« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

鰹の茶漬け

初鰹の頃になると必ず食べたくなるおふくろの味「鰹の茶漬け」

 
「鰹の茶漬け」を作るために山椒の木を育てる、芽吹いた山椒は出番を待ってる。
 
Img_6522  
薬味の大葉、大きくなりました。
 
Img_6529   
すり鉢で摘みたて山椒をすり、次に白ごまたっぷりいれて再びする。
煮きった味醂、醤油を味を入れ鰹の切り身を投入 冷蔵庫で暫し寝かせる。
 
Img_6538
 
アツアツのご飯に刻んだ大葉を敷き詰め、漬けを乗せ再び大葉 そこにお茶をかける。
 
Img_6544  
美味しゅうございました。happy01
 

東京都内の富士山に登ったぞ~

に014年5月30日 品川神社富士塚

YKKAPショールームに行ったついでに、以前から気になっていた都内にある富士山へ登ってきました。
 
「新馬場駅」の真ん前、登山口まで徒歩1分
 
Ncm_0712  
鳥居をくぐって階段を数段登り左手に登山口 2歩で二合目(スッキりしない写真ですいません) 
 
01 
6合目を過ぎると傾斜がきつくなりますよ。
 
Ncm_0716  
あっという間に山頂 眺めはこんな感じ
 
Ncm_0719  
登山道は二箇所、下りは裏側を下りて神社へお参りです。
 
Ncm_0720
 
「品川神社」の富士山=富士塚は15m程の高さ、京急trainから見えます。
「富士塚」はその昔、富士山信仰のために造られた塚、江戸時代には都内にいつもあったそうです。
「富士塚」に登れば本物の富士山に登ったのと同じくらいご利益があるとかsign03
 
    やった~scissors
 
品川神社ってパワースポットなんだってさ~知らなんだhappy01
 

「上高地」ニリンソウを愛でる

2014年5月24~25日 上高地 小梨平キャンプ

コミのイベント「上高地でニリンソウを愛でましょう」に参加
 
24日6時、Dちゃんをピックアップして松本ICを下りる。するとヒッチハイクしている若者達発見、その中のカップルを乗せてあげた。大学の「ヒッチハイクサークル」で高山まで行き一泊して帰って来る計画らしい勿論往復ヒッチハイクでsign01沢渡まで乗せてあげた。
 
Ncm_0691_2
 
沢渡駐車場で兵庫から来た親子に声を描けて相乗りしタクシーで上高地入りする。
大正池ビューポイントでタクシー運転手さんが停めてくれ写真撮影 
 
Img_6455  
上高地は観光客で大賑わい「河童橋」からお決まりの風景camera いつ来ても素晴らしいnote
 
Img_6458_2  
去年登った「明神ヶ岳」とても身近に感じるわhappy01 
小梨平にテントを張り、写真を撮ったりしながら仲間が来るのを待つ
 
01 
メンバー6人揃ったら「穂高」を見ながら宴会開始 ロケーションばっちりgood
 
Img_6485  
近くにテントを張っている一人旅のアメリカ娘を宴会にご招待 すぐに打ち解けてくれました。
夕方 アルプスホルンの音色が辺りに響きわたり、スベシャルな演出heart04
 
Img_6486  
「吹いてみますか」って言われて交代で挑戦、音出ましたよ音程は取れなかったけどwink
 
02
 
「具沢山なめこ汁」「ホタルイカ刺身」「焼き鳥」「山菜天麩羅」「イワナみそ焼き」ご馳走のオンパレード お腹いっぱい お酒もすすみ楽しい宴会でした。
 
翌朝 朝食を済ませたら「ニリンソウ」を愛でに出発 ジェーンも誘ってhappy01
満開のニリンソウは林の奥まで続いています。
 
Img_6504 
Img_6506
 
ニリンソウの中に「シロイロエンレイソウ」「サンカヨウ」「花弁8枚のニリンソウ」
 
03 
明神橋を渡って奥ノ院~河童橋 
 
Img_6511
 
大きなイワナが泳ぎ、向こう岸にはお猿さん 河童橋でソフトクリームを食す。
 
04
 
小梨平に戻り、テント撤収して解散となりました。
 
お天気に恵まれ、満開のニリンソウにキャンプと宴会 楽しゅうございました。
アメリカ娘「ジェーン」は大学で日本語を専攻してたそうで、綺麗な発音の日本語をしゃべりました。
片言の英語と身振り手振りでお話しして、連絡先を交換
「Come vist me in Tokyo anytime!」泊めてあげるからいらっしゃいって伝えました。
連絡くれるかな~待ってるよhappy01
 
翌日は立山でBCスキー予定で富山泊、しかしお天気が悪く滑れませんでした。
来年こそは「立山を滑るぞ~」punchってことで、今年のスキーは終了しました。
 

PPバンドで籠作り!

最近気になってる「PPバンド籠」

東北の「道の駅」で3000円~5000円で売ってた。
山菜摘みに便利だと聞いていたが実物を見て納得、
軽くて丈夫、濡れてもOK、汚れたらザブザブ水洗いできる。
 
家にPPバンドがロールで有じゃない、それならいっちょ作ってみよう~up
 
Pp
 
作り方はなんとなく解るけど、テープの始末や細かい所がをネットで検索
参考にしたのは「ひろろぐ」さん 「おさるのかご屋」 「芸農人やってるかい
とりあえず、犬猫用ベッド籠を作ってみた。
 
籠のサイズを出して、PPバンドを切り、洗濯バサミと目玉クリップで止めながら編む
 
Img_6451
 
はい出来上がり scissors
 
Img_6452  
バスタオルを敷いくと、さっそく「ルト」catが入ってくれたheart04
 
Img_6453
口が大きいとベロ~ンと広がってしまうのが欠点だけど、入ってくつろいでいるので、まっいいでしょうhappy01
次は「買い物籠」に挑戦してみましょう、いつのなるかはsign02ですが・・・
 
 

五月晴れの箱根「明神ヶ岳~明星ヶ岳」

2014年5月17日(土)sun 箱根「明神ヶ岳~明星ヶ岳~塔ノ峰」

 
五月晴れの週末、山へ行かないなんてもったいない、急なお誘いに乗ってくれる友無し
ひとりでお気楽に行ける山、車でなく電車で行きたい気分bus 
 
4時に起きて、箱根へ電車trainでGOdash
「箱根湯元駅」からバスに乗り「仙石」下車 矢倉沢口にはご年配の方が30人程、皆さん「金時山」へ登られるのでしょう。
 
002  
鶯の声を聴きながら30分程登ると「矢倉沢峠」 
 
005
 
両側笹の稜線を歩いて「明神ヶ岳」へ、お花を撮りながらのんびり歩く。
 
007 
振り返ると「金時山」の向こうに富士山の頭がちょこんと見えてきた。
 
017
一休みしていると、バス乗り場で後ろに並んでいて次の便になった男性が追いついてきた。バスの話等をしながらなんとなく歩きだし最後まで一緒でした。旅は道連れってところでしょうかhappy01
 
不本意にも火打石岳を巻いてしまったが「ギンリョウソウ」を見つけたのでヨシとしようsign01 
 
019  
富士見台 ビュースポットから「富士山」 山頂に雲がかかってきた。
 
022 
「明神ヶ岳」11:20 ちょいと早いがサンドイッチとコーヒーと甘夏でランチ 
 
025 
緩いアップダウンのある稜線を歩き「明星ヶ岳」1:00 見晴らしなく見落としそう
 
029  
P710から急登を下り林道へ出る。90m舗装道路をあるいて再び登山道へ
「塔ノ峰」の辺りはシャガが群生して綺麗だった。
 
034 
「阿弥陀寺」境内を通って湯元駅15:50到着 お土産に「月のうさぎ」買って帰宅しました。
 
歩行距離 15..9km 歩行時間 6時間20分 
 
2014517  

ミツバツツジ咲く「子持山」 

2014年5月10日 群馬県「子持山」

週末山に行きたくなって山友Yさんに声かけ「子持山」へ行ってきました。
去年11月獅子岩マルチピッチ挑戦すべく出かけたが、林道工事中と寒さで断念した経緯があり下見も兼ねてハイキングです。
 
5号橋に駐車、登山届提出し7時半出発、屏風岩経由で行くdash
 
001 
屏風岩を見上げ、回り込むように登り「屏風岩」の上へ、
「屏風岩」から見た「獅子岩」名前のとおり獅子に見えます。
 
013 
登山道にはツツジが咲き、新緑が芽吹き、暑くも寒くなく快適な季節 気持ちいがいい~note
山を楽しみながら歩いているとグイグイと「獅子岩」が近づいて来る。
標高951m地点から「獅子岩」 クライマー1組が岩に取り付いていた。
今年中に登ってみたいマルチピッチルートheart04 
 
015
 
「獅子岩」ちょい手前、上写真真ん中右突飛した岩でちょいと遊んで「獅子岩」へ
甘夏食べて一休みして梯子を上って獅子岩の頭に
 
0014_large_2
 
021  
獅子岩で写真撮ったり、ボルダリングごっこしたりして、山頂へ
このあたりから「トウゴクミツバツツジ」の山道となる。
 
031  
10時半山頂、春霞で遠望は悪いが「谷川連峰」「浅間山」「赤城山」「榛名山」が見えた。up
お昼には早いけどランチ、Yさんやんに焼肉ご馳走になりました。私は久しぶりにお弁当作ったんだhappy01 善哉(自家製)用意したけど食べきれず持ち帰りsign01
 
039 
11時半下山開始、続々と登山者が上がって来ます。
「柳木ヶ峰分岐」から急登を下って「大タルミ」へ、出発から抜きつ抜かれつしていた男性は鋸を片手に倒木や枯れた枝を切って、登山道を整備しながら歩いていました。ご苦労様です。
4年前「大タルミ」で起こった滑落事故は、枯れ枝を持ったがために枝が折れて滑落したのだそうです。こうして地元の方が整備してくだることで快適な山歩きができるのですね。山頂の眺めを遮っていた木々は刈り取られ眺めが良かったですよ。
 
045 
「大タルミ」から見る「獅子岩」はゴリラ顔に見えます。
 
043
「大タルミ」から先はアップダウンはあるものの気持ちいい尾根歩き、咲き始めたトウゴクミツバツツジ・ムシカリ・ヤマツツジがキレイnote
 
写真左上:「浅間」から見る「獅子岩」は恐竜の顔に見えます。
写真右下:十二の石祠は何とも可愛らしい
 
051 
浅間(1091m)ツツジ七分咲き、期待してなかっただけに嬉しいheart04
 
050  
032
 
分岐を5号橋へと下り「獅子岩」見納めして駐車場着13:34 
 
064
 
早めに歩き始めたのですれ違う登山者が少なく静かな山歩きでした。
「獅子岩」は見る角度によって色んな顔に見えて面白しろく、ミツバツツジも見られて楽しい山歩きでした。
 
2014510 
「ばんどうの湯」300円で汗を流して空いてる高速走って帰りました。
立ち寄り湯「ばんどうの湯」露天風呂からの眺め抜群、300円でシャンプーボディソープあり、お食事スペースあり、渋川伊香保ICから車で10分おすすめです。 
 

GW 東北遠征BCスキー&観光 その1

2014年4月26日 移動日 

 
6時出発「らら号」に乗り込み常磐道で宮城へ、渋滞に捕まることなく順調に走る。
宮城には年に数回行くが目的は沢登・山スキー、観光をしたことがなかったので観光しながら移動することにした。
白石インターを降り遠刈田「蔵王酪農センター」へ、cherryblossom満開の桜の向こうに「蔵王」が見えます。
 
Img_6254 
試食し放題のクリームチーズを味わい、「軽食・喫茶チーズジェット」で早めのランチ
「チーズナポリタン」チーズ味が濃厚なナポリタン美味しかった。
 
01  
「烏帽子スキー場」すいせん祭に寄ってみる、咲き始めでした。
 
Img_6260 
蔵王エコライン「滝見台」から「三階滝・不動滝」を見る。
2011年9月に遡行した「三階の滝」を対面から見るのは感慨深いものです。
あんなとこ登ったのよね~その時のレポートはここ
 
Img_6268 
「こまくさ平」で車を止め展望台へ、「蔵王連峰」「不帰の滝」去年遡行した「振り子沢」「丸山沢」を眺める。
 
Img_6270 
写真中央よりやや右、雪が解けたあたりに「振り子滝」クリックで画像拡大します。
 
Img_6271 
「蔵王ハイライン」390円払って「刈田岳」へ登ってみる。 
 
Img_6278 
3月山スキーで来た時見た、刈田岳神社に積もった山もりの雪はかなりなくなってましたが、「お釜」はまだ凍ってました。刈田岳神社でピンバッチを買い、今年2回目だと話をすると、黄色い懐紙入れをくださいました。
 
02  
雪の回廊を走り山形県へ 西川町をドライブして、月山湖へ運よく「大噴水」を見られました。最高噴水高さ112m世界第4番目の噴水力だそうです。
 
03
今宵の宿は「道の駅にしかわ」車中泊、「月山名水館」で夕食を食べ、隣接した「水沢温泉館」spaで入浴300円なり~安いね。地ビール飲んで9時半就寝sleepy
 
Img_6299  
早く寝れば、早く目が覚める。お湯を沸かし朝食を食べぐずぐず支度し、時間調整しながら待ち合わせの志津温泉へ向かう。
 
    続く・・・・

GW 東北遠征BCスキー&観光 その2月山

2014年4月26~28日 月山スキー&観光

 
26日志津温泉で富山の山友さんと合流 宿のバスでスキー場まで送ってもらう
月山は二度目、いい天気で暑いこと暑いこと、汗が流れて目に入ります。バンダナ巻いて、日本手ぬぐいを首に巻く、これが春スキー・夏山スタイルgood
 
04 
月山山頂へ
 
015 
東面を滑って登り返し、山頂直下で軽くお昼食べる。
 
05 
西面滑ってスキー場~ゲレンデ滑~清水コース~志津温泉 
清水コースは雪が滑らず漕ぐのが多くて疲れました。
 
06 
志津温泉「ゆきしろ」 山菜中心のお料理上品な味付けで私好みheart04
品数が多く、枝豆のまぜご飯、芋煮がたっぷりでました。満腹up
 
07 
27日 Aちゃん急用ができ帰宅することになり山形駅まで送っていき、観光日としました。
奥の細道「閑さや岩にしみ入る蝉の声」松尾芭蕉が詠んだ句で有名な「山寺」へ
 
08 
奥ノ院まで1010余段の石段を一歩一歩踏みしめ登ると煩悩が消えるのだそうです。
麓の桜が満開、タイミングよく電車が通過
 
Img_6315 
「芭蕉記念館」から桜吹雪の「山寺」
 
Img_6341 
霞城公園(残念ながら桜は終わってました)~山形県郷土館文翔館/旧県庁舎を見学して宿に戻る。月山上部は雲の中、観光にしてよかった結果オーライでした。
 
29日 湯殿山コース

今年は暖かい日が続き雪が急激に解けたそうで、確かにリフト下はブッシュが見えてるし、山肌に亀裂が多い。
 
031
 
姥ヶ岳からブッシュ踏み踏み薄い雪をたどって斜面に出て滑る。
 
037
湯殿山へ登り返す予定でしたが亀裂が多く山頂から滑り降りることは危険と判断し石跳川をくだる。3年前来た時はもっと雪が多かったわ~
終点ネーチャーセンターまでもう少し、枝沢手前で小休止していると、対面の斜面亀裂からドサッと雪が崩れ大きな塊がゴロゴロ転がった。もしその時あそこを滑っていたらと考えたらぞっとした。
 
041
 
 
 緑線:27日 赤線:29日
201442829
 
お昼には宿に戻り秋田へと向かった。
左手に日本海、右手に「鳥海山」 思えば遠くに来たもんだ~sign03
 
Ncm_0648
 
「にしめ湯っ子ランド」泊 隣接する菜の花畑越しの「鳥海山」明日晴れてね~
 
 
09
 
一眼レフカメラ持って行ったから、写真も楽しみます。
 
   続く・・・・

GW 東北遠征BCスキー&観光 その3 鳥海山

2014年4月29日~5月2日 鳥海山・秋田観光

29日お天気が今一つよくないが祓川登山口へ向かう
山頂には雲があるが準備して登る。
登山者はスキー引っ張ってツボ足で登る二人とスノボーとスキーペアだけ。
 
042
 
七ツ釜避難小屋で一休みして先に進む、しかし標高1688m地点で雨が降り出し敗退down
 
045 
 
明日の天気に期待、麓は晴れているのに山頂は雲の中bearing
 
Img_6360 
高原の駅ミルシーで牧場ソフトを食べて「獅子ヶ原湿原」へ、至る所に「水芭蕉」と「蕗の薹」
 
050 
駐車場ででっかいザックに板を付けテン泊して鳥海山目指す鎌倉ナンバー3人組に会う、上は雨だけど大丈夫かな・・・天気予報みて一日早く登ることにしたと言っていた。
 
051
 
たっぷり時間はあるので「角館」へ行く、ここも桜が満開でした。
 
Img_6390 
「角館」は人と花で溢れていました。猫グッズ販売してる店の看板猫いい顔してるcat
 
052 
土手で三脚据えて写真を撮っている男性は、趣味で桜の撮影で全国飛び回っているとか、私が今年桜を撮りに行ったマイナーな場所をご存じでした。桜の知識もおありで、ここの桜は弘前の桜に次いで2番目に手入れが良いと言ってました。確かに古木が多いけれど花付きがとてもよい、手入れが行き届いているからなんですね。cherryblossom
 
Img_6400 
太郎次郎軍団の猿回しをやっていました。猿回しの喋りがイマイチだったわ・・・
 
053  
5月1日 神様にお願いした晴天は現れず「鳥海山」はどんより雲の中 
スキーは諦め「かたくり群生の郷」を訪れました。
 
Img_6427
 
20haに可憐なカタクリの絨毯が広がっていました。
「カタクリ」の花言葉は「初恋」なんですって、白いカタクリを見つけて手を合わせれば恋が成就するそうです。
写真右下:白いカタクリ 手を合わせるの忘れましたbleah 
写真真ん中の花は花弁が7枚、探せば花弁8枚の花もあるそうです。
 
054  
今宵の宿は鳥海ブルーラインの太平山荘、晴れていれば日本海に沈む夕日の景勝地ですが、辺りはまっ白い霧の中何にも見えません。 
仙台の山友Sさんと合流、明日晴れていれば一緒に山スキーの予定ですか・・・・
 
049  
5月2日 やはり雨、残念ですがスキーは中止、帰路につくことにしました。
鳥海山はちびっとしか滑れなかったから、来年リベンジだわpunch
 
時間ができたので仙台のTobyさんをお見舞いしようと連絡して仙台に出発
仙台は暑いくらいにいい天気、なんで鳥海山は雲の中だったんだ~sweat01
元気な顔見て、少々お喋りしたら、ゆっくり走って帰えりました。
 
天気に翻弄され、思ったようにBCスキーできなったのは残念だったけど、観光もできて楽しい東北ツアーでした。happy01 
 
 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天