をミキサーにかけるだけ とっても簡単よhappy01

小さな瓶詰め二つ 残りは冷凍して一年中使います。

Ncm_0307_2
早速 スパゲティ作ってみました。

Ncm_0310
プチトマト 小ぶりだけど赤くなって収穫するから甘い~ 

Ncm_0314_2
収穫する楽しみ 食べる楽しみ ベランダ菜園ヤッホーup

十石山 ゆるり写真登山

2013年7月20~21日 北アルプス南部 十石山

3月山スキーに来た時「花の頃がまたいいんだよこの山はup」と言うYOHさんにお願いして企画していただいた今回の避難小屋泊まりまったり山行、山登りを始めた息子を誘って初親子登山となりました。

20日4時半「らら号」にて出発、8時松本で待ち合わせし車2台に分乗し白骨温泉の登山口へ
食材を分担して持ち出発、雪が無いと景色が違う~けど、見覚えがある箇所もいくつかsign01

ゴゼンタチバナ・マイズルソウ・ギンリョウソウが目に付きました。
写真右下は「夫婦栂」

031_2
森林限界が近づくと視界が広がり遠くの山々が見え始め、雪渓が現れました。

061
雪渓を初めて歩く息子に「キックステップ」を教えて、写真撮りながら歩いていると
雪渓を過ぎた辺りで「雷鳥親子」がお出迎えしてくれました。

057
コバイケイソウの向こうに「十石山避難小屋」

068
チングルマの小道を進むと小屋に到着、周りにはお花がいっぱいです。

072
お昼を食べて一息ついたら山頂へ「お~北アルプスが槍穂が見えるぅ~絶景だ~up

075
小屋を挟んだ山頂と反対側展望台へ、360度パノラマの景色に感動up

ここでお決まり山頂ジャンプ 槍まで飛んで行きそうじゃない~scissors

20130720__406
マリオポーズでジャンプupwardright

20130720__440
真似てみるが、マリオポーズとは全然違うじゃん~sweat01

20130720__458
へんてこポーズしたりして息子とふたりで盛り上がる。

096
笠ヶ岳をつまんでみる。

099

水汲み班、お食事準備班に分かれて作業開始、食担NONの決めた今宵のディナーは

「メンマと胡瓜の梅和え」「ポテトサラダ」「胡瓜とベーコンの炒め物」「豚レタスシャブ」

105
食後は展望台でマスさんの撮影講座 夕焼け小焼け編 マニュアル設定で初めて撮りました。

115
131_2
月明かりで小屋に戻り10時まで女子3人でお喋り、マスさん撮影講座第2弾はお月様が沈む2時頃から星空撮影、天の川が見えてキレイだったってshine私は・・・夢の中でした。
写真はマスさん撮影、さすが~ステキheart04

1005190_518832831529322_708293956_n
21日 4時半起床、御来光を見に展望台へ 地平線の雲が厚く あまり焼けなかった。
北アルプスのあちこちで、同じように御来光を見ている人が沢山いるのよね~しみじみ

164
甲斐駒と鳳凰三山の間に富士山 先週は鳳凰に登ってたんだよねぇ~

155
影十石山と乗鞍岳

163
遙か遠く雲海に浮かぶ白山

168
真青な空、槍の先までくっきり見えます。

182
焼岳から煙

181
朝食にうどんを食べて、お部屋の掃除と片付け、YOHさんAYUさんはトイレ整備
その後、楽しませて頂いたお礼にみんなで小屋のペンキ塗り

194
ヤッケの中は汗だく、暑かったけどキレイになって満足満足

196
小屋の前で記念撮影して下山(NON撮影だから私いませんよ)

199
「オダマキ」「サンカヨウ」「エンレイソウ」「」

205
3月に泊まった白骨温泉「丸永旅館」で汗を流す。
混浴露天風呂にみんなで入ったりして、白く濁ったお湯だからこそ出来る混浴ねspa

松本の十字路で遅いランチを食べて、長野の山友と別れ東京組3人は高速の人となりました。

十石山 靜かで抜群のロケーション お花も景色も素晴らしい山でした。
十石山避難小屋は地元の有志の方々が整備しておられます。
ホントに気持ちよく過ごすことができました。ありがとうございました。

息子は初小屋泊まりを体験、素晴らしい景色に感動していたようです。
これからドンドン 山道具に給料を注ぎ込むことでしょうhappy01

鳳凰三山 縦走Ⅱ

2013年7月14日 4時起床今日は稜線歩き 嬉しいことに雨は上がっていました。

撤収し小屋の前で記念写真撮

64_large_2
小屋のすぐ下の沢を渡って地蔵と観音の鞍部へ

077
稜線へ出ると強風 昨日見えた甲斐駒もアサヨ峰も山頂は雲の中

70_large
地蔵岳オベリスクからの稜線shine

091
観音ヶ岳手前鞍部で富士山バックに ジャンプ ジャンプup

81_large
ふたりでジャンプ~up

87_large
Y隊長もジャンプ~up

103
ひとしきり飛んで遊んだら、観音ヶ岳へゴーdash 

89_large
観音ヶ岳岩の上 北岳バックにでも飛んじゃいましたupwardright

93_large
観音ヶ岳山頂は、狭くて混み合っているので、次のピーク「薬師ヶ岳」へ歩みを進めます。

薬師に向かう稜線の先に富士山 南アルプスの良いところは富士山が大きく見える事ねfuji

108
地図を広げて山座同定 南アルプスは奥深いわ~

100_large
北岳の雲は取れそうで取れなくて、結局山頂を見ることはできませんでした。116_large

117

薬師ヶ岳向かいのピークで行動食を食べて中道を下山
標高差10630m 単調な樹林帯を青木鉱泉へ、いや~膝にきました。catface

本日であったお花 石楠花・ツマトリソウ・リンギョウサオウ・ナナカマド

123
楽しさ爆発の私達、写真いっぱい撮ってくれてみんなありがとう 特にY隊長happy01

124
「白山温泉」で汗を流して、渋滞の中央道を走ってお家に帰りました。

201371314

久しぶりの縦走登山、初めての南アルプス、楽しい仲間、充実した二日間でした。
みんな 楽しい縦走、素敵な思いで ありがとうnote
 

「鳳凰三山縦走Ⅰ」オベリスクに登る

2013年7月13~14日 「鳳凰三山」初南アルプス

山を始めた頃からの山友5人で鳳凰三山へテント泊で行ってきました。

12日夕方、DちゃんMさんをピックアップして八王子道の駅でYさんAちゃんと合流
急いで高速へのる、なんせ20時前乗れば通勤割引で半額だかね、ここ大事sign01

青木鉱泉で車中泊し翌朝6時登山開始 まずは元気に記念写真

001
ドンドコ沢コース 滝を見ながら鳳凰小屋まで登ります。
久々のテント泊縦走でザックが重いけど。気の置けない仲間との山行は心軽くウキウキheart04
こんな急登もなのその

002
沢を見ると「沢屋」の血が騒ぎ岩場をクライミング

011_2
009
指さす先に「南精進ヶ滝」 緑の中に白い花崗岩の岩肌を落ちる滝 美しいねshine

016
登山道にザックをデポして5分程歩くと「鳳凰滝」左右から翼のように滝が落ちている。

023
そしてまた、エッチラ コッチラ 急登を登る。テント泊グループが多い気がする・・・・

024
流れる水は白糸より太い「白糸の滝」

027
ドンドコ沢滝めぐり最後は「五色ヶ滝」迫力あります。

030_1_2
「ゴゼンタチバナ」に励まされて

036
「観音ヶ岳」が左手に見えたらもう少しで鳳凰小屋です。頑張れsign01

038_1

滝めぐりしながら6時間かけて鳳凰小屋に着くとすでに大混雑、狭いテン場に支持され隣接して64張り、小屋始まって以来の混雑だとか、テント背負って登ってきて小屋泊まりの人も結構いたらしいです。
どうやら北アルプスの天候が悪く、南へ流れてきたグループが多かったと聞きました。

040
テントを張っているとポツポツと雨が降り始め暫くテントで待機の後、「地蔵岳」へゴーdash

樹林帯を抜けると、急な砂斜面つづらを切って登る。これがキッツイ bearing

048

念願のオベリスク登頂 good 風が強くて吹き飛ばされそうでした。

049_2
オベリスクから甲斐駒ヶ岳方面 

49_large
富士山と観音ヶ岳方面

057
南アルプスの山々 北岳(山頂は雲の中) アサヨ峰 駒ヶ岳

053
苦労した砂斜面の登りも下りは楽々にあっという間に下山 また雨が降ってきました。
鳳凰小屋は人でごった返してして、トイレも行列、でも水は豊富で常に出っぱなし、これは有り難いですね。小屋の前に大事に保護されている「アツモリソウ」小屋の方は来る人来る人に自慢してました。

「ミヤマハンショウヅル」「キバナアツモリソウ」「クルマユリ」

073
テントで夕食 雨で寒くてビールを飲む気になれずにいたら、Dちゃんから日本酒をゴチになりました。そんでメインはα米にグリコのフリーズドライのカレー、このカレー山屋には評判よかったのに製造中止になったんだって残念。
 ご飯を食べて一息ついたら、隣のテントにお酒片手に乗り込んで5人で小宴会、Mさんのドラエンモンザックから、美味しいつまみが出てくる出てくる いつもご馳走様さまです。
残念ながら写真は・・・無いです~bleah

20時に就寝 めいっぱい張られたテン場ですが皆さんマナーが良くて靜かな夜でした。

   ・・・・・つづく

 

 

 

塩釜仲卸市場 朝市

蔵王振り子沢 沢登りの後 遠刈田温泉で汗を流して公園でキャンプ

翌日の7日帰る前に「塩釜仲卸市場朝市」へ

仙台の山友 Tobyさんハニーちゃんが会いに来てくれて、一緒に市場で朝食です。
まずは市場を探索

119
マグロ屋さんが多いですね~ 「生牡蠣」「生ホタテ」その場で食べられたりできます。

125
我々がゲットしたのはこれ 

122
300円でご飯と味噌汁を買って、海鮮丼にして食べました。新鮮だからメチャうまup

124
お土産に「キンキ」と「でかいアサリ」と「車エビ」を購入 留守番の息子に食べさせないと happy01

お二人から「塩竈の藻塩」を頂きました。塩釜って塩作りの聖地なんだってsign01
ありがとうToby&ハニーちゃん今度は海でなく山でご一緒しましょうね 

名残惜しいけど、お二人と別れて高速の人となりました。
14時半に家に着くと、36℃の蒸し暑さ、梅雨が明けておりました。

涼しい 蔵王が恋しい~~~


 

蔵王振り子沢

2013年7月6日 宮城の山友さんと蔵王振り子沢へ沢登り

5日20時出発し「らら号」を走らせること4時間半、遠刈田温泉到着しビバーク
翌朝8時 エコーライン賽の河原で地元白峰会の皆さんと顔合わせ、ご挨拶して出発

山友さん方のブログで、毎年今頃登られているのを見て、私も行きたいと思っていたので夢が叶って嬉しいのなんのってup

「振り子沢」という名前の沢はあちこちにありますが、蔵王のは2段です。

010
濁り沢に入渓 橋の向こうから振り子沢へ

019_2
巨岩を乗り越え でっかい「イタドリ」をかき分け

024
小滝を登り「タニウツギ」のトンネルをくぐる

029
「タニウツギ」の向こうに下段の「振り子滝」 ここで小休止

033
滝の左を巻きます。

037
上段「振り子滝」は右から 雪渓がありました。

040
振り返ると「不帰の滝」と「エコーライン見晴台」

041
振り子滝 落ち口

051
滝の上はお花畑 shine

・シロバナハクサンチドリ・ハクサンチドリ・オノエラン・モウセンゴケ

065
・イワカガミ・ミネズオウ・アオノツガサクラ・キンコウカ・アカモノ

069
沢の詰め 雪で磨かれた岩はツルツルで手強すぎ 巻いて登りました。 

067
お目当ての「コマクサ」登場 大株で見事です。

068
風が強くなり、ガスがでてきました。

074
五色沼の淵はコマクサ天国~note 霧さえなければ・・・・

078
波打つ五色沼 まるで海のよう

082
霧で見えない五色沼の淵を歩いて、濁り沢を下ります。
懸垂下降2ヶ所 強風にあおられ、滝が下から逆噴射sweat01

087
ミルク色の濁り沢 珍しい現象が見られました。

097_2

ここを登れば、エコーライン大黒天駐車場098
コマクサ平を歩くと あちこちにコマクサ 白いコマクサ一輪発見up

104
お天気はイマイチでしたが、白峰会の皆様の温かさと、蔵王の自然に感動した一日でした。晴れた日のお釜を見に行かなくちゃなりませんねsign01

今回の計画をたててくださったナマステさん ありがとうございました。

201376
 

スカイツリー七夕特別ライティング

6/29(土)~7/7(日)七夕特別ライティング

天の川をイメージしたライティング『七夕』・・・ライトが下から上へ移動します。

023
星降る夜空をイメージした『夜空』・・・灯りが段々増えていき、流れ星のように光が右上から斜めに流れます。
右の写真 真ん中あたり斜めの灯りは流れています。

003
6/30~7/6 点灯スケジュール
七夕』 19:15~21:00 ・ 22:00~23:00
夜空』 21:00~22:00 

7/7 点灯スケジュール
七夕』 19:15~20:00
七夕ライトダウン(※)』 消灯 20:00~22:00
夜空』 22:00~23:00

※七夕ライトダウン
環境省主催の『ライトダウン2013』の主旨に賛同し、
7/7(日) 20:00~22:00 ライティングを消灯します。

ふとベランダからスカイツリーを見ると何時もと違うじゃないsign03
早速三脚にカメラcameraをセットして撮影 このために三脚とリモートレリーズ買ったんだもんscissors

スカイツリー見に来られない皆様 少しだけ行った気分になってくださいませhappy01

裏那須 井戸沢

2013年6月29日 裏那須 井戸沢へ沢登り 

    ※ポインターが手のマークになる写真クリックすると大きい画像で見られます

3週間ぶりの裏那須 この山域はいつ来ても靜かでいいわ~
28日夜出発し、小雨の中、深山ダムサイドでテン泊 
翌朝5時起床 外は濃霧だが朝食を食べて車止めまで移動し6時50分には歩き出す。

1時間の林道歩き、入渓 でっかい堰堤を超える。
この堰堤のお陰で、井戸沢入渓点は涸れ沢となっているのだと・・・前回見落とす訳だsign01

009
F2 ここが井戸沢の核心 右から、念の為ザイルを出す。

013
小滝 滑滝を小気味よく登る。

023
029
1400m辺りに来ると、タニウツギのピンク色が目に飛び込んできた。

046
コバイケイソウ・ニッコウキスゲ・イワカガミ・シナノキンバイ 沢に彩りを添えています。

058
3週間前にあった雪渓は溶けその後から、ウルイ・ウドが顔を出し、しばし山菜採り。

081

沢で出会ったお花 
・ハクサンチドリ ・オオバキスミレ ・ショウジョウバカマ ・アカモノ ・ウラジロヨウラク

094

沢が枯れるとそこは、浮き石だらけの急勾配のガレ場「天国へ続くガレだ~」なんて冗談を言いながらも、落石に注意しながら慎重に登りました。なんせ触る石全て浮いてるようなもんだから、緊張しました。

097
緊張してお腹も空いたので登山道へ出るちょい前で、コバイケイソウの花を眺めながらランチ休憩  

詰めの笹藪漕ぎをちょっとすれば登山道、霧のため眺めがよくないけど、霧の切れ間に見える花たちに癒されます。そんで「流石山」でジャンプ

103
この後、数分雨に降られたかと思うと、陽が差したり、忙しい天気、ガスは取れませんでした。

106
コバイケイソウを眺めながら進むと、キスゲのつぼみがツンツン顔を出しています。
1週間もすればここは「コバイケイソウの山」から「キスゲの山」へと変わっていくのでしょう、それも見たい、花好きの山友を連れてきてあげたいって思いました。

113

登山道で出会った花 ・ニッコウキスゲ ・コバイケイソウ

124
・ウサギギク ・ミネウスユキソウ ・ヤマオダマキ ・ギンリョウソウ

125

霧が切れた一瞬見えた三本槍岳

116
大峠を下り、峠沢沿いを歩き三斗小屋跡手前の橋で猿の集団と遭遇
猿に道を譲って、沢へと下りて進むと後をついてきたようでした。

136
車に戻るとまた雨が降りはじめましたが、ダムサイトにテントを張って温泉へ
テントで飲みながら反省会と宴会 採ったうるいを茹でておひたしで食べました。 

143
天気はイマイチでしたが、沢登りを楽しみ、山菜を採り、沢山の花を愛で、感動の山行になりました。
歩行距離 14.13km  時間 9時間15分(花を楽しみながらゆっくりペース)
リベンジ大成功 happy01

収穫した「ウルイ」と「ウド」 分けてお土産にしました。

145_2

早朝「キャッキャッ!」の声で目が覚めるて外に出ると、お猿さんがいっぱい~
トイレの周りには特に多くどしよう行きたいのに・・・近づくと逃げて行ってくれました。
でも、トイレの前で「ウオッ!ウオッ!」と威嚇して入室、だって室内で鉢合わせしたら怖いじゃないcoldsweats01
「ここまで追いかけて来たのかしら?」そんな訳ないね
人には3人しか会わなかったけど、お猿さんには沢山会えた二日間でした。

朝ご飯食べて、空いてる高速飛ばし午前中には家に着きましたとさ
あ~楽しい沢登りでした。happy01

 

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天