« 山旅 | トップページ | 「パキスタン「チョゴルンマ氷河」への旅 その5 »

パキスタン「チョゴルンマ氷河」への旅 その6 観光編

6月3日 イスラマバード観光

 
サルワーズ・カミーズを着てスカーフを巻きモスク見学 
これがパキスタン自慢のモスクです。
 
543 
入り口で靴を脱ぎ、裸足で歩きます。
パキスタンではお祈りのことをプレイと言います。遊びでなくお祈りです。 
熱心なイスラム教徒は1日5回プレイします。手足顔を洗い清めアラーに祈りを捧げます。
そのためモスクの一角にはその設備があります。トルコ旅行の時も同じものを見ました。
水が無い所でお祈りの時間になったらどうするかって疑問でしょ!
その時は、ペットボトルの水で清めるんですよ、用意万端です。
 
見学していると、プレイの時間ですからとChangaziさんとドライバーは姿を消します。
そんなことはしょっちゅうなのですでに慣れっこです。
 
街に戻り、バザールでもう一枚「サルワール」を購入し、広場でハンバーガーランチ
イスラマバードにはマクドナルドもサブウェイもあるんです。
でも私達が食べたのはどちらでもありません。
広場にでっかいテントというよりタープが張ってありその下にテーブルと椅子があります。
注文をして座ろうとしたその時、突風が吹き、テントが大きく波打ち吹き飛ばされそうになりました。店員は慣れた手つきでテントをたたみ何事も無かったようにしています。
慣れているのでしょうが、こちらはびっくりです。
 
 
次の観光は「タキシラ博物館」
 
シルカップ遺跡と隣接し、遺跡から発掘された遺品やレプリカが展示してあります。
館内は撮影禁止、見ていると係員のおじさんが英語で説明しながら付いてきます。
時々日本語の単語も発しとても親切、一般は入れない部屋にも入れてくれます。
そして 「Pictuer OK!」 と言うのです。
しかし~そこで写真を撮ってはいけません、彼はお金を請求してきますので要注意です。
森隊長は一度その手で騙されたそうです。
 
546 
時間がなくて、遺跡はを見てまわれませんでした。
もし、また来られたら遺跡を歩いてみたいわhappy01
 
宿に戻り、お土産のスカーフを買いたくて森隊長とバザールへ散歩がてら行きました。
薄いコットンのスカーフは日本の夏、冷房が効いた場所で大活躍すること必須
 
店員「スカーフ10枚でどうだ、お土産にいいよ!安くするよ!」
私  「そんなに要らない」 
店員「それじゃ5枚」
私  「要らない、3枚でいい」
店員「それじゃ、シャルワールとポーチとスカーフ3枚でどう、スペシャル価格だよ!」
私  「しつこいな、不要な物は要らん、スカーフ3枚でこの値段にして」電卓たたく
店員はこんなにお得なのに何故買わないという顔
こんな感じで3枚購入、日本人だと高く吹っかけてくるので、絶対値切らなくちゃダメよ。
 
バザールをブラブラして初日にサルワール・カミーズを買ったお店に行き、
「また来たよ、Do you remember me?」そう言って白いカミーズ(ボトム)を値切り店内を見てたら「パキスタン猫」を発見
 
Neko   
猫の置物に目が無い私、早速値下げ交渉
耳と目の所にキズがあったので綺麗なの猫が無いならマケテと値切りました。
この駆け引きが面白くて癖になりそうhappy01
 
 
6月4日 パキスタン観光、Karrarさん案内
 
エージェントChangaziさんの次男が訪ねてきました。
イケメンの彼は大学生、今は夏休み、どうやら父親に代わりに同行するように言われたようです。 
 
約束の時間が1時間以上過ぎても来ないKarrarさん、交通渋滞に捕まって遅れたとのこと
今日はメトロバス一部開通の式典で交通規制があったのです。
Karrarさんの車はスズキの軽、それに5人乗って出発
着いたのは、小高い丘にある「パキスタンモニュメントパーク」
360度街を一望できます。
イスラマバードは1959年にカラチから首都を移し、1961年から開発が始まった新しい首都
ちょっと前までジャングルだったそうです。
 
552  
花びらをイメージしたモニュメント 昨日買ったサルワール・カミーズを着てます。
 
A54 
次に向かったのは「Lake View Park」
整備された広い公園の中はたくさんおの花が咲き、ラウォール湖でボートや足漕ぎボートに乗ることができます。「Bird Aviary」鳥の動物園(有料)もあります。夕方になると人々が涼みに集まってくるそうです。
 
最後はKarrarさんのご自宅訪問、小さな中庭を囲むように部屋がある家でした。
目的はヘナアートを書いてもらうためです。奥様はヘナアートのお仕事をしてるそうです。
私は娘さんに書いてもらいました。 
節くれだった汚い手ですいません、写真左上が書いてすぐ右下が翌日です。
1週間で完全に消えます。
「息子達は私の手を見て怪我したと思ったよ、早く消したほうがいいよ!」と言ったのよannoy
 
A55  
お昼をご馳走になって、一緒に写真撮ってお別れしました。
楽しい時間をありがとうございましたKararrさん
 
パキスタン最後の夜、夕食は街でする予定でしたがChangaziさんが1時間半過ぎても来ません、お腹は空くし待ちくたびれていたら、ホテルの従業員が夕食を持ってきました。
メトロバスセレモニーで交通渋滞、規制も厳しいのでホテルで食べて下さいと電話をしてくれていたのです。それならそうで、電話があった時点で伝えるのが先でしょ!
と怒ってみてもしょうがない、待ち合わせしても30分1時間遅れるのは平気なお国柄です。
癖になるほど美味しい「チキンカリー」を「ナン」と共にいただきました。
 
明日は超~早起き 2時にモーニングコールをお願いして就寝sleepy 
 
 
6月5日  帰国
 
3時Changaziさんの迎車でパキスタン空港へ 森隊長とここでお別れです。
森隊長は、後続の登山隊と「コーセルグンジュ」へ登るためイスラマバード滞在です。
 
4:15発 エティハド航空アブダビ行
6:40着 アブダビ空港
アブダビ空港で待つこと15時間25分 行きより長いぞpunch
学習済みの私達は待合室の丸いソファーを占領し、機内のブランケットを持ってきました。椅子だとお尻が痛くなり肘掛がじゃまで横になれなく、冷房が効いていて涼しいのです。
航空内はハンバーガーショップ、飲茶、ピザ等が食べられるフードコーナーもありますが、何でもお高い、アメリカンコーヒー1杯4ドル、サンドイッチ8ドルでした。
本を読んで、寝て、また本読んで寝て、お腹がすいたらサンドイッチ買って食べてと時間をひたすらつぶしました。
 
22:05発 エティハド航空成田行
機内は空いていたので二座席を一人で使えました。
偶然にも一昨年のトルコ旅行添乗員さんと再会、彼女は勿論仕事で乗ってきたのです。
こんなことってあるんですねぇ~
 
6月6日13:15 成田着 
パキスタン「チョゴルンマ氷河トレッキング」の旅は終わったのでした。
 
森隊長、お誘いいただきホントにありがとうございました。
ツアーには無い色々な体験をさせていただき、心に残る、素晴らしい旅でした。
またパキスタンのヒマラヤトレッキング行きたくなりました。
 
                              ・・・・・・・・・おしまい
 
 

« 山旅 | トップページ | 「パキスタン「チョゴルンマ氷河」への旅 その5 »

コメント

読み応えのある紀行文でした。
写真が素晴らしいから、時々見に来るね。

 「Pictuer OK!」って言っといて、料金請求かぁ。
危ない危ない!
NONちゃんの値引き交渉をSねえさまが褒めてたよ!

しゃらさん

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
読み応えあったでしょ、私は書き応えありました。
私の写真でよかたら、いつでも見に来てください、なんならPC壁紙にどうぞ^^
 
森さんのお陰で、いろんな情報を先に入手してましたので、ぼられることはありませんでした。
値引き交渉はMieさんの方が上ですよwink

年功積んだ森さんの案内は安心してお任せ出来
素晴らしいたびになりましたね。
 
値切って買う未だ体験したことありませんが面白そう!
一度やってみたいけど関東で平凡に暮らしていると機会ないですね。

亀ちゃん

お陰様で、忘れられない旅になりました。
森さんと一緒なら、またパキスタンに行きたいと思ってます。

値切るの面白いですよ^^
日本では特に関東では値切るの難しいですね
でも、家電屋さんでは値切りますよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山旅 | トップページ | 「パキスタン「チョゴルンマ氷河」への旅 その5 »

のんびり写真館

  • のんびり写真館
    写真だけのブログ始めました。 山や街で撮ったお気に入りの写真を大きいサイズでご覧いただけます。

マイホームページ

  • のんびり~な
    2001年頃から作っている愛犬・愛猫の記録HP、ブログ中心の為ただ今更新はしていませんが可愛いワンコとニャンコを見てやってください。
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

楽天