« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

大山 バリエーション山行

2014年11月27日sun 「富士山」見えると楽しさ倍増note

 

016a 
 
しゃら隊(火曜会)に参加 佐渡から山友さんがいらしていて今回は特例の木曜日
火・水曜日の冷たい雨は夜半過ぎに上がり、きれいな青空が広がる小春日和です。
 
「伊勢原駅」で待ち合わせてバスに乗り「大山小学校前」で降りる。
「大山桜探勝コース」へ 鹿柵をくぐって「大山桜」道標を右に800m進むと破線ルート「エボシ山大山小ルート」へ合流する。
 
A1_2  
林道を横切り、落ち葉の急登を登って「エボシ山」稜線を歩いて行くと関東平野がデ~ン
目を凝らすと「スカイツリー」が見えました。飛んでいるのは自衛隊のヘリです。
 
008 
大きなお地蔵様がある場所で一般登山道と合意流 
 
A2 
尾根に乗ると、「江ノ島」「大島」がキラキラ光る海に浮かんでいました。
「見晴台」に着くとガスが出てきて あれれの天気 東面の紅葉が美しいmaple
 
A3 
お昼に山頂到着 まずは「富士山」を拝見 大きな富士山は久しぶりnote 
 
023
 
お楽しみ「ランチバイキング」今日も豪華なメニューが広がります。
ちなみに私は「ナッツ入りパン」「クリームチーズ」「コールスローサラダ」持参
 
A4 
下山は観光と紅葉を楽しみながら
 
A5 
黄葉
 
A6  
阿夫利神社周辺
 
A7 
いつもは「女は黙って男坂」だけど今日は「女坂」 
「女坂」には七不思議があるそうなsign02 目的はそれじゃなくて「大山寺」の紅葉を見るためです。
 
051
 
真紅のもみじ
 
A8 
「女坂」とはいえ階段ばかり、誰かが言った「女坂でなくて女階段よねっ」その通りsign01
七不思議を確認しながら下山しました。
 
A9
 
行距離:8.8km 行動時間:6:30
20141127
 
富士山と紅葉を楽しんだ4度目の「大山」  違うルートで登り、違う季節を味わう
山登りっていいよねheart04
 
下山後、駅前イタリアンのお店に寄り、生ビールで乾杯 beer 
足もお口も達者なお姉様方と山歩き、ほんとに楽しいわ、また参加させてください happy01
 

神宮外苑・新宿御苑の紅葉

2014年11月23日(日)sun  銀杏の黄色が目に染みるぅ~

 
Pb240023_2 
金曜日に外岩へ行ったので連休は山計画は立てず、都内の紅葉スポットへ足を運んだ。
東京に30数年住んでいるのに、未だ「神宮外苑銀杏並木」黄葉を見てなかった。 
 
神宮球場では「ヤクルトスワローズファン感謝DAY」、神宮外苑では「いちょう祭り」開催され、多くの家族連れで賑わっていました。
最近の簡易トイレは宣伝広告の媒体になってるのね、初めて見ました。
 
A1 
黄色というよりゴールドに輝く銀杏並木shine
 
A2 
テクテク歩いて「新宿御苑」へ、大木戸門から入苑
大好きな「プラタナス並木」
 
Pb240042_2 
東京に出てきて初めてこの並木を見た時、海外に来た気分になったものです。
 
A4  
下の池のもみじ 月末が身頃かな~maple
 
Pb240050  
苑内は、銀杏、ドングリ、椎の実も大豊作
 
A6 
写真左上:ヒマラヤ桜 右上:十月桜 右下:水仙(へーパーホワイト)
 
A5 
いつ来ても「新宿御苑」は被写体がいっぱい。 
ミラーレスカメラを買い換えて練習兼ねて撮影紅葉狩りでした。
 
リコーGXRを、オリンパスOM-Dへ 
 
Dsc_0415  
GXRは軽量を重視して登山用に買ったけれど、どうも上手に写真が撮れなく出番が減っていた。量販店の店員さんの話では癖があり使いこなすのは結構難しいとか・・・・
GXRは、家にあったゲーム機・ソフトと共にソフマップに売って軍資金にしました。
 
OM-Dは軽量コンパクト、ファインダー内蔵、防塵防滴性能ボディー 
標準レンズは使わないので、ボディと広角レンズを購入
クラシカルな風貌と小さなレンズも魅力です。
 
暫くは、OM-D持って都内をウロウロしようかしらhappy01 
 

甲府幕岩 クライミング

2014年11月21日(金)sun クライミングはシビアなスポーツだよ~ん

 
005 
今がこの岩場ベストシーズン 南向きの岩場はポカポカ小春日和
 
002  
 
甲府幕岩は、2013年5月以来 クライミングが1ヶ月振り・・・・ 
そんな訳で、難しいルートは登れる訳も無い
 
HAIV 5.10a★★  イエローマウンテン 5.9★★★ この辺は難なくクリアー
 
「豊饒の森エリア」を拠点にした。
この辺りの易しめはすでにRP済みだったので「WORK ON 5.11a★★」トップロープ
見た目より難しく、指・腕の緩んだ筋肉には非常に厳しい そのまだ馴染んでいない上新しいシューズ、2回登って力尽きた・・・・wobbly 
いつまでたっても遠い5.11aです。
 
「ピリカ5.10bc★★」がやっと空いたので挑戦したが、時すでに遅し 身体が悲鳴をあげておりました。
 
「ナベちゃん 5.8」でクールダウンして終了
 
007   
コンスタントに登っていないとすぐに厳しいルートが登れなくのがクライミング
私のような浮気者は上達するはずも無く、いつも同じレベルを行ったり来たり
悔しい気も多少するけど、沢登り、山スキー、縦走登山、低山藪漕ぎ登山もしたいからしかたないわねbleah
 

裏妙義 西大星北稜 バリエーション山行

2014年11月16日(日)sun  4週連続、上州のお山で岩遊びnote

 
059_3  
 
上信越道から見える裏妙義の奇岩中の奇岩「西大星」へ行くよのお誘いに、二つ返事でOK
コンビにで待ち合わせそ、こから裏妙義を眺める。
 
002
 
メンバーはウメ隊長 経験豊富な山男Tさん 健脚最強女性3人と私
「丁須の頭登山口」からスタート、登山道途中が崩壊して、急斜面に鎖と梯子が設置されたしょっぱい登山道を登り「犬山氏神石碑」からバリエーションルートへ進む。
 
A1 
尾根伝いに稜線を進む、岩が阻む場所は下部を巻く  
 
A2
 
1時間程で見晴らしのよいテラスへ到着、紅葉は終盤
女性陣でポーズ、岩の割れ目60cm程をヒラリと飛んでテラスから戻る。
 
A3
 
遠くに「榛名山」「赤城山」 麓の「碓氷峠鉄道文化むら」
 
021 
次々に出てくる岩を登って渡って、ポーズしてnote
 
A4 
へつって、懸垂下降して、またポーズしてnote
 
A5 
ついに、奇岩エリアへ到着punch 
その姿は、ニョキニョキ生えてる「きのこ」のような、「カッパドキア」のような、「宇宙」のような不思議な岩形up
 
A6
 
交代で「きのこ岩」に乗り写真撮影 女4人揃うと、うんと姦しいわhappy01
 
056  
先週登った「高岩山」その向こうに「浅間山」が近くに見えます。
 
041 
「きのこ岩」を超えると、西大星山北端の大きな崖に突き当たり、そこから谷へ降ります。
落ち葉フカフカ斜面で「木の葉シャワー」note
 
Dscn4443  
落ち葉の上でランチタイム後、急斜面をズリズリ降りて登山道へ合流
 
A7 
第二不動滝 滝壺の落ち葉がきれいです。
 
A8 
崩壊した登山道へ進み懸垂下降、酷い崩落でした。
 
A9 
こうして無事下山、楽しい岩山遊びは終わったのでした。
あ~楽しかった。notes
 
Dscn4483  
歩行距離:5.3km 行動時間:6:30
 
20141116 
帰りに道の駅に寄り、野菜をどっさり買って、関越道でしっかり渋滞につかまり、19時に家に着きました。 
 
 

ナメコと紫芋

いただき物で腕を振るう punch
 
001_2 
山友さんから「天然ナメコ」が届いた。
「なめこご飯」と 白だしでナメコオンリー「ナメコ汁」作りました。
プリプリのナメコ、贅沢にたっぷり使って調理
翌日、残った「ナメコ汁」に鶏肉、里芋、人参等入れて「けんちん汁風」に
美味しゅうございました。
 
007  
 
これまたいただいた「ムラサキ芋」を使ってお菓子作りました。
 
冷凍パイシートを使って「パイ」を 「高岩山」のお供に
 
052  
「茶巾しぼり」 中に紅玉を煮て入れました。「御前山」のお供に
 
009  
頂き物は全て料理し美味しくいただきました。ご馳走様でした。
 
ありがたや~ありがたや~ また頂戴ねbleah
 

奥多摩「御前山」霧の紅葉

2014年11月11日cloudrain  お姉様方の元気いただきました。

 
025   
雨が降ろうが雪が降ろうが槍が降ろうが、毎週火曜日山へ登っている「しゃら隊火曜会」に参加
2月11日高川山」以来8ヶ月振りになる。
お姉様方相変わらず身体もお口もお元気good
 
当初は「戸倉山」へ唐松の落ち葉を見に行く予定でしたが、お昼に傘マークが付いたので避難小屋がある「御前山」へ変更
 
奥多摩駅からバスに乗り「境橋」で下山 「栃寄沢」紅葉
 
001 
車道を歩いて栃寄ノ大滝コースへ行く予定が、登山道崩壊通行止めdown
 
A1  
高度が上ると辺りはだんだん白っぽくなり霧の中、「栃寄森の里」を過ぎ車道最終点でやっと登山道へ、すると熊の仕業かスズメバチの巣が壊れて落ちていた。
 
A2 
歩いていると洋菓子を焼くような甘い香りが時々漂います。
それはカツラ落葉時に香るのです。詳しくはここを参照
 
A4 
苔むした斜めに生える古木楓 頑張ってるup
 
A5 
昼前に御前山避難小屋到着 大きなガラス窓のキレイな小屋です。
ここで恒例ランチバイキング 「ダシ巻き玉子」「紫芋茶巾絞り」持参scissors
 
020  
合羽を着て避難小屋を後にする。
 
A6 
御前山~惣岳山 急登の下りは、落ち葉が足場を隠し時々ヅルッdanger
 
A7  
大ブナ尾根をサス山経由して奥多摩湖へ、
幻想的な景色の中を色とりどりの落ち葉を踏んで歩くnote
 
A8  
霧中の奥多摩湖
 
037 
下界は雨は降っていませんでした。 小川内ダムから紅葉 maple 
 
042 
10月桜が咲く「奥多摩水と緑のふれあい館」で「わさびアイス」を食べて帰りました。
 
歳を沢山重ねても元気に山歩きしているパワフルウーマン ステキshine
見習うべきお姉様方、また一緒に山歩きさせて下さい。
 

上州 高岩山 

2014年11月8日(土)sun 高岩で岩遊び楽しいわnote

 
018  
 
高岩山は、上信越道「碓氷軽井沢IC」側にある高速道路から見える1000m程の双耳峰岩山です。 
この岩山に登れると聞いたKちゃんにラブコール
「ヌンチャク持つからロープお願い」ってことで楽しい岩遊びです。
 
登山口に駐車、30分程で雄岳と雌岳の鞍部へ
 
A1 
先行した栃木4人パーティーが「雄岳」へ向かったので、「雌岳」へ向かうことにする。
まずはP1に登る。眼下の黄葉が目に飛び込んできた。
 
Dsc_0381  
目の前に「雄岳」がで~ん
 
010_2
 
視線を左に動かすと「裏妙義山」遠くに「榛名山」が見える。
 
009  
P2 ここでハーネスヘルメットを装着 ザックはデポして空身で登る。
新しいボルトが多めに打ってあった。ルートはやさしく登るのはフリーでも行けそうだけどクライムダウンは確保がないと嫌だねdown
 
A2 
山頂から「浅間山」
 
026
 
麓の黄葉が最盛期 up
 
028  
碓氷軽井沢インターチェンジと「荒船山」方面
 
034 
「榛名山」方面
 
030
 
「雌岩」P3
 
029
 
懸垂下降
 
A3 
P3から 左:「雄岩」 右:さっき登ったP2 
 
A4 
写真左:P3基部にある矢印型の岩の隙間から「浅間山」山頂に雲がかかってしまった。
 
A5 
栃木パーティーとおしゃべりして写真を撮りっこ
彼らは周回コースへ、私達は「雄岩」へ 岩棚を回りこみ30m鎖が付いたチムニーへ
 
A6_2 
「雄岩」山頂でランチ 今日はサンドイッチ、デザートは紫芋とリンゴのパイ
 
052
 
A7
 
西峰と北峰を藪を探策 北峰は摩理支天の裏からやせ尾根を回り込んで藪を掻き分けて行く、足を滑らせれば大怪我間違いなしannoy
 
A8  
チムニーを慎重に降りる(登るよりクライムダウンの方が難しい)
 
A9 
洞窟探検 なんと金比羅さんと大岩不動尊が祭ってありました。
 
A10 
葉の落ちた木々の間をトラバースして鞍部に戻り下山
石が木の間にガッツりはまってる、登りに気が付かなかったなぁ~
こんな石に直撃されたら、ひとたまりもないですねsign03
 
076  
小春日和に、高岩山で山遊び楽しかった。
 
2014118 
あの岩山に登ったんだよ~note
 
079 
来週も上州のお山で遊びます。happy01
 

夕焼けスカイツリー

2014年11月4日sun 秋は夕暮れ 

 
006 
 
明日は171年ぶりの「後(のち)の十三夜」奇跡の月
 
005 
 
刻々と変わる空の色
 
016  
富士山
 
025 
 
富士山、スカイツリー、東京タワーそして夕焼け4点セット
 
024 
 
スカイツリーライトアップ「雅」
 
029 
 
首都高C2 
 
030  
毎年11月始め 晴天の夕方訪れる荒川土手 
ダイヤモンド富士は11月7・8日らしい 土手で並んで撮影していた方から情報収集
お天気悪そうだから無理っぽいわdown
 

上野でブラブラ

2014年11月3日sun 息子と上野で被写体探しcamera

 
029 
私に影響されたのかは知らないが、写真と登山が趣味になった長男を誘って上野へ
動物園を考えていたがあまりに人が多そうなので「旧岩崎邸庭園」へ行く
 
004 
館内は撮影禁止 重要文化財ですから 
 
Photo 
不忍池で枯れかけたハスを撮影 私的には面白いと思うけど、息子はハスの実が「わ~気持ち悪い」と言いながら撮ってました。 
 
「ひと穴に一つずつ」
 
023  
 
「こぼれ落ちそうなキミ」
 
034  
 
「池の空と雲」
 
027
 
「一心不乱飲水猫」
 
A2_2  
 
 
文化の日で入場無料の「国立科学博物館」へ 
 
よしもとコレクション」 これだけの剥製がこっちを見てるんだよ~見事sign01
 
049  
右下:日本おおかみ 犬みたいだった
 
A3 
「空飛ぶくじら」
 
054  
久しぶりに「写真」な日でした。
 

西上州「帝釈岩」探検

2014年11月2日sun 道なき道を歩いて岩探しsign01

 
017 
連休の天気予報はrain雨マーク 予定していた「戸隠山」は中止
関東だけ晴れマークになった、それじゃどこかに行きたいなぁ~ってことで
ウメさんの山行に参加させていただきました。
 
西上州 御堂山の「帝釈岩」を探しに低山探検
 
御堂山は群馬百名山 登山道入り口には膝丈に電線が張られ微電流が流れている。
猪避けらしい、少し前まではこの辺りには鹿はいなかったらしいが鹿の糞をあちこちで見た。その電線を跨いで荒れた林道を暫く歩く
 
A1_2 
小さな滝のような岩を越え、開けた林を進むと「じじ岩・ばば岩」分岐に着いた。
 
A2_2 
ここにザックをデポして奇岩「じじ岩・ばば岩」へ
大きな地震がきたら落っこちそうな岩 右が「じじ岩」 左が「ばば岩」だそうです。
 
 
020 
写真左:「じじ岩」 右:基部から見上げる「じじ岩」
 
A3 
「ばば岩」と紅葉
 
021 
写真左:トルコのカッパドキアを思い出させる岩 右:奇岩を眺める
 
A4
 
分岐に戻りここからがバリエーションルート、トップの写真の岩目指して道なき道を進みます。対岸から見た時は簡単そうなのに、小さな尾根がいくつも分かれているので迷いやすく、なるべく尾根伝いに進み、位置を確認しながら進みます。
 
回り込んだ尾根から「じじ岩・ばば岩」遠くに「荒船山」
 
026_2   
ヅルヅル滑る斜面、枯れた枝を掴まないように、浮石に注意して、時に懸垂下降
 
A5 
そして、ついに「帝釈岩」へ、maple紅葉が美しく素晴らしい眺めです。
 
036
 
断崖絶壁「帝釈岩」の上でランチ ウメさんがペミカンを使ってシチューを作ってくれました。
私はシチューに合わせて、手作りパンとサラダとクリームチーズ持参、豪華ランチです。
ペミカンシチューとっても美味しかった~私も作ってみようかなup
 
A6 
安全そうなルートを選んで下山 14時に登山口へ着きました。
 
A7 
歩行距離:5.8km 行動時間 5:15
 
Photo 
道の駅でソフトクリーム食べて、直売所で生こんにゃく買って帰りました。
 
日の短い季節は、低山バリエーションが楽しいわnote
 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天