« 妙義・金鶏山  | トップページ | 西上州「帝釈岩」探検 »

ぬか雑巾

ぬか雑巾で床がピカピカshine

 
京都「岩倉実相印」床もみじ 床に庭のもみじが写る
その秘訣は「ぬか雑巾」で磨いているのだそうです。
ぬか雑巾・・・小学生の時、母に作ってもらい学校へ持っていき床を磨きました。
        当時の校舎は木造だった。なんか懐かしい
そうだflair 我が家のフローリングを「ぬか雑巾」で磨こう good
米ぬか500g 50円 近所のお米屋さんで購入
 
・「米ぬか」を乾煎りする。
 
007  
・さらしを袋に縫って「乾煎りした米ぬか」を入れる。
 
010  
・袋の口をミシンで縫う、外カバーを日本手ぬぐいで縫ってなかに入れる。
 
016  
小さい方はハンディタイプ、大きい方は床用
 
018  
暇に任せて磨いてみよう~家中ピカピカになるかな note
 

« 妙義・金鶏山  | トップページ | 西上州「帝釈岩」探検 »

コメント

昔の人の知恵って素晴らしいですね。

まっちさん

ホントです!床や棚をぬか雑巾でなでると艶が出て楽しくなります。
コーティングタイプのワックスは手間がかかって大変だったのでこれからはワックスいらずでいけそう^^

糠炒ってから使うとは知りませんでした。

まめなNOちゃんのことです家中ピカピカになるのではないでしょうか。

お掃除苦手の私にはチョッと真似出来そうに無いなぁ・・・・・・。

亀ちゃん

どのくらい煎ればいいのか分からないので適当ですが、NHKあさいちを見てたらそう言ってました。
お掃除苦手な人にぴったりな道具かと!
家具なんて面白いようにピカピカになりますよ。

懐かしいですな~ぬか雑巾happy01
といっても自分で作ったことはなくて、お袋が手縫いで作ってくれたのですが。
ぬかの油がほどよい加減なんですよね。

トラ山さん

懐かしいでしょ、私もテレビで見て懐かしかったです。
磨いていると、糠の香りがほのかにするの、乾煎りしたからかしらね
すぐに艶が出るから磨いていると楽しいです。

暇に任せて って・・・
暇じゃないでしょう?("⌒∇⌒")

うちの床は檜
母が元気なころは、朝晩ぬかで磨いていましたよ。
介護で入ってからは、その日の木の床の上の絨毯を敷いて、車椅子(;>_<;)
見るも無残な変色です。
もう、車椅子は走らせないんだから、絨毯を取利払って、このモップ風のぬか袋にすれば、」床のために
は、いいんでしょうねぇ。
・・・(;´▽`A``  無理!

糠雑巾は知りませんでした。これいいですね!
年末の大掃除に我が家のフローリングをこれで磨いてみたいです。

しゃらさん

そこそこ暇なんです^^
檜の床なんて贅沢ですね。絨毯ひいてたらもったいないわ
ワックス塗るより、簡単でやればやっただけ光るからやる気もおきますよ。
是非お試しください

シャリッチさん

フフフ すっかり馴染んでますね「シャリッチ」が^^
いいよ、安くて簡単 
スリッパ糠雑巾にるれば、もっとラクチンンに磨けるなぁ~なんて考えてますbleah

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妙義・金鶏山  | トップページ | 西上州「帝釈岩」探検 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

楽天