« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

ボディブラシを買いに

2013年10月31日 ボディブラシを買いに浅草へ

いつ行っても浅草仲店は観光客でいっぱい、大提灯は修理中で提灯がプリントされた垂れ幕
垂れ幕でも、皆さん写真撮ってました。

Ncm_0415
目的は言問橋の袂にある刷子ブラシ屋さん 隅田川からスカイツリーを見ながら歩く

「ゴールデンスカイツリー」 アサヒビールビルに映る金色のスカイツリー

Ncm_0417
「東武電車とスカイツリー」

Ncm_0418  
「言問橋とスカイツリー」 橋を渡ると正面にド~ンと建つ姿は凛々しい

Ncm_0422_2

刷子ブラシ屋「まーぶる」

Ncm_0421
職人さん手作りのブラシが色々 お値段は少々お高いけど品物が良いgood

他では見ない形のボディブラシ、枝の先に亀の子束子が付いた形状
水はけがよく日光に干せるんだって、毛は馬毛と猪毛の硬めをチョイスhappy01

お勧めの、プレミアム毛玉取りブラシ(カシミアウール専用)も購入

Ncm_0425
オマケに束子ストラップ頂きました。
小指の第一関節ほどの大きさの束子、天然毛100%です。

1

言問橋を渡って「ソラマチ」でお買い物して帰りました。

 

スポーレ&榛名山黒岩 クライミング

3013年10月24日 つくばスポーレ

身体のあちこちに痛みを生じて控えていたためか、2ヶ月ぶりのインドアクライミング
外岩にはちょくちょく出かけてたけどねwink

薄かぶり壁 5.10aでアップ 今日はゆるゆると易しいコースでいこう
薄かぶり壁 5.10b 
どっかぶり壁 5.11a これ登れてホッとする

筋力・持久力が落ちているので、これを復活させるためにはやっぱ週1で登らなければsign01

2ヶ月前取り組んでいた課題を触ってみる
垂壁 5.11cd テンションかけながら登ってみるが難しい~保持力が足りない
来月薄かぶり壁はルートが新しくなるので、5.11aを触ってみるがこれまたアカン~

10月28日 U氏と榛名山黒岩へクライミング

平日の岩場は空いていていいね~お天気最高 くもひとつ無い空
紅葉は山頂辺り、でも艶やかさに欠けるね、やっぱ紅葉は東北だって改めて思う

005
夏子5.8 マスターオンサイトを狙ってみるが・・・・ワンテンbearing

23_large
2打目は別人のようにスルスル登れてRP 

30_large
U氏は 宿題 北壁エンド・オブ・ア・レインボー5.12b 
30mのそり立つ壁をビレイするのは首が疲れる。
U氏が用意してくれたプリズムグラスeyeglassをかけてみる。
これはすごい見上げなくてもクライマーの様子が目の前に見える。
クライミング1回目、中程を登ったあたりから、ビレイしていてなんか気持ち悪い・・・shock
乗り物酔いなど滅多にしない私が眼鏡で酔ったsweat02
次からは、酔わないコツを掴んだので大丈夫だったgood

オヤジギャク 5.10c やさしめに登ってMOS
ボランティア 511a かぶった核心に手も足も出ず 遠いな~11sweat01

スポーレでお会いする U山さん H川さんと偶然会う
U山さんは、長身で手足が長くスリム体型で軽やかに登る方だな~って思ってはいたけど、その昔クライミング界では名を馳せた方だと知って驚く

秋の日はつるべ落とし 5時には暗くなってしまう
4時半に片付けて下山 秋は登れる時間が短いなぁ~

上野ブラブラお散歩したら

2013年10月27日 台風一過の雲ひとつない青空 
じっと家にしてるなんてもったいない~出かけようどこへ?
久しぶりに上野をお散歩、つでに三連休フリーパスと新幹線の指定席チケットを購入

歩く前に腹ごしらえ「マグロとアボカドのタラコソース丼」

003
上野のお山に行く前に「とらや」山道具屋へ寄り道、店長さんと登山靴と山スキーの話をして情報ゲットgood

お山に行くと「ヘブンアーティストTOKYO」大道芸やアーティストがあちこちで芸を披露しているイベントをやってました。ラッキーnote

蛙の噴水ではジャズバンド演奏

005
動物園方向へテクテク歩いていくと マジック グロテスクなメイクの彼女は「ALICE」
真ん中:千円札を五十円玉が通ってます。
左:縫い針と糸を飲み込んで針目に糸を通して口からだしてます。

009
日本芸術館前 「切り絵」撮ろうとしたら終わりだった。
皆さん、チップを頂くために色々と工夫をしてます~よsign01

013
野球場の向こう会場 シュールコメディ「おじゃるず」

022
噴水前広場 エアリアルポール フラフープとポールを使った演技 フランス人Julouさん

033
日本芸 独楽回し

028
パントマイム「加納真実」さん シュールなパントマイム最初は・・・・でも見てると笑える

038
「仮面舞踏会」と題する演技では、簡単だけど奇妙な踊りに観客を巻き込んでいく

048
彼女のファンが始まる前から場所取りしていたのが納得 笑えた~笑った~楽しかった happy01


庚申山荘とお山巡りコース

2013年10月19~20日 銀山平~庚申山荘~お山巡り~庚申山荘~銀山平

メンバーは春に袈裟丸に行った4人、袈裟丸から見えた「鋸~皇海山」の予定
19日行田で待ち合わせ、Kちゃんのピカピカ真っ赤なXTRAILに乗り込み銀山平へ
「かじか荘」に駐車し、庚申山荘宿泊料 ひとり1泊2000円を払い山行計画書を出す。

林道を50分程歩くと「天狗の投石」同じくらいの石ばかりがゴロゴロ 

037_1  
「天狗の投石」から15分程で「一の鳥居」と「七滝」 紅葉はチラホラ

045
「一の鳥居」でお昼を食べて、ここから水ノ面沢沿いを「庚申山荘」まで歩きます。

右上:「鏡石」 左下:「仁王門」 右下:「夫婦蛙石」 

053
「仁王門」脇に「山葡萄」を発見 蔓を引っ張って抓んでみると酸っぱくまだ甘みが少ない
Mさんがジャムを作るというので1.5k程採取 みんな楽しそうnote

057_3
14時5分「庚申山荘」着 

060
余分な荷物を置いて「お山巡り」へ

074
今年の紅葉はイマイチ、台風の為か、葉が痛み紅葉する前に枯れているのが多い

081_1
「お山巡りコース」鎖・梯子・橋がきちんと整備されています。

077
痩せ尾根が櫛の歯のように並んでいて、その上に立ってみたり、眺めのよいテラスで飛んだり、岩を登るふりしたりして写真撮って遊ぶ up

099
テラス手前から「袈裟丸」が見えます。

084_1
テラスから見下ろすとこんな感じ~

086_1
梯子を下りて「鬼の耳こすり」へ

097_1

「眼鏡石」を通って「チョクストーン」をくぐって、大きな岩の間を抜けてグングン下ります。

112
2時間20分かけて「お山巡り」を堪能sign02 遊び過ぎたhappy01 暗くなる前に小屋に戻りました。

小屋番の森さんを誘って宴会開始、メインは「鍋」、持ち寄り「一品料理」、私は弟から土産に貰った宮崎地鶏を長ネギと炒めました。kちゃんのザックからはワイングラスとワインが出た~wine

118_1
外はすでに雨が降り始め、明日の皇海山は延期とし小屋でまったりして観光して帰ることに、そうなったらみんなお酒が進むことsign01

明日「庚申山猿田彦神社」秋の例祭で氏子さんと神主さんが上がって来ていました。
宴もたけなわになると、皆さんも一緒に酒盛りとなり楽しい一時を過ごしました。

森さんから、山の話を聞き、ロープワークを教えていただき、資料まで頂きました。

お話のひとつ「子鹿ハナの恩返し」

 骨折した母鹿が小屋の近くて出産し命を落とした。その時母鹿は涙を流し「この子をお願い」と森さんに目で訴えたのです。森さんは薄めたコーンスプを与え数日抱きかかえて添い寝し子鹿の命を繋ぎました。子鹿は順調に成長しやがて小屋を巣立っていきました。そしてある日母親となって森さんの前に姿を現し子供を見せにきました。子供は人を怖がって側まで来ることはありません、でも子鹿のお尻を鼻先で押して「あの人は命の恩人なんだよ」と教えているようでした。
 今でも、森さんの声は解るらしく、「ハナ」と呼ぶと近くにいると寄ってきます。森さんが山へくると遠目にお出迎えをしてくれるそうです。 森さんにだけ警戒心を解くノです。
 今夜も子鹿2匹連れてやってきました。

写真左:奥に光って見えるのが子鹿 写真クリックすると画像が大きくなり解ります。

132
20日 やっぱり雨 6時過ぎに起きてまずはコーヒー その後、おじやで朝食
ゆっくり身支度をして、「猿田彦神社例祭」に参加しました。

お祓いをしていただき、玉串をお供えし、御神酒をいただき、有り難いお話をお聞きしました。
神とは山全体であり、目には見えない、神の懐の中に私達はいます。

「大切なものは目には見えないものです。」

このフレーズ「星の王子様」の中にあったshineなんか嬉しかったheart04

141
小雨の中下山、一の鳥居に玉串を奉納して銀山平へ、来た時より紅葉が少し進んだ気がしました。

025_1
足尾銅山に立ち寄り坑内を見学 お土産に銅の束子と食器洗いスポンジを購入

029
お蕎麦屋さんで天ぷら蕎麦を食べて、わたらせ鉄道水沼駅温泉でお風呂に入って帰りました。

034

皇海山には行けなかったけれど、年に2回の猿田彦神社例祭に参加でき、庚申山荘小屋番の森さんとお近づきになれ、楽しい時間が過ごせた山行でした。

20131019

皇海山は、来年日が長い季節にチャレンジします。

 

榛名山黒岩 クライミング

2013年 10月17日 榛名山黒岩2度目である。

今日は南陵マルチピッチをU氏にリクエスト

003
いい訳から、クライミング2週間空くと、思うように身体がいうこと利かないから上手く登れない、そのせいか妙に怖さが増し、あぶみ作って登るはヌンチャク掴み放題・・・ダメだこりゃ

005
2ピッチ目もフォローで登って、懸垂で降りる。高度感がありお天気良くて眺めは抜群

008  
ランチ食べて、ふと気づく、あぶみ代わりにしたスリング回収して来なかったsweat01
ご一緒していたKさんに登って取ってきていただきました。ありがとうございました。

U氏の宿題 北壁「エンド・オブ・ア・レインボー5.12b★★★★」
ヌンチャク掛けるだけで1時間程かかる
高さ30m垂壁は日本ではないようなスケールの岩、何度見ても迫力がある。

Kさんも挑戦

010
私は東面の易しい所をと思ったけど、調子があまり良くないので、南面のもっとも易しいルートをリードして終わりとしました。

U氏 ムーブを掴むべくガッツリ登る。数回来ればRPできそうだって、凄いな~

015
前回は「黒岩老眼鏡5.10c」をRPできたのに・・・・今日はダメダメcoldsweats02

週に一度はインドアでも外岩でも登っていないと、筋力持久力が落ち感覚が鈍るthink
シビアだ「ロッククライミング」それだけに努力は必ず報われるのが「ロッククライミング」なんだってsign01 

11月は頑張ろうっとpunch

那須 南月山~白笹山 紅葉山行

2013年10月14日 那須 沼原~姥ヶ平~牛の首~南月山~笹山~沼原

三連休最終日予定無し、お天気いいし台風が来る前に紅葉を見に行きたいmaple
日帰りでサクッと行ける山「そうだ那須へ行こうnote

色々調べて、メジャーコースは混でいるからマイナーコースを選択
前夜発車中泊にしようと考えたけど、夕方犬の散歩に出たら、知人に久しぶりに会って1時間近く立ち話してしまって朝出に変更、こんな事もひとりで出かけると軽く変更できていいかもsign01
 
4時半「らら号」で出発 ガソリン満タンにして高速に乗る、暫く走ると目がシバシバして変down
蓮田SAによって目を閉じ10分程仮眠、これだけでスッキリ 辺りも薄明るくなって快適に走って7時半沼原駐車場へ到着 結構車停まってました。

準備体操してゆっくり歩き出す。湿地経由のつもりが、真ん中の道を進んでしまった。
湿地から登ってきた方に様子を聞くと引き返して見るほどではないと言うので、お花の時期にまた来ようと決め先に進みました。

「沼原・三斗小屋温泉分岐」手間で一時視界が開けた。

002_2
ズ~ムしてみると、朝日岳稜線に登山者だ~

003_2
姥ヶ平の紅葉は9日頃がピークだったらしいから期待薄だったけど、そこそこいいじゃんmaple

012_2
ひょうたん池で茶臼岳の雲が取れるのを待ちながらコーヒーブレイクcafe 

034_2
038_2
「姥ヶ坂」で振り返ると、6月に登った「井戸沢」「流石山」が見えたよup

049_2
「牛ヶ首」で写真撮って「南月山」へ 
「姥ヶ平」紅葉最盛期はそりゃ綺麗なんだろうって容易に想像できるから来年また来ようhappy01

054_3
ガスが出てきたけど 南月山手前誰もいないので恒例行事 ひとりでもジャンプなのだwink

060_3
「 南月山」山頂で早めのランチ 質素でしょdelicious

067_2
「白笹山」へ、行き交う登山者は数組 この山域は熊さんが出るので「熊鈴」リンリン鳴らして歩きます。
 標高1719m山頂はこれsign02 小っちゃっsweat01 でも山名版がちゃんと付いてます。
居合わせたお兄様方お二人とシャッター押って下山、笹と付くだけあって稜線も下山道も笹の道、一箇所朽ち落ちそうな板を渡した橋がありました。

078_3
沼原調整池の向こうの「西ポッチ」山 登山道が無い小さな山、なんか気になる。
バリエーションで登ってみたいなぁ~でも、熊さんと出会うと怖いな・・・・

駐車場まで5分程の枯れ沢で、熟年登山者4人グループがコーヒーブレイク中cafe
ご挨拶すると「コーヒー呼ばれていきな」って、
「ありがとうございます。遠慮無くご馳走になりま~す」行動食用に焼いたパンを裾分けしてお喋り。
 立派な三脚にカメラを持ってらしたので、「いい写真撮れましたか?」って聞いたら
「姥ヶ平へ行くつもりが、登山口間違えて白笹山ピストンになって、写真はダメだ~」ってお兄様
「こんなに歩くとは思わなかったわ、疲れたわ~」ってお姉様
今年は紅葉は今ひとつだって、リタイヤされてもピークに合わせて山に行くのは難しいですね。
ご馳走様してお先に下山 駐車場13時50分着 

歩行距離10.1km 行動時間 5時間50分
 
今年初「おひとり様山行」たまにはカメラ持ってのんびり写真撮りながらひとりで歩く山ってのもいいなって初めて思ったのでした。

20131014_2
「乙女の滝」に寄り道

089_2
源泉掛け流し「ほたるの湯」で汗を流して、渋滞の高速を走り帰りました。

 

小さな「鉄ちゃん」遊びに来る

秋休みを利用して宮崎の弟一家が遊びに来た。

目的は「鉄道博物館」train

小学校三年生の甥っ子は鉄道ファンなのだsign01

10月11日 向島の「東武鉄道博物館」へ 入館料200円 安い

一丁前の「撮り鉄」だ~

050
金曜日午後とあって館内は人が少なく「運転シミュレーション」やりたい放題

051
満足したところで「上野駅」へdash
新幹線入場券を購入し、「はやぶさ」「こまち」「はやて」「やまびこ」など間近で見る。
目が爛々と輝いてる小さな鉄ちゃん

続いて「寝台特急カシオペア」
上野~札幌間/おとな1人分の料金スイート
46,360円 乗ってみたいもんだ。

063
069
 帰りに「京成スカイライナー」と在来線を堪能

075
夜は、妹が来てみんなでお好み焼きを食べに行きました。
姉弟が揃うのは、何年ぶりかしら・・・祖父の葬儀以来かな・・・

10月12日(土) 電車で大宮「鉄道博物館」

開場50分前に着くとすでに、20人程並んでいる。小さな子供連ればかり
シュミレーションをやるには、整理券を貰わなくてならないので1時間前には並ぶのは鉄則らしい(義妹調べ)

ほらこの景色、雑誌やネットで見かけたことあるでしょsign01

022_3
ミニ電車シミュレーションbus 実際にレールの上を走り、駅では信号に従って止まるんだ。
ちびっ子は大喜びだよね、たまに中学生くらいの子もいたけどさすがに大人だけで乗り込んでいるのは見なかったね

035_3
歴史的価値のある列車の展示は、大人の興味をそそるかな~
私的には こういう風に撮った電車写真が好きheart04

041
甥っ子がぽつり「昨日の方が楽しかった・・・」どうやらシュミレーションが好みらしい、子供らしくていいね、しかし、このまま成長して「電車の運転手になりたいから、埼玉の鉄道の学校行きたい」とか言い出したらどうするなんて話をしたりしてhappy01  

博物館は飽きたので、東京駅へ行ってみる 京浜東北線で爆睡する甥っ子疲れたね
ボーとした顔で東京駅、在来線(東海道線)をホームから見てると、一段上の新幹線ホームに「スーパーこまち」が停まってた。昨日見られなかったから見られて良かったよwink

こうして、鉄道三昧の二日間を終えて、13日午前中に帰ってゆきました。
電車にいっぱい乗って、色んな電車見て、満足してもらえたかな、また遊びにおいでね paper


蔵王のお土産

蔵王で買ってきた食材

・「里芋」ねっとり感が強い

・「枝豆」甘みがあり粒が大きい、この時期関東では枝豆終盤で店先で見なくなる

・「梨」 色々試食して「ゴールド20世紀」瑞々しく甘い 女性に人気なんですって

・「葡萄」 名前忘れた・・・見た目は子供の食べた葡萄 でも食べると甘くて美味しい
 ※ 子供の頃食べた葡萄は噛むと種の周りが酸っぱく、噛まずに丸呑みしてたべてた、だから一房くらいあっという間にたべてた記憶が・・・ 

丸山沢登り前夜祭で「宮城風」と「山形風」の芋煮を食べました。
牛肉を使う山形風はおかず、宮城風は豚汁って感じ
「ございん市」で買った里芋で「山形風芋煮にチャレンジ おつゆ少なめで作りました。

009
貴重な「山葡萄ジャム」 山に山葡萄を取りに行き作ったという自家製 甘酸っぱくてメチャ美味しいnote
ヨーグルトと一緒にありがたくいただいております。
チャリマさん ご馳走様です。

015_2


蔵王 紅葉の丸山沢

2013年10月6日 宮城蔵王 丸山沢 紅葉沢登りへ行ってきました。

7月の振り子沢に続き、宮城の山友さん白峰会の皆さんとご一緒の沢登りです。
5日は移動だけなので出発は7時半、雨模様の中「らら号」に乗り込み出発
ゆっくり目に高速を走って待ち合わせ蔵王町役場に11時45分到着

催し物「ございん市」をやっていたので、「舞茸おこわ」と「おでん」を買ってランチ
隣席になった相馬から来たご婦人ふたりとお喋りしたりして旅感たっぷりup
お土産に、里芋、梨、枝豆、梅干し、キャベツを購入(来たばかりなのに早っ)
そうこうしていると、待ち合わせ時間になり「蔵王の案内人」さんと3ヶ月振りの対面
本日の宿兼宴会場である「蔵王山岳会すみかわ小屋」へ移動 霧が深く視界5m程でした。

001_2
夕方になりメンバーが集まると宴会開始 豪華料理がテーブルに並びます。
宮城芋煮、山形芋煮、秋刀魚押し寿司、塩釜の塩辛等々 お酒だって出てくる出て来るnote

004
山の話で盛り上がり、飲めや食べろやの大宴会は11時近くまで続きました。

6日6時起床 朝日が差し込み青空が見え、霧で隠れていた紅葉が顔を出しました。
きしめん入り芋煮で朝食 パーコレータでいれたコーヒーをいただき朝から大満足heart04

エコーライン賽の河原駐車場から出発 今朝は夏のように暑いよsweat01
「三途の川」の紅葉 黄色が綺麗shine

010
向かう先は紅葉真っ盛りです。

015
紅葉バックに集合写真

019
画像クリックで大きくなります。

023
濁川へ下り橋を渡って行くと山葡萄のトンネル 甘酸っぱい山葡萄を食べ食べ歩きます。

030_2
羚羊温泉跡で水を補給して丸山沢に入渓

033

「イタドリ」のでかいこと

040
まさに紅葉沢登り 最高~up

048
056
足場の悪いところでは皆で協力して、お助けシュリンゲ出します。

060
溶岩が石ころを抱き込みながら固まった岩肌は見た目より悪い、2ルートで登ります。

067
次の滝は右から巻いて、本日の核心20mの滝壁が現れました。

071
きこりさんがハーケン打ちながらリード カッケ~heart04

074
ガスの中に突入、寒くなって合羽着用 みんな登ってきたらランチです。

086
まだまだ滝が続きます。

106
二段の滝、ざれた急登を巻きます。

109
ロバの耳に登頂 時折霧が晴れお日様が顔出し薄くブロッケン現象が見えました。

121
ロバの耳で「ソロでジャンプ」 「マロさんとジャンプ」 「トラ山さんマロさんとジャンプ」ノリがいいね~happy01

122
記念写真撮って下山

116
ザレザレ斜面、石を落とさないように気をつけてdanger

125
野湯「カモシカ温泉」に寄り道 霧が無ければ絶景なんだって残念、ちょこっと足湯

20131006_145416_2
尾根を下り「羚羊温泉跡」を経由して駐車場へ登り返して終了
皆さんとはここでお別れ、温泉に入り高速の人となりました。

2013106
私達が行くとうことで、小屋を借りて親睦会を開いて沢を案内してくださいありがとうございました。
親睦会の、豪華なお料理、銘酒、自家製果実酒など、美味しくてお腹はち切れそうでした。
それにしても皆さんお酒が強いこと、45Lゴミ袋いっぱにビール缶や酒ビンが詰まっていましたね。翌日「飲み過ぎた」なんて仰ってましたが沢を歩く足取りは軽く感心してしまいました。

お天気はイマイチでしたが、艶やかな紅葉が見られ素敵な沢登りでした。

東北の皆さんの温かさ優しさに甘えて、また行かせていただきます。いいですよねhappy01

 

小川山クライミングキャンプ 

2013年10月1~3日 小川山クライミングキャンプ 

今年4回目の小川山 お天気が心配だけど行こうと中央高速を走り廻り目平キャンプ場へ
小雨パラパラの中、今宵の宿を設営

003
雨・・・小雨だけど止みそうもない、岩が濡れて登れない・・・
コーヒー入れてまったりして、薪集め、傘さしてトポ片手に探索
八幡沢左岸スラブ「トムといっしょ5.10a」終了点に黄色スズメバチの巣発見 danger
そそくさと退散 怖い怖い 気がつかないで登ったら死んじゃうね

対岸の「マラ岩」明日はあの辺りを登りましょう。

002
「ガマスラブ」を探索してテントに帰り、金峰山荘でお風呂 流石平日貸し切りgood
ディナーは「キムチ鍋」 焚き火の側で日本酒飲む 時間がゆっくり流れていきます。

005
2日sun 今日は一日登りますよ~うどんを食べて「妹岩」へゴーdash
宿題「彩花5.10d」ここに行くには木登りが必要

0002_large
U氏にヌンチャクかけてもらい、まずはトップロープでムーブを固めてRPを狙う予定

019  
U氏の宿題「イエロークラッシュ5.12a」 U氏はお知り合いと偶然会って同じルート狙い
この赤シャツふたり一日でRP 凄いわ~ステキshine

023_2
私はお土産にできず、宿題のまま終わったのでした。wobbly
真っ暗になるまで登ってテン場にもどったら金峰山荘お風呂の時間ギリギリでした。

今宵のお食事はこれだ イタリアン風~飲み物は赤ワインwine

029_2
自然の中で一見豪華に見える食事を食べワインを飲み、焚き火をする 贅沢だわ~

3日sun今日もいい天気、二日前より白樺の黄色が進んでいる気がする。

038
「兄岩」北面 「ガンバレクマさん5.10b」「北上カンテ5.10b」にトップロープで触ってみる
なんか難しいこれで10bなの~~~って感じ down
半月登ってないとヘタになっるし、持久力が落ちてる coldsweats02

050
U氏は「森の緑にかこまれて5.10b★★」RP 二日間でふたつもお土産できてウキウキ

048
私は、宿題ばかり増えた今回のクライミングでした。
でもね、楽しかったからまっいいかhappy01

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天