« ニュージーランド山旅 ミルフォードトラック 2 | トップページ | ニュージーランド山旅 マウントクック  »

ニュージーランド山旅 ミルフォードトラック 1

     世界で最も美しい散歩道「MILFORD TRACK」

 
143 
 
2015年1月5日(月) 成田国際空港から「ニュージーランド・クライストチャーチ」
約10時間飛行、その間食事2回、2種類から選べます。
左:最初の食事はチキン 右:2回目、暫く日本食は食べられないので鮭
 
A1 
映画を1本見て、うつらうつらすれど熟睡できないまま「クライストチャーチ」
国内線乗り継ぎ、プロペラ機に歩いて乗機「クイーンズタウン」
 
004
 
「Heartland  Hotel」チェックインし街へGO~dash
フィシュ&チップスの屋台「AGGY‘S SHACK」を探しに行くと閉まっていた。
後日ガイドに聞いた話では、去年12月に閉店したとのこと、あ~残念。down
街をぶらつき、薬局でサンドフライ対策としてDEET40%強力虫除けを購入
 
024  
お腹が空いたので「O'ConnellsShoppingCentre」フードコートにて「チキン&チップス」でランチ、量が多いので二人で一皿で充分だった。
 
A2 
トレッキング説明会のあるトラックオフィスを確認し、街から10分程歩いて大きなスーパーFreshChoice」に買出しに行った。明日の朝食や行動食、着いたばかりですがお土産を買い、空にしてきたザックに詰め込んで街に戻った。
 
「モールストリート」でブロンズの格好したパフォーマーと記念写真camera
 
A3 
ウィンドーショッピングを楽しんでホテルへ帰り一息ついた後、17時からの「ミルフォードトラック説明会」へ出かけた。日本人参加者5人の為に日本語で説明があった。日本人スタッフが数人いるみたい。なんて親切、日本人がどれだけ多く訪れているのかが伺われる。しかし、今回のツアートレッキングは日本語が話せるガイドはいません。sweat02
 
この日は時差ぼけの為、頭がボ~として注意力散漫、理解力、記憶力無し、徹夜明け状態のまま日中を過ごし21時半就寝。ニュージーランドは22時頃にならないと外が暗くならないので射光カーテン必須sign03 
 
1月7日(水) トランクにトレッキングに必要でない物を詰めてホテルに預け「トラックオフィス」へ、名札を貰いガイド4人を含む50人バスへ乗り込み出発dash
 
A4 
「テ・アナウ」でランチ休憩後「テ・アナウ・ダウンズ」で船に乗る。
 
A5 
快晴の下、船に揺られて「テアナ湖」北端部へ上陸up 
 
A6
 
ここから「サンドフライポイント」まで53.6kmトレッキングの始まりです。
 
A7 
1.6km歩いて今宵の宿「グレードハウス」へ
 
A8 
2段ベッドが3つある部屋に、私とMieさん アメリカン人Debbie&Joni 彼女達とは次のロッジでも同室だった。 ヒュッテ前の広場で集合写真を撮った後、周辺探索へ出かける。
 
ガイドが植物の説明をしてくれるけど???英語が解る方でもNZ英語は理解しにくい
唯一解ったのは、写真右上:「このキノコのことを日本では「monkey chair」と呼ばれている」という下りだけ。
左下写真:この箱は、大ねずみ、イタチ、オコジョ等を捕まえる罠、昔、在来種の鳥を食べる毒蛇を退治するために放ったイタチ類が自然繁殖し、鳥を食べるようになった為に設置されている。沖縄のマングースと同じだね!
 
A9 
グレード・ハウスに戻ったらシャワーを浴びてお洗濯、どのロッジにも強力乾燥室完備で寝るまでに乾いてしまいます。そのために予備の衣類一式でOKです。
 
ジュース、コーヒー、紅茶、緑茶等は飲み放題、アルコールはツケで買って最後に清算
日本もニュージーランドも同じ、山小屋値段でお高いsign01
夕食は2種類のメーンからひとつ選びます。
私は鮭をチョイス、前菜、メーン、デザートの順に出てきます。
 
A10 
デザートはアイスクリームとアップルパイnote 
 
093  
日本人5人同じテーブルを囲み、改めて自己紹介しながら団欒 
おひとりで参加された、Youさんが英語が達者でこの先ずっと頼りっぱなしでした。
TakaoさんJunkoさんご夫婦はお二人であちこち海外旅行されていて旅なれていました。
 
食後、スライドを見ながら明日の行程説明、その後国別に前に出て英語で自己紹介
これは知っていたので考えておきました。緊張したわ~sweat01
「沢登り」は「Japanese Mountain climbing style」と話したよ、そしたら後日そのことを二人に聞かれて、片言の英語で説明してみた。多分通じたと思う、嬉しかった。happy01
 
 
1月8日(木) ポンポローナ小屋まで16km 
 
朝一番でランチのサンドイッチを自作restaurant
リンゴ、オレンジ、バナナ、チョコ、クッキー等の行動食もあり、好きなだけもらえます。
赤いTシャツふたりはガイドの青年
 
A11 
朝食を済ませると、準備が出来た人から順次出発
ガイドが先頭と最後にいてその間を自由に歩けます。一本道なので迷わないよ
クリントン橋を渡り
 
096 
ブナの原生林へ
 
099 
ザックをデポして、赤ブナ巨木を見に行きルームメイトの二人と一緒に写真を撮る。
写真右:鳥「ロビン」とてもなつこい鳥
 
A12 
この先何度も「ロビン」と出会う、足元10cmまで寄ってきたことも、靴の上に乗ったりします。
 
A13
 
トイレ休憩で立ち寄った個人ウォークハイカーが泊まるクリントン小屋でガイドが大きなフラフープ回を披露してくれた。ガイド4人みな明るくサービス精神旺盛good
 
118  
川沿いのトレッキングルートは上高地そっくり
 
120 
シダや苔むした林は「八ヶ岳」みたい
 
119
 
ヒレレ滝のランチハットで、ガイドがジュースや温かい飲み物を用意してくれ、朝自作したサンドイッチを食べます。ハイカーは三々五々やって来て食事を済ませ、またばらばらに出発します。 自分のペースで自由に歩けるます。
 
「Hidden Lake」 眺めていると大きな魚が跳ねました。
 
130 
ルートへ戻る途中、飛べない鳥「ウェカ」と遭遇 heart04
 
A15
 
Prairie Lake」天然プールで泳ぐハイカー 裸足で入ってみたけどメチャ冷たいsign01
 
136  
ここで30分程まったり、石積みしたり、日向ぼっこしたり
 
A14 
U字谷核心部、両側を氷河で削られたクリントン渓谷
お花畑が広がる谷底を歩きます。(ページトップ写真がこの場所)
 
A16 
枝沢のゴーロを越えると「ポンポローナロッジ」
 
A17 
まずはシャワー、次に洗濯、そしてビールbeer
洗濯場には固形石鹸が有り、お湯が出ます。昔懐かしい手回しローラー脱水機で絞って乾燥室に干します。
 
A18 
今夜のディナー ビーフをチョイス デザートは甘いプディング
 
A19 
食後、翌日の行程映像を見て、9時過ぎには就寝sleepy
 
              まだまだ、ミルフォードの旅は続きます。
 

« ニュージーランド山旅 ミルフォードトラック 2 | トップページ | ニュージーランド山旅 マウントクック  »

コメント

こんばんは~。
ブログ拝見しました。写真の撮り方も上手でそのうえきれいで、さすが~と思いました。

私は今日やっとカメラから写真をPCに取り込みましたが、ぼけていたり露出があっていなかったりでちょっとがっかりしています。こちらで写真を見て
「うんうん。そうそう。」
とミルフォードトラックを懐かしい気持ちで思い出すことが出来ました。

それから、ネコチャン カワイ~~ 可愛すぎです (*^。^*)

無地、ご帰還されたようで何よりです。
素晴らしい景色を堪能されたのでしょう。
かなり羨ましいっす。

Iunさん ようこそ^^

「ミルフォード」楽しかったね 天気も人も自然も最高だった^^
ブログ書きながら思い返し、感慨にふけっております。
 
写真は趣味、本を読んで少し勉強しあとは自己流でございます。
褒められると伸びるタイプなので、どんどん褒めて(爆)

2月にお会いできそうですね
Junさんのブログアップ楽しみにしてます。

ルートバントラック」までアップし、「マウントクック」編のみ頑張ります^^

ブログの猫はうちの子じゃいですのであしからず。

utinopetika2さん ただ今~って亀レスですいません

ブログ作成に励んでまして^^
「ルートバントラック」まで書き上げました。見てくださいね

NZはほんとステキな国でした。是非、奥様と行ってみてください。
トレッキングなので険しい登山とは違い、とても楽しめます。超~お勧め

素晴らしい写真 素晴らしい景色
何でも通して見て、やっとつながってコメントします。

強力乾燥機があるのはものすごくありがたいですね。それと、毎回一流ホテル並みのお食事で、
なかなかボリュームありますねぇ。
花も鳥も、馴染みのないもので、面白いです。

ルートバーンTrack2まで通して読みました。
さすが、世界屈指のルートですね。
山小屋も食事も行き届いて素晴らしいです。
個人で申し込まれたのかしら?
言葉が通じなくともだんだんに仲良しになって行くのが
素敵です。
ニュージーランド、行ってみたいです。
マウントクック編もあるようなので続きが楽しみです♪

しゃらさん

NZ 良い国でした。「ミルフォードトラック」は自然を保護するために一日に90人の入山規制があります。
植物・鳥 固有種の保護にも力を入れています。
世界中からトレッカーが来るので、早めに予約しないと取れないそうです。
時間が取れるようになったら、是非いらしてください。

強力乾燥室の威力はすごくて、速乾性の服なんかすぐ乾きます。
至れり尽くせりで「お姫様登山」に近いですよ^^

palletさん

是非、NZ行ってみてください。
治安が良く、蛇口から出る水は飲めます。在住日本が多くいます。
お勧めは12月初旬、お花がいっぱいです。

個人旅行だったので、トレキングツアーで諸外国の方と仲良くなれたのも楽しかったです。
「ワイルド・ナビゲーション」で個人旅行プランを作ってもらいました。
現地ガイド手配もあるので、飛行機乗り換えやホテルチェックインも安心ですよ^^ 
 
もう少しで「マウントクック」もアップできそうです。

のんさん、久しぶりにブログ拝見しました!すごい。山旅の数々。ゆっくり読ませてもらいます。ニュージーランド懐かしい〜。ガイドウォークと個人ウォーク、それぞれ魅力あります。ブログに触発されて、夏山計画進行です。そういえば
去年教えていただいた、のんさん師匠のフェイスブック、見つけられてません。

JUNKOさん

お元気ですか、時々ブログ拝見してますよ。
ニュージーランドはほんの半年前のことなのに、随分前のような気がします。
パキスタンの旅が強烈だったからもしれません!
日本お夏山は涼しく美しいから避暑を兼ねてストレス解消にいいですよね。
師匠のFBね、どの師匠かな・・・私のFBは!

NONさん、すみません。よくあるJUNKOという名前で。コメントしたJUNKOは、昨年の雲の平・高天原温泉でご一緒したJUNKOです。ブログはありません・・・。改め「ひつじJUNKO」にしておきます。泊まり登山はあれ以降できていませんが、過去の日本のアルプスも、ニュージーの「トランピング」も、いつまでも脳内で楽しめる良い思い出です。ちなみに、私は2009年だったか、ニュージーの山旅していました。

JUNKOさん

雲の平のJUNKOさんでしたか失礼いたしました。m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン
たまたまミルフォードトラックで一緒になった方が同じ名前だったので、すっかり思い込みました。
2009年にニュージーランドへ行かれてたのですか、いい所ですよね

夏山計画、それじゃお誘いしちゃおうかな^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュージーランド山旅 ミルフォードトラック 2 | トップページ | ニュージーランド山旅 マウントクック  »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天